« いたちごっこ | トップページ | ぬわー!!税務署 »

2011年1月18日 (火)

大卒就職内定率

 こんにちわでござんす。連日連夜の新年会の影響で、体が変調をきたし始めています。このままいけば、多分、ぽっくりいくんでしょうね。まぁ、それものりぞーらしいっちゃらしいんですけどね。苦しんで、ダラダラ生きながらえるのだけは、ごめんこうむりたい性分なんで。

 今春卒業見込みの大卒の就職内定率が、昨年の12月1日現在で、過去最低の68.8%となったようです。ちなみに、短大生の就職内定率は、45.3%とこちらも最低ですね。

 実に、大学生の3割と短大生の半数の人が、就職先が決まっていないという状況に驚愕を覚えます。

 まぁ、過去最低といっても、素直に過去と比べることができないのは、大学への進学率も影響があると思います。

 昔なら、高卒で就職という人が多かったと思うのですが、今は、全入時代って言われるくらい、大学進学率が上がっているので、そりゃ~、その分、就職内定率も下がりますよね。

 僕らの時代なら、いわゆるイイ大学にさえ入っていれば、就職先に困ることなんてなかったのですが、今は、在学中に何をしたのかが求められる時代なんでしょうね。

 特に、女性の内定率は深刻だと思われます。知り合いの子達も、最初っから諦めてる子も多いですからね。

 家事手伝いとか、自宅警備員なんて言葉が、流行るのもうなずけるような気がします。

 最初っから、就職が難しいのなら、思い切って、中小零細に入社し、独立を目指すのも、一つの方法なんじゃないかなって思いますよ。今の時代は、大手だからと言って安心なんてことはないですからね。

 こういったニュースが恐いのは、若い人たちの間で、諦めに似た漠然としたアンニュイな空気が世間を覆うことで、その空気が消費行動の撃沈に結びついているような気がして仕方がありません。

 やはり、政府が大幅な仕組みを変えてでも、(税や制度)雇用の促進を促すしか、日本が再浮上することは、ないんでしょうね。

 ではでは。

|

« いたちごっこ | トップページ | ぬわー!!税務署 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

投稿: 職務経歴書 | 2011年1月18日 (火) 16時33分

>職務経歴書さん

 いつもありがとうございます。

投稿: のりぞー | 2011年1月20日 (木) 13時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いたちごっこ | トップページ | ぬわー!!税務署 »