« 喉元すぎればなんとやら | トップページ | 昭和40年代 »

2011年3月27日 (日)

電力のこと

 こんにちわでござんす。4月は、人事の季節ということで、大変お世話になった銀行の支店長さんとか、仲介業者の営業さんとか、たくさんの人たちが転勤されます。

 毎回思うのですが、最初は挨拶から始めて、少しぎこちない感じだったのが、付き合いが深まるにつれ、段々とお互いのことがよく分かるようになり、軽口をたたきあう仲になったころに、『ハイ!転勤!!』で、また、次の担当者と一から始めなきゃいけないのですから、本当、この短期間の転勤の繰り返しをなんとかして欲しいものですね。

 昔と違って、オンライン化とコンプライアンスが進み、癒着による不正行為も激減してるでしょうから、人脈と地の利のメリットの方が大きいと思うんですけどね・・・。

 今回の震災では、改めて、電力に限りがあるという当たり前のことに、初めて気がつきました。

 原子力発電所、水力発電所、火力発電所などがあることは、知っていたのですが、当たり前のように電気を使っていた、というよりも、電気があるのが当たり前ぐらいに思っていたので、計画停電みたいに、電力が不足する事態なんて頭にもなかったですよ。

 日本は有数の地震国家であり、今回のことで原子力発電への見直し気運は高まるものと考えた時に、家庭での電力発電が注目されるのでしょうね。

 また、凄い勢いで増え続けていたオール電化住宅も、再検討されることになるのではないでしょうか?

 各家庭での発電となると、太陽光発電が一番有名ですが、他にも探せば、小型風力発電とか、家庭用水力発電とか、LPガス家庭用発電とか色々あります。

 この辺りが、今後、注目を浴びそうですね。

 ちなみに、東京のシンボルタワービルである、六本木ヒルズは、ビル内に都市ガスを利用した独自のエネルギープラントを持っており、今回の電力不足において、東京電力に電源供給をしているそうです。

 恐るべし、六本木ヒルズ!!

 停電で、エレベーターの使えないタワービルなんて修行以外のなにものでもないですからね!

 ではでは。

|

« 喉元すぎればなんとやら | トップページ | 昭和40年代 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

梅田スカイビルも地下に自家電力発電装置がありますよ〜
停電でエレベーターは停まりませんが、地震はいくら自家発電があっても停まります…揺れてますから危ないです…

投稿: ワーキングマザー | 2011年3月28日 (月) 18時12分

>ワーキングマザー様へ

 今回のことは、リーマンショックどころではないのではないかと考えています。

 結果、余計な心配だったと思える時が来るといいのですが・・・。

投稿: のりぞー | 2011年3月28日 (月) 18時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 喉元すぎればなんとやら | トップページ | 昭和40年代 »