« 若者に雇用とお金を | トップページ | 内部留保と社会的弱者の増加 »

2011年4月 8日 (金)

成功哲学とリスク管理

 おはよーでござんす。昨日は、ずいぶん昔からお世話になってた、ある金融機関の支店長様が、お偉い役につくということで、昇格祝いをしてきました。

 う~~む。阪神間では、大きめの銀行さんのお偉いさんなんですけども、のりぞーとはメル友なんですよね。(笑 のりぞーの光源氏計画が、モロあたりしました。ふっふっふ、幼少の頃から育てるというやつですね。キリッ!

 まっ、かといって、なんらのりぞーに得になることはないんですけどね。

 最近、わけあって、久しぶりに成功哲学系の本を読みました。『ザ・キー』って本で、ベストセラーになっていたのですが、まぁ、書いてあることは、今まで読んだたくさんの成功哲学系の本となんら変わりなしです。

 思いは叶うとか、プラス思考で実現するってパターンですね。

 確かに、平時においては、この思考は、すごく大事で、

 プラス思考→行動→自信→プラス思考という感じで、グルグル物事が好転します。

 高度経済成長時代なんかは、最高の思考だったと思いますよ。

 でも、今の時代は、僕はちょっと違うと思うんですよね。

 歴史を遡ってみたら、経済って一本調子で上昇し続けているなんてことは、絶対にあり得ません。

 古くは、各種戦争、オランダチューリップバブル、オイルショック、ブラックマンデー等など、たくさんの苦い出来ごとがありました。

 最近なら、リーマンショック、中東の緊張に、大震災と。

 すごく感じることが、その破たんの事象のタームが、すごく短くなっているんじゃないかなと。

 失われた20年の時でさえ、こんな事を感じませんでしたよ。

 ということは、今、やらなきゃいけないことは、成功哲学的な考えではなく、常に、最悪のケースを想定して、リスクをマネジメントした上で、最大の攻撃を模索するという、なんともチグハグな思考が必要なんでしょうね。

 ブレーキとアクセルを同時に踏み続けるみたいな。

 それと、スピード力がメチャクチャ大事です。一瞬の判断の遅れが、とんでもない損害・禍を生むでしょうね。

 その為には、ありとあらゆる分野に、アンテナを広げ、疑問を放置しないことが求められると思います。

 なんか、何書いてんのか分からんようになってもうたけど、要は、

『今までの、倍くらいのスピード感を身につけないと、死んじゃうよ!』

ってことです。

 日々、勉強でござんす。 

|

« 若者に雇用とお金を | トップページ | 内部留保と社会的弱者の増加 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 若者に雇用とお金を | トップページ | 内部留保と社会的弱者の増加 »