« おいおい5700万円って!? | トップページ | ♪夢中で~ »

2010年7月31日 (土)

アメリカの住宅事情

 おはよーでござんす。本日は、不動産戦闘日の土曜日です。当社もカラー広告入れてのお出迎えですよ!!

http://www.fudosancom.jp/weekly.html

 リブレ甲子園網引町が完成内覧会ですね。それと、引き続き、エアーフォレスト苦楽園一番町です。あと、裏面は、なんこか新規物件が入っとります。

 日本の景気を左右するのは、主に、米国市場と中国市場です。日経平均なんて、ほとんどNYダウのミラー相場ですからね。

 ほんで、米国の景気を左右する大きな要素の一つに、やはり住宅市場が挙げられます。

 まぁ、グリーンスパーンのお陰で、不動産という資産が、嫌っていうほど、利用されましたからね。

 そのアメリカの住宅市況に若干の変化が表れ始めています。

 まず、6月の住宅着工件数ですが、アメリカ政府の住宅取得減税が4月末で終了したことを受けて、2カ月連続のマイナス。5月が前月比15%減だったので、6月は更にそれの5%減となっております。

 じぇんじぇん、新築住宅が売れないみたいですね。(笑

 業界全体では、売れ残り在庫件数を減少させるために、着工を抑制しているのが現実みたいっす。

 次に、フォークロージャー物件!!デフォルト・競売・差し押さえ物件ですね。相変わらずの16か月連続の30万戸超えと、高水準をキープしております。今後も、約200万戸が市場に放出されると予想されており、家を手放す人が大盛りってとこですね。

 ところが、ここにきて、フォークロージャー物件がドンドン売れていってるみたいなのです。そもそも、過去最低の住宅ローン金利と、ここ数年の住宅価格の暴落で、一般の人でも十分に購入できる金額まで下がってきているということと、新築住宅の供給減がきいてきているみたいなのです。

 つい最近、日本でも起きたことなのですが、不動産価格の大幅な下落と、住宅ローンの超低金利、新築供給の減少によって、賃貸比較をした場合の、新しい需要層が生まれ始めているということですね。

 ふむ~。日本でも、1・2年前までは、新築マンションの過剰在庫で、値下げ値下げの大合唱で、チラシ広告なんて見てても、

新築マンション

5800万円× →→→ 4800万円

**1000万円の値下げ!!

みたいな広告がたくさんありましたが、最近は、見かけなくなりましたもんね。

 ということで、アメリカの中古市場の方は、いったんの踊り場を迎えそうな感じですね。

 ただし、商業用不動産とCDS爆弾は、依然として未処理のままなので、いつそれが破裂するかで、どちらにせよお先真っ暗けっけなのでした。

 いつ、北斗の拳や、マッドマックスの時代になってもいいように、のりぞーは、ジョギングと筋トレに励むのでした。しかし、大分、かっちょいい体つきになってきましたよscissors

 物件情報!北夙校区で、限定1区画の新築戸建てが決定!価格は3000万円台後半予定です。ファミリアシリーズね!さぁ、プランニングしよっと。

|

« おいおい5700万円って!? | トップページ | ♪夢中で~ »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おいおい5700万円って!? | トップページ | ♪夢中で~ »