« 本当に大丈夫?仕入れ | トップページ | すごいカルチャー »

2010年10月26日 (火)

天下分け目の戦い

 おはよーでござんす。昨日は、すごくお世話になった銀行のお偉いさんと、これからお世話になるであろう銀行のお偉いさんとのお食事会でした。

 中華料理を食べたのですが、生ビール→紹興酒→焼酎→シャンパンのスペシャルコンボに、お腹の中が、グチャグチャですね。ついでに、フラフラっす。

 はぁぁぁぁあああ、今日も会合があるのですが、絶対に、いつか倒れるような気がします。

 面白いニュースが配信されてましたよ。香港の法定機関『平等機会委員会』が、初めて、男性に対する「逆差別」の実態調査に乗り出すそうです。

 香港でも、女性の収入が上回るケースが出てきているみたいで、女性の方が強いという現象が発生しているみたいです。

 おーーーい、男性諸君!!頑張らなあかんよーー!!

 さてと、昨日、ドル円相場が、史上最高値スレスレまで接近をしました。

 G20では、「通貨安競争はしない。」とか、「これ以上のドル安はのぞまない」と言っていたのですが、現実は、なんじゃそりゃです。

 今、市場では、11月2・3日のFOMCに注目が集まっています。

 ロイター通信とかでは、FRBの追加的な資産買い入れ規模について、当初は5000億ドル(約40兆円規模)から、その後、2500億ドル(約20兆円)ずつ拡大していくっていうようなレポートが出ていたり、本日のフィスコ配信のゴールドマンサックスのレポートでは、FOMCの量的緩和の第2弾の規模は、2兆ドル(約160兆円)になる公算が大きいと述べています。

 とんでもない、規模の緩和=ドルの垂れ流しですね。日銀の緩和なんて、霞んでしまいますよ。言ってることと、やってることが、全く逆になっております。

 目先は、材料出尽くしで、反対売買(決済)が行われる可能性もありますが、大きな流れは、ドル安ですね。

 これが、日本経済に悪影響を及ぼさないことを切に願うのと、これだけの大量のドル放出の結果が、確実にインフレに結びつくであろうことの先行きに、日本の不動産市場の動向に要注意ですね。

 じゃ、寝ます!!

|

« 本当に大丈夫?仕入れ | トップページ | すごいカルチャー »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本当に大丈夫?仕入れ | トップページ | すごいカルチャー »