« 日本国債CDS | トップページ | 電力のこと »

2011年3月26日 (土)

喉元すぎればなんとやら

 おはよーでござんす。震災のニュースも、原発のニュースも、民放で普通の番組が流れ出せば、喉元過ぎればなんとやら状態ですね。

 特に、関西圏の人達は、対岸の火事みたいなところがあるでしょうから、ドンドン薄れ去られていっている状態だと思います。

 今回の事で、一局集中の弊害が随分と言われていますが、はたしてどうなんでしょうね。

 多分、原発の問題は、一朝一夕で片付く問題ではないと思われます。仮に、石棺等の処理により、なんとか抑え込むことが出来たとしても、土壌汚染や水汚染等々、かなり長い影響を今後も及ぼすものと思われます。

 それでも、人間は喉元過ぎればなんとやらで、多分、超利便性の高い、東京を去ることは考えにくいのでしょうね。

 何百年に一度の災害よりも、利便性をとるのが普通の選択だと思います。

 行政の一部でも、関西に移転でもすれば、また話は変わってくると思いますが、やはり日本の中心の東京を動かすことは非常に困難なことなんでしょうね。

 ということで、多分、直接被害を受けた、東北以外の人々の暮らしは、平穏へ向かっていき、震災前と変わらない生活へ進んでいくように思われますが、目に見えない経済は、かなり悪質な腫瘍におかされたものと思われます。

 本日の日経新聞に、大手旅行代理店の売上減の記事が掲載されていましたが、大手でさえ、3割以上の減少。街の小さな代理店なら即死の状態だと思います。

 印刷業では、流通が壊れている上に、特色インクがないとのことです。

 倒産が増え、失業者が増えると、それだけ社会保障費も増大し、それは増税へと結びついていきます。

 増税は、消費の減退を促し、それが更なる企業収益を圧迫するというマイナスのスパイラルですね。

 23日開かれた参議院予算委員会公聴会では、年金の支給開始時期を70歳にするというような話も出てきております。

 本当にこれからは、自分のことは自分で守る時代が到来するのでしょうね。

 甘えた根性を叩きなおすうえでも、この苦難を乗り越えていかなければと思うのでした。

 ではでは。

 

|

« 日本国債CDS | トップページ | 電力のこと »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本国債CDS | トップページ | 電力のこと »