« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月31日 (木)

やはりというべきか

 おはよーでござんす。原発の廃炉には、数十年がかりという話が出始めましたね。

 思い返せば、東大出のえらい学者さんが、『絶対に設計上、圧力容器も格納容器も破損することはございません。』と言っていたことが、はるか昔のように感じますよ。

 何があっても漏れるはずのない放射性物質が、はるか彼方のアメリカで検出されるわけですから、なんのこっちゃらです。

 ただ、文部科学省のモニタリングポストの数値を信じるとするのならば、あえて言わせていただくと、想像していたよりも放射性物質の拡散が少ないのが不幸中の幸いということですね。

 まぁ、数十年かかるわけですから、これ以上の拡散を防止して、一進一退でしょうが、なんとか冷却・廃棄の方向へ進んでくれたらと思います。

 ただし、経済の方は、そうはいきません。株式市場の方は、パニックから戻りつつありますが、実体経済の悪化は、これからでしょうね。

 ジリジリ進む、円安に、恐怖すら覚えます。

 まず、輸出品。これは、すでに行われている世界各国の、農産物や水産物の輸入規制だけではおさまらないでしょう。もしも、各種部品や、工業製品にも放射能検査や、規制をかけられたら、日本の輸出産業は壊滅的なダメージになるでしょうね。

 すでに、産地偽装が出始めているように、西日本以西の工場での製造ですというような証明書をつけ、国内で検査したのち、海外の検査を経て・・・なんて複雑な過程を踏まないと輸出できないなんてことにもなりかねません。

 そりゃ、逆の立場ならそうですよね。もしも、韓国で原発が爆発して、放射性物質が漏れ、それでも付近の生産地から、基準値内ですと言われても、購入したくないですからね。買う、買わないは、それぞれの自由ですから。

 また、関東圏の飲食は、かなりキツイみたいです。水の汚染に始まり、周りの産地の汚染もあり、売上減が相当ひどいみたいです。

 旅客も自粛の波にさらされて、大幅減だそうです。

 また、リーマンの時と同じく、派遣切りや内定取り消しなどなど、雇用の問題もあります。

 ただし、これらの問題は、今回のことで加速しただけで、ゆっくりと進行していたことに過ぎないと思います。すでに、若年層では発生していたことですからね。消費の減退等々。

 一部、報道や新聞などでは、自粛が経済を委縮させるので、関西地方は、元気に消費しろ等々言っていますが、ならば何かあった時に責任をとってくれるのかと言いたいですね。結局、守るのは自分自身なんですからね。

 最後の望みは、遷都にともなう新たな需要喚起でしょうね。一局集中の弊害は今回のことでよく分かったし、バックアップ機能を持つ、第二の首都づくりを真剣に検討して欲しいものです。

 

| | コメント (0)

2011年3月29日 (火)

迷ったら手仕舞え

 こんにちわでござんす。昨日は、宝塚の建売王様と、マンションデベの社長さんと、ポッターとでご飯を食べながら今後のお話をしておりました。

 まぁ、有意義なお話をしあって、いつもなら、そこから夜の街へ行くのでしょうが、誰もそんな気になれずに、早期ご帰宅・・・。ん~ん、のりぞーの自粛モード続行中でございます。いつまで続くのやら・・・。

 経営の心得は、スピードと決断だと思います。間違ったと思えば、すぐに撤退・撤収するべきですし、攻撃時には、一気にかつ重点的に資本投下すべきなんでしょうね。

 中小零細の良いところは、意思決定の速さであり、逆にいえば、中小零細でありながら、意思決定が遅いということは、致命傷でもあります。

 今、中小の不動産業者がしないといけないことは、身を軽くすること。負債を減らし、経費を減らし、限界まで縮こまることでしょう。

 相場の世界の格言にもあるのですが、

『迷ったら、手仕舞え!』

という言葉があります。

 原発の行方、計画停電による日本経済への影響、震災の影響をモロに受けた生産工場の復興、流通の復活、為替、資源の高騰などなど、読めない材料はテンコ盛りで、少なくとも仕掛けの時期ではないでしょう。

 しかし、物事には、必ず、天井があるように、大底もあります。

 今は、しっかり状況を判断し、誰もが総悲観になった時に、出動できるように、しっかり体力を温存するべき時なんでしょうね。

 さ~て、本日も早くお家に帰ろっと。(藁

| | コメント (0)

2011年3月28日 (月)

昭和40年代

 おはよーでござんす。1000万倍であろうが、10万倍であろうが、なんじゃそれってくらいのダダ漏れっぷりですね。

 もうね、最近、毎日のように原発関係で悪化するニュースを聞かされて、ホトホト精神的にまいりますね。

 ましてや、プルトニウムの検査を今までしてなかったなんて、ありえないですよね。MOX燃料が一番やばいのは、誰の目からみても明らかなのに。

 もうすぐ、春休みが終わると、一時退避していたお子さん達も、学校があるので、否応なしに関東へ戻っていかないといけないことでしょう。

 被災地では、自衛隊の人達は、厳重な防護服を着ているのに、住民達は、普通の服装です。後々、どえらいことになるんじゃないかと凄く心配ですね。

 結論から言うと、最悪のケース、東日本は人が住む地域でなくなる可能性があり、その場合、日本全体の経済は落ち込むことでしょう。

 仕事がない、収入もない、国の財政もパンクし、社会保障もない。人々の暮らしは、昭和40年代クラスになるのじゃないかと。

 それでもね、多分、今まで、贅沢しすぎだったんでしょうね。貧乏でも、精神的に豊かな暮らし。

 驕る平家は久しからず。多分、世界中で、どこの国よりも最先端を走って、日本がお手本になっていくような気がします。

 本当は、前向きなことを書きたいのですが、どう考えても、結論の行き先がそこになるので、宗教チックな精神的なことを書いてしまいましたが、多分、当ってるんやろうなぁ~。

 ではでは。

| | コメント (0)

2011年3月27日 (日)

電力のこと

 こんにちわでござんす。4月は、人事の季節ということで、大変お世話になった銀行の支店長さんとか、仲介業者の営業さんとか、たくさんの人たちが転勤されます。

 毎回思うのですが、最初は挨拶から始めて、少しぎこちない感じだったのが、付き合いが深まるにつれ、段々とお互いのことがよく分かるようになり、軽口をたたきあう仲になったころに、『ハイ!転勤!!』で、また、次の担当者と一から始めなきゃいけないのですから、本当、この短期間の転勤の繰り返しをなんとかして欲しいものですね。

 昔と違って、オンライン化とコンプライアンスが進み、癒着による不正行為も激減してるでしょうから、人脈と地の利のメリットの方が大きいと思うんですけどね・・・。

 今回の震災では、改めて、電力に限りがあるという当たり前のことに、初めて気がつきました。

 原子力発電所、水力発電所、火力発電所などがあることは、知っていたのですが、当たり前のように電気を使っていた、というよりも、電気があるのが当たり前ぐらいに思っていたので、計画停電みたいに、電力が不足する事態なんて頭にもなかったですよ。

 日本は有数の地震国家であり、今回のことで原子力発電への見直し気運は高まるものと考えた時に、家庭での電力発電が注目されるのでしょうね。

 また、凄い勢いで増え続けていたオール電化住宅も、再検討されることになるのではないでしょうか?

 各家庭での発電となると、太陽光発電が一番有名ですが、他にも探せば、小型風力発電とか、家庭用水力発電とか、LPガス家庭用発電とか色々あります。

 この辺りが、今後、注目を浴びそうですね。

 ちなみに、東京のシンボルタワービルである、六本木ヒルズは、ビル内に都市ガスを利用した独自のエネルギープラントを持っており、今回の電力不足において、東京電力に電源供給をしているそうです。

 恐るべし、六本木ヒルズ!!

 停電で、エレベーターの使えないタワービルなんて修行以外のなにものでもないですからね!

 ではでは。

| | コメント (2)

2011年3月26日 (土)

喉元すぎればなんとやら

 おはよーでござんす。震災のニュースも、原発のニュースも、民放で普通の番組が流れ出せば、喉元過ぎればなんとやら状態ですね。

 特に、関西圏の人達は、対岸の火事みたいなところがあるでしょうから、ドンドン薄れ去られていっている状態だと思います。

 今回の事で、一局集中の弊害が随分と言われていますが、はたしてどうなんでしょうね。

 多分、原発の問題は、一朝一夕で片付く問題ではないと思われます。仮に、石棺等の処理により、なんとか抑え込むことが出来たとしても、土壌汚染や水汚染等々、かなり長い影響を今後も及ぼすものと思われます。

 それでも、人間は喉元過ぎればなんとやらで、多分、超利便性の高い、東京を去ることは考えにくいのでしょうね。

 何百年に一度の災害よりも、利便性をとるのが普通の選択だと思います。

 行政の一部でも、関西に移転でもすれば、また話は変わってくると思いますが、やはり日本の中心の東京を動かすことは非常に困難なことなんでしょうね。

 ということで、多分、直接被害を受けた、東北以外の人々の暮らしは、平穏へ向かっていき、震災前と変わらない生活へ進んでいくように思われますが、目に見えない経済は、かなり悪質な腫瘍におかされたものと思われます。

 本日の日経新聞に、大手旅行代理店の売上減の記事が掲載されていましたが、大手でさえ、3割以上の減少。街の小さな代理店なら即死の状態だと思います。

 印刷業では、流通が壊れている上に、特色インクがないとのことです。

 倒産が増え、失業者が増えると、それだけ社会保障費も増大し、それは増税へと結びついていきます。

 増税は、消費の減退を促し、それが更なる企業収益を圧迫するというマイナスのスパイラルですね。

 23日開かれた参議院予算委員会公聴会では、年金の支給開始時期を70歳にするというような話も出てきております。

 本当にこれからは、自分のことは自分で守る時代が到来するのでしょうね。

 甘えた根性を叩きなおすうえでも、この苦難を乗り越えていかなければと思うのでした。

 ではでは。

 

| | コメント (0)

2011年3月25日 (金)

日本国債CDS

 おはよーでござんす。外資系企業の東京離れが鮮明になってきましたね。スウェーデンの衣料大手H&Mは、関東地区の9店を臨時休業し、大阪市内のホテルに本社機能を移しましたし、IKEAも、日本の本社機能を船橋店から神戸店へ移動、フォルクスワーゲンも、東京の事務機能を豊橋市の日本法人へ移設、BNPパリバは、拠点を香港とシンガポールに移したそうです。

 まぁ、逆の立場だったら当然の措置なのでしょうが、心配されることは、仮に原発がおさまったとして、はたして東京に戻ってくるのかということですね。それと、世界の製造業へ大量の部品を提供していた日本企業の製造・生産の見込みが覚束ないとなれば、世界の企業は、当然のように代替もしくは、日本以外での部品調達に走るわけで、そうなった場合、そのシェアを奪い返すことが今後できるのかという心配がありますね。

 CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)=定期的な金銭の支払と引き替えに、一定の国や企業(「参照組織」)の債務の一定の元本額(「仮想元本額」)に対する信用リスクのプロテクションを購入する(すなわち、信用リスクを移転する)取引である

 リーマンショックの時に、一躍有名になったCDS市場。簡単にいうと、債権の保険市場みたいなものですね。

 震災以降、日本国債のCDSレートが急上昇してきております。

 チャート確認↓

http://www.bloomberg.co.jp/apps/cbuilder?T=jp09_&ticker1=CJGB1U5%3AIND

 5年単位で見て頂いたらわかると思うのですが、ちょうど、リーマンショックの時と同じくらいのリスク状態になっていますね。

 財政懸念がずっと言われている中での、今回の震災による、さらなる財政悪化懸念と、原発リスクが日本国債のCDSレートをあげていることは、容易に想像がつきます。

 もちろん、震災復興へ、ありとあらゆる手段で手を尽くさないといけないのは理解できるのですが、復興債の発行やら、原発被害への国による保証、震災への復興支援金などなど、大量のお金を更に国債発行という借金をしてまでやっていかないといけないわけで、それは即ち、その後の増税や、貨幣価値の下落によるインフレなどなど、国民が全員で負担していかないといけないことになります。

 そうなると、消費はどうなるのか?現在の財政状況でさえ、消費税を20%にしないと財政規律が保たれないというレポート等がある中で、更なる今回のダメージは、消費税なら何%で財政均衡するのか?果たして、それで、消費活動が行われるのか?税収は?

 心配の種はつきませんね。

 急激に変化するであろう、近未来の日本において、今、何が出来るのか、頭全回転させていかないとですね。

 ではでは。

| | コメント (0)

2011年3月24日 (木)

生命の水

 おはよーでござんす。震災以降、一度も接待へ行っていないのりぞーです。気分的な問題もさることながら、今後の経済動向にマイナスのイメージしか持てないための対応といった方が正解ですね。あちこちの飲食店及び、飲み屋さんからHELPの電話がありますが、全て丁重にお断りしています。不要不急のビジネスは、大打撃でしょうね。景気の先行判断でもある、こういった商売が落ち込むということは、今後、ある程度覚悟しないといけないでしょうね。

 以前から、ブログで言っていた利根川水系の汚染が、やはり現実のものとなりましたね。東京都は23日、金町浄水場の水道水から乳児向けの飲用基準の約2倍にあたる放射性ヨウ素131を検出し、乳児に対する水道水の使用を控えるように呼びかけました。また、これを受けて、東京ではミネラルウオーターの購入をめぐって、パニック買いが殺到しているみたいです。

 しかし、この問題の政府の対応は、腹立たしい思いがありますね。どう考えても、水が汚染されるのは時間の問題であり、特に乳幼児は甲状腺への影響が大きいみたいで、原発事故が起きた時点で、妊婦及び乳幼児のいるご家庭への避難勧告もしくは、注意喚起をしておくべきだったと思います。

 日本人は、熱しやすく冷めやすいと言われていますが、原発の問題は、根本的な解決は一向にしておらず、慣れてしまっている現状が恐いのですが、放射能は依然漏れ続けています。

 グローバルホークというアメリカの無人偵察機が原発内部の写真を上空から撮影したのですが、その写真も一向に国民には公開されておりません。上空から撮影された中身に何か問題でもあるのでしょうか?

 生物連鎖による、放射性物質の蓄積は、5年、10年後に結果として出てきます。

 水道水の汚染が、今回限りである保証なんて、どこにもないですからね。

 この状態が続くと、関西圏の動きが急ピッチで始まりそうな気がします。

 頭と体をフル回転させて、この難局を乗り越えていかないとですね。

 ではでは。

| | コメント (0)

2011年3月22日 (火)

ぽぽぽぽーん

 こんにちわでござんす。凄く楽しいサイトを見つけましたよ。

 会社にいる人は、気をつけてくださいね!!(*大音量注意)

http://azflash.net/az/fla/popopopon.swf

 お好きなだけ、♪ポポポポーン♪してみてください。めちゃ、はまってしまう・・・。

 *追加 かなり繋がりにくくなっていますので、夜中にやってみてください。

 というわけで、本日は、一日中走り回っていたので、これぐらいで許してください。

 今から、フットサルへ行ってきます!! ではでは。

| | コメント (0)

2011年3月21日 (月)

次に来ること

 おはよーでござんす。次々に新しいことが判明し始めましたね。神奈川県の水道水からも放射性物質が検出されましたし、東京都では、都内で流通しているシュンギクからも規制値を上回る放射性物質が検出されました。また、栃木県ではホウレン草、福島県ではカキナから検出、茨城県ではホウレン草から規制値の約27倍にあたる放射性物質が検出されました。

 農作物、水ときたら、次に家畜への影響も考えておかないといけないのでしょうね。全て、『ただちに健康に影響はない』とのことですが、これから先、あらゆる口に入れるモノから放射性物質が検出された場合、本当に、関東の人たちは平気でいられるのでしょうか?一つ一つの商品自身は、ただちに影響がなかったとしても、人間は色々なモノを口に入れるわけですから、その総数はどうなるのか?その辺の疑問を早く解決しないことには、納得いかないと思いますよ。

 更に、東電の発表によると、通常、冬場で5000万キロワット、夏場で5500万~6000万キロワットの電力供給が必要で、電力不足を解消するには時間がかかる見通しと発表しております。その結果、夏には、東京都の千代田区、中央区、港区を除く20区でも本格的に計画停電を実施せざるをえないだろうと発表しております。

 冷暖房は、我慢できたとしても、暑い夏場に冷蔵庫が使えなくなれば、どういうことになるのでしょうか?

 全ては、これからのことなので、どういう動きになるのかは神のみぞ知るところであります。

 何度も、書いていますが、今、大阪を中心に賃貸マンションの需要が凄いことになっております。

 ほとんど、空きがなくなっていっている状況と言ってもいいでしょう。

 賃貸の空きがなくなると、次に来るのは何か?

 ここからは、予想ですが、中古マンションの需要が高まるのではないでしょうか?

 キャッシュで購入でき、駅に近い物件。更に言うと、海側は忌避する傾向。万が一のために、手当てをしておいて、必要がなくなれば、賃貸に貸し、収益として保持する。以上のような考え方になるのではないでしょうかね。

 同じことは、中古戸建てでも言えるのでしょうが、原則、関東の人達は、マンションの方が馴染みやすいでしょうね。

 ということで、我々不動産業者の動きも変化していくことになるのでしょうね。

 さぁ、本日も、頑張って様子見します!!

| | コメント (0)

2011年3月20日 (日)

現状

 おはよーでござんす。最近、工務店さんや、不動産屋さんと電話で話した時に、最後に話す言葉が、

『頑張って、様子見るしかないですね!』

って言葉になるのですが、頑張って様子見るってどうすることなんでしょうね。(笑 「頑張って」と「様子見る」って、ま逆の行為のように感じるのですが・・・。

 恐れていた事実が判明しましたね。昨日19時33分の共同通信の配信です。

 「文部科学省は19日、福島第1原発事故を受けて都道府県の水道水を検査した結果、栃木と群馬で放射性ヨウ素とセシウム、東京と埼玉、千葉、新潟で放射性ヨウ素を検出したと発表した。いずれも微量で国の安全基準を下回り、健康には影響しないレベルとしている。水1キログラム当たり検出量はヨウ素が栃木77ベクレル、群馬2・5ベクレル、埼玉0・62ベクレル、千葉0・79ベクレル、東京1・5ベクレル、新潟0・27ベクレル。セシウムは栃木1・6ベクレル、群馬0・22ベクレルとなっている。国の原子力安全委員会が定める摂取制限基準は、水1キログラム当たりヨウ素が300ベクレル、セシウムが200ベクレル。

 これで、東京、埼玉、千葉、新潟、福島の水道水から放射性物質が検出されたわけです。

 さらに、これは昨日の官房長官の記者会見で発表されていましたが、茨城産のホウレンソウと、福島産の原乳から厚生労働省が定めた暫定基準値を上回る放射能を検出したそうです。

 嫌な予感があたりましたね。両者とも、『ただちに健康に影響する値ではない』とコメントされていましたが、ただちに影響あったらどうすんねん!ってとこですよ。

 よくレントゲンと比較したコメントを聞きますが、体外被曝と体内被爆は大きく違いますよ。参考までに、(社)日本薬学会のホームページを貼っておきますね。

こちら↓

http://www.pharm.or.jp/dictionary/wiki.cgi?%E4%BD%93%E5%86%85%E8%A2%AB%E6%9B%9D

 蓄積された放射性物質がその後、甚大な影響を与えることは、チェルノブイリの件でよく知られている事実です。

 一刻も早い、原発の処理を望むばかりです。

 さて、3連休の初日を迎えた、阪神間の不動産市況なのですが、僕も、すごく注目していた初日です。

 ありとあらゆる大手仲介業者と有力地場業者に電話で確認したところ、

『ほとんど影響ないですよ!』

との回答を得られました。

 ん!?んんん!??? もしかして、読み間違いしたんかなぁ~? てっきり、自粛ムードが漂うものだと思っていたのですが、どうやら阪神間はいつもの光景だそうで、現在のところ、のりぞーの心配しすぎだったみたいです。ただし、あくまでも、現在のところね!

 それと、賃貸の方は、大阪圏の家具付き賃貸マンションや、ウイークリーマンション、駅近郊のホテルが、東京組からの依頼で、殺到しているようです。

 あと、関東圏の不動産市場が気になったので、埼玉県のM菱不動産販売のお友達に連絡して聞いたところ、ガソリン不足による車での案内は不可能みたいですが、普通に、お客さん達は、来店・買付け・契約としているみたいです。

 ふ~~~~~~~~~~ん。

 なんだか、このままいったら、慌てて準備したのりぞーがAFOみたいな結果になりそうですが、お願いですから、笑い話で終われるように、東電さんと、消防庁と、自衛隊さんと米軍さんには頑張ってほしいですね。

 さて、今日も一日、一生懸命、様子見するとしますか!!

 

| | コメント (0)

2011年3月19日 (土)

波及

 おはよーでござんす。♪こんにちわ ぽぽぽぽーん♪って、耳から離れないですよ。しかし、民放は、ここ一週間以上も、CMが入らないわけですから、すごい利益減なんでしょうね。

 G7が協調介入して、円安に振れていますが、独り言をいいますね。ここ数カ月と東京株式市場において、買いまくっていたのが外資系の人たちですね。そこに、大地震があり、株価が暴落したわけです。当然、外資系の人たちは、レバレッジをきかせまくっていたので、追証が発生するのですが、そんな大量な円なんて持っていないわけで、あわてて円を調達する必要があるわけですね。それが76円台に突っ込んだ理由の一つなんでしょうね。

 ところが、大暴落のあった翌日から、外資系は更に買い増し。ナンピンっていうやつですね。普通、ナンピン素寒貧って言われるのですが、大丈夫なんでしょうか。

 実際問題、日本経済が地震で受けた被害は、二次被害も含めて、これからドンドン判明することでしょうし、間違いなくGDPは減ることでしょう。当然、各企業の収益も悪化するものと思われ、東証株価自身に更なる上昇を見込むのは非常に難しいと。

 株価が上がらなくても、ドルベースで回収する方法とは?協調介入したものの、1ドル=80円台で推移してる理由は?本気で、日本以外のG7は介入する気があるんでしょうかね。株価が上昇しなくても、円高に持ち込めば、ドルベースでの回収は容易です。まぁ、どちみち工場がとまって輸出がままならないんであれば、円高の方が、ありがたいと思うんですけどね。

 本題!すごい知りたかったことが、本日の読売新聞に掲載されていました。大阪商工会議所が18日に大阪府内の企業に東日本巨大地震の影響を緊急調査した結果が出ました。

 被害や影響があると答えた企業は、全体の68%で、地震の影響が大阪まで広く及んでいるいることがわかりました。

・ 物流面での支障

・ 関東のシステムセンターがダウンしシステムが使えない

・ レストランの食材が調達できない

・ 宴会や歓送迎会が激減

・ 旅行のキャンセル

 などなどです。やはり、関西圏への影響が出だしましたね。 経済は、全て連携しております。日本の工場が動かないと、多くの部品を日本から調達している世界の企業も操業がとまります。

 この波及がどこまでいくのか、要注目ですね。

 ではでは。

| | コメント (0)

2011年3月18日 (金)

3つのシナリオ

 こんにちわでござんす。日本中が大変なことになっているのにも関わらず、日常の業務ってものは無情にも押し寄せてくるんですよね。

 そらね、僕らは正直言って、もうどうでもいいと思います。だって、40歳を超えていますし、今さら、放射能を浴びたとしても、それが自然死か放射能が原因かはわからないレベルでしょうからね。でも、これからの子供達は違いますからね。その為にも、出来る限りのことを残していってあげないといけないのでしょうね。

 というわけで、今、僕の頭の中には、3つのシナリオがあります。それに合わせて、今後の対応を決めようかなと。あくまでも、僕の考えなので、参考ぐらいにしてくださいね。

パターン① 最悪のシナリオ

 既にもしくは、これからメルトダウン→チャイナシンドローム、放射能汚染となった場合。

 この可能性は、あらゆる教授さん達が、可能性が低いとおっしゃっています。詳しくは、広瀬隆さんの解説を見ればわかると思いますが、

http://www.youtube.com/watch?v=MiYz6dxfw7E

 ↑ユーチューブね。

 仮に、そうなった場合でも、関西にいる限りは、そんなに影響はないかと。今回の件で、議員さんや、経産省のお偉いさんに電話で聞いたり、調べまくったのですが、基本的には、放射性物質は空気よりも重く、遠くなればなるほど放射能は薄くなります。恐いのは、爆発と同時に上空高くに吹きあがり、それが風に乗って海沿いを走った場合ですね。それでも、700Kmあれば、影響はないのではないでしょうか。

 ただし、関東は、甚大な被害を受ける可能性があり、特に、日本一大きな川である利根川は、あちこちの水源から合流しており、飲用水としても農業用水としても、工業用水としても利用されており、いわゆる東京を中心とした関東経済圏の命の水が汚染されると、一体、どうなるのかなという心配がありますね。確かに、福島→東京は250kmですが、利根川は群馬、新潟、千葉と横断しておりますからね。

 まぁ、このパターン①の場合は、もうどうしようもないので、考えないでおきます。

 次に、パターン② なんとか、冷却が出来、もしくは、強制的に閉じ込める作業や、海側に向かって、局地的な方法で突き落とした場合。

 可能性が高いのは、このパターンだと思います。経営者なので、経済で考えます。

 今、東京では、計画停電が行われております。僕の大学時代の友達が三井生命に勤めているのですが、今日と明日は、自宅待機だそうです。また、出社をしていても、自分の所が停電していたり、相手先が停電していたりで、とてもじゃないが仕事なんて出来ないそうです。

 電力が足りないということが、本当であるのならば、関東圏の経済は止まるでしょうね。

 実は、関西圏にも言えることですが、ほとんどの中小零細企業は、自粛ムードや、実際に動けない(ガソリンがなかったり、電力がなかったりすること)状況の中、売り上げがたつ見込みがあるのかどうか?ということです。

 買占めによる小売業なんかは、繁盛しているのかもしれませんが、例えば、旅行代理店であるとか、ホテルなどは、関係のない関西の地域でも、キャンセルラッシュが続いていると聞き及びます。流通にしても、製造にしても、資材が動かないことには、始まらないですからね。

 となると、ほとんどの中小零細企業が、もしも売り上げがたつ見込みがなければ、2か月くらいで、資金繰りがショートするのではないでしょうか?

 それと、今回の日経平均の大暴落による、金融機関の自己資本の毀損も気になるところです。前回のリーマンショックの時と同じく、3月末の本決算によっては、またまた貸し渋り・貸しはがしのオンパレードになるような気がしますね。

 被災地の復興支援が一番大事なのですが、経済の大動脈が絶たれたら、復興するお金すらどこから出すの?という状況になりかねません。

 日銀が資金供給を連日のようにしておりますが、時限立法で強制的にでも、中小零細にお金をまわす法律を作らないと、日銀から出たお金は全部、金融機関でとまるなんて馬鹿げた現象が発生すると思いますよ。

 日銀→銀行→国債購入→国 これでは、間違いなく中小零細は死んじゃいます。前回のリーマンショックの時は、上場企業でさえ、資金確保するのに四苦八苦でしたからね。

 賢明な判断を望むところです。

 最後にパターン③の場合です。

 超楽観的に考えた場合、全て原発問題が片付いて、汚染も局地的な問題で終わった場合ですね。

 今回のことで、原子力発電はもう難しいという機運になったと思います。その場合、関東圏では安定的な電力の供給が難しいとなれば、名古屋、大阪が中心になると考えられ、関東圏の3000万人が関西に移住してくるとなれば、関西圏はバブルが発生する可能性がありますね。

 もちろん、東海にも関西にも原発はあるのですが、今回のことを受けて、相当点検に力が入るものと思われ、そういった意味では、今までよりは、安心という感じになるのでしょう。

 もしも、大阪が首都圏となると、俄然、西宮市・芦屋市は、超ベッドタウンとなることでしょう。もちろん、すぐにということはないのでしょうが、既に、今まで、ガラガラだった大阪のオフィスに問い合わせが殺到しているとも聞き及びます。

 だいたい、こんな感じで考えているのですが、パターン①はおいといたとして、パターン②、③の場合、なんとか会社と社員さんの家族を生き残らせていかないといけません。

 そのために、出来ること!例えば、役員報酬を筆頭に大幅な販売管理費等の経費削減を実施する(僕は、既に1/3を削減しましたよ!ちなみに、社員さんの給料はいじってないのであしからず!)とか、業態を大幅に変更するとか、会社の資産保全をするとか、効率のよい仕事の段取りをする(陣頭指揮に戻りました)とか、やることはたくさんあると思います。

 とにかくにも、絶対に生き残るために、頭フル回転の体フル回転で、頑張っていかにゃならんですね。一番あかんのが、立ち止まってオロオロすることですよ。

 さぁ~、頑張りましょう!!

| | コメント (0)

2011年3月17日 (木)

さーてと

 おはよーでござんす。昔のことわざに『備えあれば憂いなし』という言葉があるのですが、まさに、今がその時なんでしょうね。

 備えた結果、何もなければそれで良しですし、備えた結果、何かがあれば緩衝されるし、一番ダメなのが、何かあった時にパニックになることでしょうね。

 事実だけを冷静に捉えて、頭を使って考えれば、やることなんて一杯ありますよ。

 色々書き込みたいですけど、やめときます。

 では、頑張りましょう!!

| | コメント (2)

2011年3月15日 (火)

阪神大震災と根本的に違うこと

 おはよーでござんす。毎日のように、原発に関する不安なニュースが流れています。いたずらに不安を煽っても仕方がないことで、今、考えることは、前向きになることなのですが、その前に、しっかり状況を分析し、最悪のリスクに備えることも非常に大事だと思います。

 阪神大震災の時は、発生日から日経平均は5日連続で下落し、終値ベースでの下落率は合計で約8%。為替が1ドル=79円75銭をつけたのも、阪神大震災より約3カ月後の4月19日。その後株価は、7月に二番底をつけ、復興需要を見込んだ上昇が始まりました。

 しかし、阪神大震災の時と、今回では、根本的に違うことがあります。それは、まず、国内におけるGDPの偏りです。

 2007年度の統計によりますと、東京都のGDPが約92兆3000億円、神奈川県のGDPが31兆9600億円、埼玉県のGDPが21兆1000億円、方や、大阪府のGDPは38兆9200億円、兵庫県で約20兆円と、影響を受ける可能性のあるGDPの規模が比較にならないほど、今回の方が大きいこと。

 それと、阪神大震災の時は、関西電力の発電所への被害は少なく、電力供給の不安そのもがなかったという点です。

 その点、今回は、電力供給そのものが間に合っておらず、経済活動に与える影響は相当のものと思われます。また、繰り返し、政府が発表している原発への『大丈夫です。大丈夫です。』という発言ですが、今朝の、第2号機の格納容器の損傷でわかったように、言ってることが全部くつがえているという事実ですね。

 福島から東京までの直線距離は約200km。これだけ離れていれば大丈夫であるのなら、なぜ、トモダチの米空母が160Km沖合から非難するのか?

 そして何よりも、未だ原発の処理のめどがたっていないということを総合的に判断した場合、一時的に、日本経済へ与えるダメージは相当になり、復興にも時間がかかるものと思われます。

 関西にいたら、いまいち、ピンとこないですが、首都圏がある意味、日本の全てという状況に恐怖を覚えざるを得ません。

 もうちょっと、状況をみないとですね。

 ではでは。

 

| | コメント (0)

2011年3月14日 (月)

建築資材の不足

 今、工務店より、復興への資材提供で、関西の建築資材が大幅に不足する可能性がり、工程等々が大幅に遅れたり、建築不能になる恐れがあるとの連絡がありました。

 建築を考えている人は、ご考慮を。

| | コメント (2)

未曾有の事態

 おはよーでござんす。東日本大地震の影響が凄いことになっていますね。

 現在、日経平均は、9725円と前日比528円安。為替は、一時、1ドル=80円60銭まで円高が進みましたが、今は、日銀の緊急資金供給と、介入示唆により、81円80銭まで戻しています。

 不動産関連株は、三井不動産(-8.44%) 三菱地所(-6.79%) 住友不動産(-7.73%) 野村不動産(-7.68%)と軒並み暴落しております。

 金融関連株も、MUFG(-6.26%) SMBC(-5.85%) みずほFG(-8.02%)と、こちらも軒並み暴落しております。

 懸念すべきことは、福島原発をはじめとする、原発の二次被害で、首都圏に影響が出るようですと、もう取り返しがつかないことになりそうですね。

 すでに、米国大使館は東京から避難しておりますし、フランスも大使館が首都圏のフランス人に関東から離れるように勧告を出しています。

 皇居に動きがあれば、ある程度考えないといけないでしょうね。

 日本の復興に対する期待感はありますが、冷静に判断して、この状況を乗り越えないといけないでしょうね。

 あまりにも、首都圏にあらゆる機能が集中していたため、名古屋・大阪では、支えきれないと考えており、すべては、原発次第と思われます。

 しっかり、情報収集して、今後の対策を練っていかないといけないですね。

| | コメント (0)

2011年3月12日 (土)

大震災

 おはよーございます。昨日、おきた東北・三陸沖を震源とする国内観測史上最大の地震の被害は、すごいことになっています。

 災害にあわれた方、お亡くなりになられた方には、お悔やみ申し上げます。

 また、世界各国の早急なる救援姿勢、特に同盟国のアメリカの対応の速さは感謝ですね。

 こういった、大規模な災害が起こるたびに、不動産・建築業に携わるものとして、胸が痛くなりますね。

 島国である以上、地震や津波、火山の噴火など、あらゆる災害は覚悟しないといけないのでしょうが、阪神大震災からの脅威の復活を経験している我々としては、今回も、日本の底力で早期に復活することを強く確信しています。

 備えあれば憂いなしの言葉通り、いざという時の準備を怠らないようにしないといけないですね。

 西宮市における各種災害の予想図を貼り付けておきます。

西宮市ハザードマップ↓

http://www.nishi.or.jp/homepage/boutai/08map/map.html

 被害にあわれた方は、頑張ってほしいものです。

| | コメント (0)

2011年3月11日 (金)

地価LOOKレポート

 おはよーでござんす。昨日、少し時間ができたので、映画『英国王のスピーチ』を見てきましたよ。

 結論から言うと、人間ドラマとしては面白かったのですが、もう少しフィクションを入れてでも、盛り上がりをつくれば、涙満載の映画だったのにもったいないなぁ~って感じですね。まっ、まだマシかなってとこですね。

 国土交通省土地・水資源局地価調査課より、『地価LOOKレポート』なるものが発表されております。

 平成22年10月1日から平成23年1月1日までの、地価動向のレポートなのですが、それによりますと、全150地区のうち、80地区が下落となる一方、70地区が上昇・横ばいとなり、下落の鈍化傾向を示したようです。

 特に、住宅地の地価下落基調からの転換傾向がより鮮明となったそうです。

 ただし、このレポートにも書かれているのですが、上昇地区のうち、東京・大阪・名古屋の三大都市圏の上昇が大幅に増えたのにたいし、地方圏の上昇地区はわずか1地区と、地価の二極化がまたまた、数字として表れた結果となっております。

http://tochi.mlit.go.jp/01_05.html

↑地価LOOKレポート

 以前から書き込んでいますが、少子高齢化・人口減少を迎える日本において、つくづく資産防衛の意味で、都市圏で不動産を購入することが大事だと思うのでした。

 物件情報!阪急苦楽園口徒歩圏、大社小校区にて多区画PJが始動します。興味のある人は、担当者まで。

| | コメント (0)

2011年3月10日 (木)

新人研修

 おはよーでござんす。もうすぐ統一地方選挙ということで、のりぞーも、友達の先生の応援に力が入ってきております。決起集会にも、社員全員参加の強制ノルマをかけて、選挙にも動員がんばろっと。なんせ通ってもらわないと、ただの人になっちゃいますからね。(笑

 4月から入社する新人と、売買を覚えたいという五大の営業さんの二人を相手に研修をしている毎日です。

 改めて、電通の鬼十則やら、会社理念の読み合わせ、解説等々をしていますと、忘れていた熱い気持ちが蘇りますね。

 我々の仕事は、今を生きるだけではなく、後輩の指導・育成することも、大事な仕事の一部なんだと改めて気が引き締まる思いですね。

 彼らが、のりぞーの教えを身につけて、実践し、達成感を得、感謝して、また、自分の後輩へ伝えていくことが出来る日が来ることを楽しみにしています。

 さ~て、今日も研修がんばろっと。

 物件情報!上ヶ原小、甲陵中校区。新築分譲3880万円の建築確認申請がおりましたよ。この校区で整形地なので、お安いかと。興味のある人は、担当者まで。

| | コメント (0)

2011年3月 6日 (日)

山の開発

 こんにちわでござんす。いや~、昨日は、久しぶりにテキーラの一気飲みをやらされて、記憶がぶっ飛んでしまいました。やはり、あのお酒は、悪魔のお酒ですね。今日も、まだフラフラしてますから。

 毎度のことなのですが、またまた甲陽線にて面白い現象が始まってきています。

 色々な理由があり、駅周辺の地価が上昇してきますと、どうしても予算内で家を購入することが難しくなり、そうなりますと、だんだんと駅から遠いところも購入の対象となってきます。

 阪急甲陽線の市場も同じような現象をたどるのですが、ただし、甲陽線の場合、背後に山を背負っているため、山の土地の開発が始まります。

 今回も、リーマンショックでとん挫した開発現場や、放置されていた山林、大きい施設の跡地などなど、続々と山の開発の話が舞い込んできています。

 まぁ~、一番町あたりなら、そう坂もきつくないので、販売に苦労することもないでしょうが、坂の上の土地が、そうそう簡単に販売できるのか、すごく懐疑的なのですが、まぁ、お手並み拝見ですね。

 やっぱり、山が動き出すということは、下の土地が相当上がってきているという証拠なんでしょうね。

 物件情報!甲子園春風町の新築が完成しましたよ。価格は4380万円。興味のある人は、担当者まで。

| | コメント (0)

2011年3月 5日 (土)

ガソリン価格

 こんにちわでござんす。いや~、暖かくなってきましたね。こんな気候がずっと続けばいいんですけどね。今日あたりは、絶好のレジャー日和なんじゃないですかね。

 昨日、2月の米雇用統計が発表され、非農業部門の雇用者数が前月比で19万2000人と大幅増となりました。失業率も、8.9%に改善され、ここ最近のアメリカの景気回復を裏付けるあらゆる指標が、いよいよ労働市場にも波及し始めました。

 日本の金利も上昇しているとはいえ、アメリカほどの上昇力がありませんので、通常なら、日米の金利差から、相当円安にぶれないとおかしいのですが、(円キャリーですね。低金利の円でお金を調達して、高金利のアメリカで運用する取引) アメリカの金融緩和(QE2)の影響からか、ドル円相場は、1ドル=82円前後を行ったり来たりしております。

 しかし、QE2も、もうすぐ終わり、インフレ懸念が出てきたアメリカでは、金利上昇圧力が相当かかることでしょうから、おのずと円安に動くのではないでしょうか。

 チャートを見ていても、三尊天井をつけている形になっており、多分、1ドル=90円くらいは、楽々クリアーかなと考えております。

 以前から言っていますが、円高のお陰で、世界的なインフレを感じずに済んでいる日本ですが、さくさくっと円安が進めば、そうはいきません。

 現在、ガソリンの店頭価格を見ていますと、レギュラーでも1リットル=140円をオーバーしてきています。

 原油相場が、1バレル=104ドルになってきてますからね。では、原油相場がそのままと仮定して、ドル円相場が、本来の金利差に基づいた円安まで行くと仮定した場合、例えば、1ドル=90円まで円安がくると仮定すれば、ガソリンのレギュラー価格が1リットル=153円相当になってきます。

 一回の給油で、40リットル入れるとして、140円/㍑なら総額5600円。それが、153円/㍑になると総額6120円になります。

 そうなると、前回のガソリン高騰の時と同じ、車に乗らない人も増えるでしょうね。

 まぁ、もっとも、中東はこれから暑くなる季節が来るので、デモの方も、もうすぐ終わるでしょうから、(暑くてやってらんないですから)原油価格も落ち着くことでしょうが、このように、世界的なインフレが生活に与える影響って、意外とでかいんですよ。

 野菜が50円あがっても、主婦は買い控えするのですからね。

 というわけで、本格的なインフレヘッジの検討が急務ですよ。

 不動産なんて、いかがですか?(笑

| | コメント (0)

2011年3月 4日 (金)

スタグフレーション

 こんにちわでござんす。とうとう仙台の予備校生が逮捕されましたね。しかし、カンニングで逮捕の速報をテロップで流すのはどうかと・・・。カンニング如きという言葉は正解じゃないんでしょうが、テロップを流すほどの大事件なのかと疑問を感じずにはいれませんね。

 ガソリンの価格が凄いことになってきました。中東の緊迫を受けて、原油価格が1バレル=100ドルオーバーしているわけですから、さもありなんなのですが、この先、スタグフレーションの懸念が出てきております。

 スタグフレーション=【stagnation(停滞)、inflation(インフレーション)の合成語で、経済活動の停滞(不況)と物価の持続的な上昇が共存する状態を指す】

 金の価格も、過去最高を更新、穀物の価格は絶賛上昇中、原油が100ドルオーバーの反面、株式投資や貴金属投資等をしてインフレヘッジしていない、一般庶民にとれば、これら物価の上昇は、イコール保有現金の目減りに即繋がります。

 世界各地の暴動やデモは、こうした物価高が背景にあり、それもこれも、大元をたどれば、サブプライムショックの対策のために、アメリカや中国がでたらめなほど、通貨供給量を増やした結果でしょうね。

 円高の恩恵で、日本人は、そんなにインフレを意識しないで済んでますが、確実に食料品やガソリン等の消費材は値上がりしており、いずれ家計に深刻な影響を与えるでしょうね。

 面白いのは、不動産市場の方も、株式市場や物価高に合わせるように連れ高となっており、また、一部情報では、一度は撤収していたノンバンク系が不動産融資を積極的に融資する姿勢へ変更してきており、4年前のプチバブルの再来の予感をさせています。

 お祭りワッショイがきそうですね。

 物件情報!東灘区深江浜。深江67番館。62.56㎡、価格は、800万前後?リフォーム渡しです。興味のある人は、担当者まで。

| | コメント (0)

2011年3月 3日 (木)

できる?できない?

 こんにちわでござんす。お隣の国、韓国では、6銀行が営業停止になったみたいで・・・。不動産バブルの崩壊だそうです。これら貯蓄銀行は、預ったお金を不動産融資へまわしていたみたいで、サブプライムの爪跡が、今頃きたみたいですね。取り付け騒ぎにもなってるそうです。まぁ、影響は限定的なんでしょうが、ここ最近、韓国経済の絶好調さしか、マスコミを通して伝わってきてなかったので、なんじゃらほいってとこですね。

 4月1日から、当社へ入社することが決まっている、K社員。女子大の4回生で、当社にとっても初めての新卒採用です。

 ただ、本人にしてみたら、少々不安のようで、俗に言う、マリッジブルーみたいなもんですかね。(笑

 K社員:『社長!あの~、わたし~、本当に仕事出来るんでしょうか?』

 のりぞー:『はぁ?なんで今更?』

 K社員:『いや、入社が近づくにつれ、ドンドン不安になって・・・。』

 のりぞー:『あのな!出来る、出来ないなんかで悩んでても、時間のロスやで!出来る、出来ないじゃなくて、ただ単に、『やる』為にどうすればいいのかを考えろ!』

 とアドバイスをしておきました。

 確かに、人間は、将来に対する不安に、あれこれ悩む生き物です。でも、『出来ない』ことを考えた時、必ずといっていいほど、『言い訳』を用意します。もしくは、逃げ道を用意します。

 曰く、『@@だから、やっぱり出来ないんだ…。』

 ですね。でも、出来ない言い訳をいくら考えたって、時間の無駄なだけですし、出来る・出来ないなんて愚問ですね。

 そんな時間があれば、『やる』為にどうすればいいのかを、一生懸命考え、即行動すればいいだけです。でないと、物事なんて一向に好転しませんよ。

 というわけで、初々しいK社員を見ながら、のりぞーも、頑張らにゃ~と気合を入れなおすのでした。

 物件情報!もうすぐ、甲子園7番町で新築PJがスタートしますよ。早耳は、担当者までよろしく。ではでは。

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »