« まー君 | トップページ | 長期展望委員会 »

2011年2月11日 (金)

家って大変

 おはよーでござんす。昨日は、久しぶりに、のりぞーの不動産のお師匠様であられるアーバンのU部長、夙川の紅一点K嬢店長と牛タンを食べてきました。

 まだ、のりぞーが右も左もわからない、新人営業マンの時から、すごっく仲良くしてくれた人たちで、久しぶりに昔話に花が咲き、お酒もグイグイすすみましたよ。

 U部長との出会いは、暑い夏の日に、U部長が土地の現場待機をされていて、そこに新人ののりぞーが、アイスクリームを持って挨拶に行ったのが初めてなんですよね~。そっから、お互い、よー頑張ったなぁ~と・・・。あ~、楽しかった。 (ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

 昨日は、ファミリアの家を見直すということで、工務店さんと設計士さんと監督さんとで缶詰め状態で、仕様の打ち合わせをしていました。

 ぶっちゃけ、のりぞー、あんまり『家』のことには興味がないのですが、『お金』のことには、大変興味があります。

 ひとくくりに、坪単価なんぼ?みたいなことでは、『家』はできないということで、一からお勉強させられて、フラフラっす。

 んで、気付いたこと! 一体、原価ってなんぼやねん!!ってことですね。

 材料には、定価と仕切りというものがあり、例えば、この商品なら定価の30%で仕入れができますが、他のシリーズなら定価の47%です。なんてことが、何百種類もあって、それを一個一個ひもといていかないといけないわけです。

 んで、結局、安く仕切れる商品って、他にも大量に受注される=メーカーにとっては大量生産できる商品なわけで、だから、建売のお家って、似たり寄ったりになるんですね。

 そこに、少しでも独創的な商品をぶち込むと、すぐに金額がガーーーンって上がって、とてもじゃないが収支があってこなくなるのです。

 お客様に喜んでもらうために、キッチンはカッコいいの!洗面もカッコいいの!お風呂もカッコいいの!なんてやってると、すぐに100万から200万くらいUPしちゃいます。

 まぁ、それもこれも勉強やし、経験なんで仕方がないことなんでしょうが、お金を気にせずに、思いっきり自分の好きな商品で、一度、お家を作ってみたいものです。

 物件情報!ひのいけ町の土地が、リニューアルされますよ。色々あって、非常にコンパクトなサイズにリサイズされるので、多分、総額でピッタリくるんじゃないかなぁ~。興味のある人は、担当者まで。

|

« まー君 | トップページ | 長期展望委員会 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まー君 | トップページ | 長期展望委員会 »