« 現状 | トップページ | ぽぽぽぽーん »

2011年3月21日 (月)

次に来ること

 おはよーでござんす。次々に新しいことが判明し始めましたね。神奈川県の水道水からも放射性物質が検出されましたし、東京都では、都内で流通しているシュンギクからも規制値を上回る放射性物質が検出されました。また、栃木県ではホウレン草、福島県ではカキナから検出、茨城県ではホウレン草から規制値の約27倍にあたる放射性物質が検出されました。

 農作物、水ときたら、次に家畜への影響も考えておかないといけないのでしょうね。全て、『ただちに健康に影響はない』とのことですが、これから先、あらゆる口に入れるモノから放射性物質が検出された場合、本当に、関東の人たちは平気でいられるのでしょうか?一つ一つの商品自身は、ただちに影響がなかったとしても、人間は色々なモノを口に入れるわけですから、その総数はどうなるのか?その辺の疑問を早く解決しないことには、納得いかないと思いますよ。

 更に、東電の発表によると、通常、冬場で5000万キロワット、夏場で5500万~6000万キロワットの電力供給が必要で、電力不足を解消するには時間がかかる見通しと発表しております。その結果、夏には、東京都の千代田区、中央区、港区を除く20区でも本格的に計画停電を実施せざるをえないだろうと発表しております。

 冷暖房は、我慢できたとしても、暑い夏場に冷蔵庫が使えなくなれば、どういうことになるのでしょうか?

 全ては、これからのことなので、どういう動きになるのかは神のみぞ知るところであります。

 何度も、書いていますが、今、大阪を中心に賃貸マンションの需要が凄いことになっております。

 ほとんど、空きがなくなっていっている状況と言ってもいいでしょう。

 賃貸の空きがなくなると、次に来るのは何か?

 ここからは、予想ですが、中古マンションの需要が高まるのではないでしょうか?

 キャッシュで購入でき、駅に近い物件。更に言うと、海側は忌避する傾向。万が一のために、手当てをしておいて、必要がなくなれば、賃貸に貸し、収益として保持する。以上のような考え方になるのではないでしょうかね。

 同じことは、中古戸建てでも言えるのでしょうが、原則、関東の人達は、マンションの方が馴染みやすいでしょうね。

 ということで、我々不動産業者の動きも変化していくことになるのでしょうね。

 さぁ、本日も、頑張って様子見します!!

|

« 現状 | トップページ | ぽぽぽぽーん »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 現状 | トップページ | ぽぽぽぽーん »