« チェックリスト | トップページ | ファミリアのホームページ »

2010年12月 2日 (木)

韓国政府系ファンド

 こんにちわでござんす。いつも、12月は10日にもなれば、一気に暮れモードに入ってくるのですが、今年は、なかなか忙しく、ゆっくりモードに移行しそうな雰囲気が出てきませんね。

 どん底だった、リーマンショック以降、各国政府の強力な政策もあり、なんとか落ち着いた年越しを迎えれそうです。

 ここ2年ほど、年末年始に市場では恐怖が襲っていたので、そういった意味では久しぶりにゆったりした年末年始になりそうですね。

 不動産関連のニュースでは、韓国政府系ファンド韓国投資公社が、リスク分散の一環として、日本の不動産に強い関心を持っているというのが流れていました。

 一時に比べ、まだまだ優秀な利回りでまわる収益がゴロゴロしているところに、金余りですから、さもありなんってとこですね。

 日本の人口が減少しようとも、東京には人口が流入し続けることでしょうから、狙いとしては正解なんでしょうね。

 最近、ヨーロッパの問題もあり、長期金利に不安定な動きが散見されます。金利が動き出したら、一気に変化が訪れますので、要注意が必要ですね。

 これからも、マーケットを注視しながら、不動産の動きをチェックしていきますね。

 ではでは。

 

 

|

« チェックリスト | トップページ | ファミリアのホームページ »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チェックリスト | トップページ | ファミリアのホームページ »