« そうだったのか!池上のりぞーの学べる不動産 | トップページ | バブル »

2010年10月21日 (木)

いつの日かきっと・・・。

 おはよーでござんす。月曜日は、不動産情報会という、西宮の業者さんの集まりがあり、火曜日は、野村不動産さんの、毎年恒例の謝恩祭と、ここ連日パーティーラッシュなのりぞーです。

 で~、パーティーだけでは、終わらないのが、こういった集まりでして、その後、『ちょっと、行きますか??』なんてことになるんですよね。 ちょっとで終わればいいのですが、それが日をまたぐものですから、最近、そのままソファーで寝ちゃってることも多いですね。

 でも、人の繋がりは夜に出来るわけですから、今日も頑張るぞっと!!

 現在、住宅ローンをしている人、または、これから住宅ローンを抱える人は、ある一つのリスクを常に考えておかないといけません。

 住宅ローンには、固定と変動のタイプがあり、または、両道をされている人もいることでしょう。

 空前の低金利で、非常に借りやすく、全期間優遇金利のことを考えれば、のりぞーは、変動有利の考え方なのですが、その変動をチョイスしている人たちは、『いつの日か、きっと、金利が急上昇する時が来ること』を念頭に入れておかなければなりません。

 とんでもない額の借金を抱えている日本において、国債が売れ続けているのは、どう考えても歪な状態なのです。

 それは、いつの日か、きっと、破裂する時がきます。その時は、国際金融資本の日本国債の大量の空売り仕掛けと、邦銀の含み損処理のための売却により、一瞬で暴落=金利高騰の現象が発生することでしょうね。

 ただ、しばらくは、デフレ圧力と円高があるので、まだ先のこととは思いますが・・・。

 次の、金利高騰時に、資産インフレ、給料UPとなればいいのでしょうが、資産インフレは起きたとしても、給料が金利高騰に合わせて、上昇するとは、どうしても思えません。

 だから、変動タイプを選択されているお客様は、月に一度でいいので、長期国債の金利の動きをマークしておいてください。

 長期金利の動きは、ヤフーやグーグルで『長期金利』と検索すれば、すぐに出てきますぉ。

 もしも、長期金利に変な動きが出てきたなら、その時は、すぐに借り換えで固定を選ぶタイミングです。

 では、本日も、物件探しに頑張りましょう!!

 物件情報!南越木岩町にて、超高額物件の受託をしましたよ。土地約169坪、延べ床414.17㎡、価格29800万円。 ふえ~wobbly

|

« そうだったのか!池上のりぞーの学べる不動産 | トップページ | バブル »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

(`ε´)pout金利が急上昇しても、当初借入の1.25倍以上は一気には上がらない事も付け加えとかないと、これから家を買おうとしているエンドさん達が不安になるでしょ

投稿: 営業マン2号 | 2010年10月21日 (木) 15時03分

いつも拝見させてもらってますhappy01
初めての書き込みです。
変動金利があまりにも低すぎますよね。これからは上がっていくのかなと危惧したり。長期国債金利マークしますpaper

投稿: 苦楽園の住民 | 2010年10月21日 (木) 17時24分

>営業マン2号さんへ

 そうですね。でも、そのキャップは、月々の支払いのキャップであり、総額の支払いは金利上昇により、金利が現状維持した時よりも増えるため、返済期間が延びるので、結局、一緒のことですよ。状況判断で、固定に変えるべきだと思います。

>苦楽園の住民さんへ

 今すぐというわけではないでしょうが、新聞に目を配り、たまにチェックすることは、大事だと思います。どこまでいっても、自己責任ですから。

投稿: のりぞー | 2010年10月21日 (木) 17時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そうだったのか!池上のりぞーの学べる不動産 | トップページ | バブル »