« 全世界で64番目の男 | トップページ | 政令指定都市と不動産 »

2010年6月25日 (金)

日米欧のスタンスの違い

 こんにちわでござんす。いや~、メッチャ寝不足ですよ。しかし、本当によく頑張りました!! サッカー日本!! 本田のフリーキックなんて、震えましたもんね。お陰で、全然寝れなくて、少々お疲れざんす。

 あと、全然関係ないんですけど、昨日から、今月登録の納車開始した、新型BMW 528iのデモカーが当社に来ております。のりぞーの先物時代からの後輩君がBMWの店長をしており、勝手にデモカーを置いていって、『気軽に乗っといてください。』って言って、気に入らせようという作戦なのでしょうが、もうね、モンスターエンジンですよ。ちょっと、湾岸を流してきたのですが、とんでもない馬力とスピードですね。あれに乗ったら、他の車に乗れなくなっちゃうほど、惚れちゃいました。というわけで、明日まで、デモカーが置いてありますので、試乗したい人は、勝手に来社してください。(山P-!乗りにおいで!)

 今日から、サミットが始まったのですが、今回のサミットは、かなり複雑で、今後の世界経済を占ううえで、非常に重要な話し合いとなることでしょうね。

 というのも、ヨーロッパ連合は、ここ最近のギリシャ問題や、スペイン問題を受けて、ドイツを中心に財政規律の立て直しを緊急課題と捉え、出口戦略に向かっております。 そりゃそうですよね。あれだけ、ユーロが叩かれたら、そういう気持ちにもなりますし、そうしなければ、通貨がもたない側面もあります。

 一方、オバマさんは、財政出動をまだまだして、景気回復の方向へ、全世界的に足並みを揃えるよう主張しています。

 正直、世界経済は、弱冠持ち直したとはいえ、それもこれも、金融緩和と財政出動のお陰ですし、それすら脆弱なわけですから、しっかり民間主導で持ち直すまでは、まだまだ財政出動を主張するものと思われます。

 ヨーロッパの意見と、アメリカの意見が真っ向からぶつかっているのです。

 で~、日本の菅さんはというと、『財政規律を立て直しながら、成長戦略を目指す』という、矛盾することをおっしゃっておられます。

 今回のサミットで、ヨーロッパの主張が通るのか、アメリカの主張が通るのかで、今後の見通しが大きく変わるでしょうね。

 もしも、財政規律の見直しで出口戦略がとられるようなことがあると、一気に、二番底をとりに来ることも想定され、予断を許せないところです。

 金融緩和で、お金がダブついてるから、なんとか持ってる日本の不動産市場も、世界のTOPの方針如何で、大きく変わると思いますので、今回のサミットは要注目して、今後の不動産市況を考えていきたいと思うのでした。

 物件情報!丸橋町にて、新築PJ開始です。想定販売価格は3000万円台中盤。興味のある人は、担当者まで。

|

« 全世界で64番目の男 | トップページ | 政令指定都市と不動産 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 全世界で64番目の男 | トップページ | 政令指定都市と不動産 »