« 平成22年度路線価 | トップページ | 消費税10%!? »

2010年6月17日 (木)

貸金業法 全面施行

 こんにちわでござんす。着々と、不動産ドットコムの建物ブランド『ファミリア』の立ち上げに向けて邁進しておりますよ。

 標準仕様から、キッチン、おふろ等々、展示場をまわって、ちょっとした主婦気分を楽しんでおります。

 完全に出来上がるまでには、もう少し時間が掛かるでしょうけど、お楽しみに!

 明日、6月18日より、改正貸金業法が完全施行されます。

 これね~、意外と経済に与えるインパクトがでかいと思うんですよね。

 改正のポイントは、

①過剰貸付の抑制

  返済能力の調査が厳格化され、個人の貸付総額を年収の1/3以下に抑制する総量規制が導入されます

  また、収入がない専業主婦の方などの場合、貸付審査の際、配偶者の同意書と所得を証明する書類が必要になります。

②上限金利の引下げ(グレーゾーン金利の廃止)

  出資法の上限金利が29.2%から20%に引下げられます

 日本信用情報機構によりますと、消費者ローンの利用者は本年3月末時点で約1420万人!! 金融庁の発表では、そのうち、半数の約700万人が、年収の1/3超の借り入れがあるとみているそうです。

 まぁ~、パチンコ屋に消費者金融のATMが置いてある位ですからね~。とんでもない話っすよ。

 我々、仲介業者も、この件で泣かされることが多々あります。奥様が連帯保証や連帯債務になって、住宅ローンを申し込んでみたら、旦那に内緒の個審の結果が出てきたとか・・・。

 ご主人名義のカードで、キャッシングしてて、ご主人は全く気付いていなかったとか。または、逆のケースも・・・。

 しかし、約1420万人の利用者がいて、その半数が年収の1/3超えとか、消費動向に影響を与えそうですね。

 落ち着くまで、しばらくかかりそうな問題ですね。

 物件情報!苦楽園一番町にて、大型案件の受託開始です。期待されているので、しっかり計画をたてて販売しないとねです。

|

« 平成22年度路線価 | トップページ | 消費税10%!? »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平成22年度路線価 | トップページ | 消費税10%!? »