« 情報戦 | トップページ | すいません »

2010年11月 1日 (月)

教育とお金

 こんにちわでござんす。明後日に、仲良しの不動産屋さん池ちゃんの結婚式があるので、紳士服のア@@へ礼服を買いに行ってきました。

 もちろん、礼服は持っていたのですが、ピークから16Kgのダイエットに成功してしまった体には、ダボダボですからね。

 で~、ピタッとスリムな礼服(49800円)を購入したのですが、その時、店員さんが、

『もう一着、スーツかコートを買うと、2着目は1万円になりますよ!』

なんてことを囁くので、じゃ~、コートでも見ようかなと、2階のコートコーナーに行ったのですが、そこでメチャかわいらしいコートを発見。

『んじゃ、これちょうだい!』

と値札を見ると、にゃんと6万円!!

 だから、同一値段の商品までが2着目1万円となるために、コートの方をメインにして、礼服を1万円ということにしてもらい、本来なら、支払いは、

 6万円+1万円=7万円

になるはずなのに、お会計をしたところ、60420円と言われ、ふ~んって思って、その金額を出したのですが、途中で店員さんが気づいて、

『あっ!!2着目の値段を足すのを忘れてました。全部で、7万なにがしかになります!』

 って言われました。別に、お金を払うのは、やぶさかではないのですが、いちいち、鞄からまた、財布を取り出すのが面倒くさかったので、ついつい、

『なんやねんannoy めんどくさいな!!』

って、言ったところ、慌てて、

『あっ!!もう、この値段で結構です。』

って言われちゃいました。crying

 おーい、そんなつもりで言ったんじゃないんやけど・・・。ひょっとして、おいら、やから?? やから満載?? 変なカーディガン着てるから?

『だって、お客さん、怖そうだから・・・。』

って、おーーーーーーい!! こんな童顔な41歳をつかまえて、何てことを!! どっからどう見ても、やさしいお兄さんですよ。

 まっ、1万円得したから、なんだか嬉しいのだ。コートも、心なしか暖かい。って、値段って、一体、なんなんでしょうね。 

 テヘッ!(≧∇≦)

 少し、古いデータなので、今は、もう少し下がっていると思うのですが、2006年のプレジデント5月号のデータによりますと、東京大学に入学している生徒の親の実家の49%が、年収950万円以上という数字が出ています。

 また、東大では、2008年度から、保護者の年収が400万円以下の学生の授業料を全額免除する制度を創設しています。

 教育の機会均等を保障するための制度なのですが、現実問題として、やはり、教育費を多くかける=保護者の年収が多いということと、教育レベルというのは、ある程度比例しているのは否めないでしょうね。

 もうひとつ、気になることが、現在、日本において、非正規労働者の数が1743万人。年収200万円以下のワーキングプアと呼ばれる人たちの数が1098万人にまで増えてきています。

 民主党も高校の無償化を打ち出したりしているのですが、もしも、教育レベルとお金に相関関係があるのなら、これって将来への大きな不安材料となりますね。

 本当の意味で、教育の機会均等を目指さないと、日本の将来はなさそうですね。

 物件情報!ネオライフ西宮。52.36㎡。フル改装して980万円です。

|

« 情報戦 | トップページ | すいません »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 情報戦 | トップページ | すいません »