« 雇用からみる女性の時代 | トップページ | 最悪!! »

2011年1月11日 (火)

女性の時代 昨日の続き

 こんにちわでござんす。年明けは、銀行さんの新年の挨拶が多くて、大変ですね。いつも思う事は、アポなしで来られるということです。なんでアポをきって来ないんやろ~?不思議ですね。

 昨日の続きなのですが、よりデータとして傾向が出ているサイトがあったので、掲載させて頂きますね。

 『ロンドンで怠惰な生活を送りながら日本を思ふ』というのりぞーの巡回サイトにあったのですが、(国税庁・千円単位・その年一年勤続した社員の平均給与のデータから)

O0568034710967581300

 このグラフの推移を見ますと、1998年以降の、男性の給与の下がり方が女性に比べて激しいのが見て取れると思います。

 色々と言われていることが、こうやって数字で見ると愕然とさせられますね。

 お父さんが大黒柱で、専業主婦といった時代は、完全に過去のものになり、男女の収入差が近づく、または、逆転されることによって、家族の在り方も変わりそうですね。(^O^)/

 嫁さんが残業で遅く帰ってきて、旦那が定時にあがって、ご飯の用意をしているなんて時代が当たり前になったりして!!

 男性諸君!!時間がないですよ! はやくモロッコにいって、○玉を取りにいかないと!!

|

« 雇用からみる女性の時代 | トップページ | 最悪!! »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雇用からみる女性の時代 | トップページ | 最悪!! »