« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月31日 (火)

増税

 こんにちわでござんす。月末ということもあって、今日は決済ラッシュでした。

 まぁ、大概の決済は、近隣のメガバンクっていうのが相場なのですが、たま~に、朝一から大阪の信託銀行なんて決済がある場合は、どうしても早起きになっちゃいます。まぁ、それもこれもお客様のご要望なので仕方がないのですが、朝の30分って、結構、貴重なんですよね~。

 というわけで、そんな日のお昼過ぎは眠い!

 いよいよ、増税へむけて、本格的な政府の動きが出だしました。政府は、来月20日までに社会保障改革案をもとに、増税幅を含む一体改革案のとりまとめ作業に着手。今年度中に消費税法などの関連法案の改正に道筋をつけ、早ければ来年度にも2%~3%程度の消費増税を実現したい方針となっています。また、2015年度までには、消費税を10%に引き上げる方針も発表しております。

 しかーし、最近、つくづく思うのですが、評価はともかくとして、菅首相って、なかなか、他の首相達が手を付けずに逃げてきた案件を次々と実行に移していくあたり、賛否両論はあるにせよ、意外と実行力がある人なんだなぁ~って思いますね。

 公務員の給与削減と消費税の増税を二つも手掛けたとしたら、なかなかのもんですよね。

 まぁ、ここまで来たら、消費税の増税は既定路線でしょう。となると、人生最大にして、最高の消費税の支払いであろうもの!

 それは、『建物代金』になりますよね。

 例えば、建物の代金が1500万円とするならば、現行では、

 1500万円×5%=75万円だったものが、

 消費税が10%になりますと、

 1500万円×10%=150万円となり、与えるインパクトが相当でかいですね。

 2000万円なら、消費税だけで200万円も、もってかれるのですから、凄いことですよ。

 財政規律の問題から、増税やむなしの意味は理解できるのですが、ここまで税が上がってしまうと、消費が更に落ち込んでしまうのではないかと危惧してしまいますね。

 僕も、毎年、せっせと稼いでは、凄い額を会社で納税しているのですが、よーけ納めてるからといって、税で出来た道路の真ん中を偉そうに歩かずに、いつも端っこの方を歩いているんですから、謙虚なもんですね。

 皆さんも、見習ってくださいね。危ないですぉ。

 物件情報!来月の中旬のリリース予定です。鳴尾町3丁目。新築4480万円です。興味のある人は、担当者まで。 

| | コメント (0)

2011年5月30日 (月)

いよいよ始まります!

 おはよーでござんす。昨日の、台風の風はすごかったですね。あちこちで、ひっくり返ってましたよ。

 待ちにまったPJがいよいよ始まりますよ。

 阪急甲陽園駅徒歩すぐ圏にて、全5区画。ロケーションは最高です。かなり気合の入った企画ですね。

 まずは、当社登録のお客様からエントリー開始です。

 かなり足の速い物件になると思いますので、それぞれの担当者さんにお問い合わせくださいね。

 ではでは。

| | コメント (0)

2011年5月28日 (土)

欲とストレスと逃避

 おはよーでござんす。今日は、大雨の降る中、オープンハウスやら現地案内会を開催しております。

http://www.fudosancom.jp/weekly.html

 しっかし、うちの営業さん達も、何も梅雨の大雨の時に、広告入れんでもええのにね~。ニュースで警報が出るくらいやから、お客様が、来るわけないっちゅーんですよ。ほんと、経費を考えてほしいもんですわannoy

 昔、『部屋とYシャツと私』って歌がはやったと思うのですが、それに合わせて、本日のお題は、『欲とストレスと逃避』です。

 人間、誰しもが『欲』を持っています。

 昔から三大欲求と言いますと、『食欲・睡眠欲・性欲』になりますね。

 マズローの欲求段階説によりますと、人間の欲求とは、5段階のピラミッドのようになっており、底辺から始まって1段階目の欲求が満たされると、次の段階の欲求を志すものと言われています。

①生理的欲求

②安全の欲求

③所属と愛の欲求

④承認の欲求

⑤自己実現の欲求

 以上の5段階になるのですが、まず、①の生理的欲求は、簡単ですね。生きていくための根源的な欲求であります。

 ②の安全の欲求も、読んで字のごとく、安全性・経済的な安定性など、予測可能で秩序だった状態を得ようとする欲求です。

 次に、②の欲求が満たされると、③の所属と愛の欲求が生まれます。これは、他の人に受け入れられている、どこかに所属しているという感覚の欲求で、孤独感や社会的不安の払しょくからくる欲求ですね。

 ③が満たされますと、④の承認(尊重)の欲求が生まれます。これは、自分が、集団・組織から価値ある存在と認められ、尊重されることを求める欲求であります。

 最後に、⑤の自己実現の欲求とは、以下4つの欲求を全て満たされたとしても、人はすぐに新しい不満が生じて落ち着かなくなり、自分の持つ能力や可能性を最大限発揮し、具現化して自分がなりえるものにならなければならないという欲求であり、最終はこの欲求に帰結します。

 ほとんどの営業さん達は、③の所属と愛の欲求までは、満たされていると思われるのですが、逆に、④以降の承認の欲求あたりで、大きなストレスを抱えているのでは、ないでしょうか。

 自分が、集団から、価値ある存在である、必要とされていると感じない時、人は、ストレスを抱え、愚痴を言ったり、人のせいにしたり、お酒でごまかたり、ズル休みをしたり、鬱になったりの逃避行動をします。

 でもね、考えてほしいのですが、集団から価値ある存在になるためには、必要とされていると感じるためには、いくら、逃避行動をとっても、それは、余計に集団から必要とされなくなるのだということを、理解して欲しいのです。

 欲求と相反する行動をすることによって、より意固地になり、余計に集団から離脱する羽目になった営業さんや人間を、どれだけ見てきたことか。

 また、その後の結果も、推して知るべし。そういう人は、どこの組織・集団に行っても、同じことの繰り返しであります。

 集団・組織から、承認され必要とされるためには、自分自身の努力でしか、解決する方法はなく、いくら愚痴をいったところで、それは、自分の欲求から離れていっているということを理解しないとダメなのです。

 中途半端に、自我の強い人ほど、上記の傾向が強く、本物の自我を強く持っている人は、組織の長になっていることでしょうしね。

 今一度、自分自身を鑑みて、人間本来が所持している、欲求に素直になり、さっさと、自己実現をクリアーしまくって、幸せな毎日を送って欲しいものですね。

 なーんか、哲学チックになっちゃった。(≧∇≦) テヘ!

 んん~、アンニュイな天気のせいですかね。

 お昼寝しよっと。(^π^)/

| | コメント (0)

2011年5月27日 (金)

市の財政

 こんにちわでござんす。とうとう、近畿も梅雨入りしたということで、鬱陶しい季節になりましたね。

 年のせいなのか、雨が降ると、どうしても、首が痛くなるんですよね。かと言って、アホみたいに暑いのも嫌なので、ずっと春が続いてくれたらいいんですけどね。

 国家公務員の給与削減から、地方公務員の給与削減にまで話が広がりはじめましたね。

 長期のデフレ社会の中、民間企業の平均給与がドンドン下落する中、公務員の給与水準は、ずっと問題視され続けておりました。

 しかし、自民党政権下でも、民主党政権下でも、その聖域にメスをいれた人はおらず、今回の震災というドサクサの中、菅総理は、よくぞメスを入れたものだと素直に感嘆しますね。

 そりゃ~、市の財政において、根幹をなす個人市民税が減り続けているわけですから、入りが減れば、出も減らすのは、民間の企業なら当たり前のことざんす。

 というわけで、西宮市の一般会計をググッてみますと、

http://www.nishi.or.jp/homepage/zaisei/yosan23/hikaku.html

 すごく分かりやすく掲載されております。

 一般会計の中で、最大の構成比をなしているのが、『扶助費』でございまして、全体の24.2%を占めております。すんごいね。

 扶助費とは、なんぞやと申しますと、『社会保障制度の一環として、生活困窮者、高齢者、児童、心身障害者等に対して行っている様々な支援に要する経費』ですね。子ども手当や、生活保護費などが該当します。

 この費用は、年々増加の一途をたどっており、市財政を圧迫させている最大要因の一つですね。

 次に構成比が多いのが、人件費で、全体の19.8%にあたります。今回、ここの経費にメスが入っているのですね。

 そして、3番目に多いのが、公債費で、全体の13.9%。市が借り入れた借金の元利償還金のことです。悲しいかな、西宮市は、阪神大震災の時に、多大な借金を背負ってしまったがため、現在、せっせとそれを返しているわけなのです。

 こうやってみますと、西宮市の一般会計において、支出の割合をみますと、私たちの払った税金の使い道は、

『公務員さん達のお給料を払って、社会的弱者さんを救済して、借金を払うだけで、約60%が終わってしまう』という結果になるのです。

 ふーむ。この結果をどう感じるかは、人それぞれでしょうが、そもそも税の成り立ちを考えた時、『富の再分配』が基本的な考え方なのに、再分配になってるのかなぁ~??なんて思ってしまうのでした。

 あ~、雨がうっとうしいですね。恐いですね~。

 それでは、また来週。さよなら、さよなら、さよなら。

| | コメント (0)

2011年5月26日 (木)

恐怖 放射能マンション

 こんにちわでござんす。女性の人って、記念日を大事にしますよね。昨年は、完全に忘却していた嫁はんの誕生日。今年は、何とか、お昼過ぎには思い出し、慌ててお祝いメールしたところ、

嫁メール:『よー思い出したな。ギリギリセーフや!』

危なかったぁ~(汗 しかし、41歳にもなって、誕生日もへちまもないって思うんですけどね。

 次々に、福島原発のことが明るみに出てきますね。メルトダウンならぬ、メルトスルーとか。最終的には、『ハイパーメルトクリエーター』ぐらいの呼称になってるかもですね。

 ほいでもって、すごいことが判明しております。特に東北から北関東に向けて散らばった放射性物質。

 空中に散布された放射性物質は、折からの雨で地上に落ち、その雨水は、最終的に、下水施設へと流れ込みます。

 下水施設の汚泥からとんでもないレベルの放射性物質が検出されたニュースは御記憶に新しいとは思うのですが、そりゃ~そうですよね。全ての最終ゴール地点なんですから。

 ここからが、恐ろしいのですが、その集められた汚泥は、再利用のために、セメント工場に運ばれていたわけです。

 今回、問題となった住友大阪セメント栃木工場では、原発事故発生後の3月12日から4月30日にかけて計928トンの汚泥が搬入されており、全てがセメント化。そのセメントは、コンクリート業者を通じて、北関東のビルや道路などに使用された可能性があるそうです。

 ソース先;

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110513ddm041040161000c.html

 とんでもないニュースがさらっと流されていますね。

 セシウム137の半減期は、約30年なわけですから、居住中、ずっと汚染され続けるマンションなんて、恐怖以外の何物でもないですよ。

 福島県の小学校のグランドの汚染といい、この国は、一体、どこへ向かっているのでしょうね。

 もうね、正直、後から後から、新事実が判明していき、東京や関東に行きたくないって思うのは、僕だけじゃないような気がするのですが。

 これからは、『家庭に1台 ガイガーカウンター』に時代になるかもですね。

 ではでは。

| | コメント (4)

2011年5月23日 (月)

返済免除?

 おはよーでござんす。

 日本国憲法第14条1項 『すべての国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない』と定められております。

 僕のいとこのおっちゃんは、阪神大震災の時に、三宮に住んでおり、モロに被災の影響を受けました。その後、2回目の住宅ローンを抱え、マンションを購入したのですが、やはり、ダブルのローンは支払いが苦しく、最終的には自己破産という選択を選ばざるを得なかったです。

 今回、東日本大震災を受けて、金融庁では、家を失った人が自己破産をしなくても住宅ローンの返済免除を受けやすくする仕組みを検討しております。

 ちょっと待ってくれと言いたいのは、のりぞーだけではないでしょう。阪神大震災の時は、こうした手法は一切取られずに、全員が自己責任の形でした。

 今回の被害が相当ヒドイのは理解できるのですが、例えば、コツコツ地震保険などをかけてた人達の心情はどうなるのでしょうか?

 また、九州地方の大雨洪水や土砂災害で家をなくした人はどうなるのですか?

 債権放棄を余儀なくされる金融機関はどうなるのですか?

 何故、今回だけ救済されて、今までの災害はスルーされるのですか?

 今後、同じような震災が起きた時も、返済免除が適用されるのですか?

 東日本大震災の被災者の方々は、本当に大変だとは思うのですが、安易な政府の方針は、国民全体の不公平感を促進させることになり、ひいては勤労意欲や勤勉性といった国民性にまで及ぶことになりかねないと思います。

 今一度、熟考が必要な問題ですね。

 物件情報!レジオン夙川。平成10年築、71.28㎡ 3WAYアクセス。2580万円です。興味のある人は、担当者まで。

| | コメント (0)

2011年5月22日 (日)

行動心理学 ギャップ

 こんにちわでござんす。連日の猛暑が続いていたので、雨が降ると、やっぱり少し肌寒いですね。

 オープンハウスや現場待機をされている営業さん達にとって、雨の日は大敵でしょうが、頑張ってくださいね。

 行動心理学に、『人は、モノやヒトにある程度の期待感をもって接します。その際、想像通りだと物足りなく感じるのですが、期待以上のよい裏切りを受けると、それが強い印象となって残ります。』という定義があります。

 いわゆるギャップを使うという方法論ですね。

 営業さんでも、見た目は強面なのに、接客がすごく丁寧であるとか、ぱっと見は、オチャラケてそうなのに、話の内容がすごく濃くて理にかなっているとか、おとなしそうなのに、クロージングでは熱いとか、なんとかかんとかと、ギャップを上手に使う営業さんは、必然的にお客様の心に残り、成約率も高まるものです。

 逆に、見た目通り=見た目、真面目そうで、真面目な話しかしない人とか、チャラくてチャラいなんて場合は、あら探しをされだします。

 男女の関係においても、言えることで、『私だけが知ってる、あー見えて、あの人は実は@@なんだ』って所が、案外、気持ちをつなげてる部分だったりもするわけです。

 こういうことを考えていきますと、ビジネスにしたって、まだまだ可能性がたくさん残っていますよね。

 つまり、想像しているであろうお客様のちょい上をいくような意外性のサービスなりを展開すれば、強くお客様の心に残り、リピート率であったり、成約率等があがるのでしょうね。

 例えば、お寿司屋さんで、カレーが出るとか。

 例えば、お寿司屋さんで、焼きトウモロコシが出るとか。(千ちゃん、ゴメンsweat01

 話が全然それました、すいません。

 代表的な所で行けば、名古屋なんかの喫茶店だったら、勝手にピーナッツがついてきてたり、散髪屋さんでは、耳掃除がついてきてたりします。

 まぁ、名古屋の話は、有名過ぎて、すでにギャップにならないのでしょうが、ほんのちょっとのサプライズって、工夫すればたくさんあると思いますよ。

 当たり前の毎日を暮らすのではなく、そんな、ちょっとした気配りなり、サプライズなり、サービスなりを考え、実行するだけで、数字って大きく変わるのじゃないかと思うのでした。

 物件情報!今、がんばって仕込んでいますので、もうちょっとお待ちくださいね。

 ♪待ってて~ ごらん~ ほーら のりぞーが駈けてくる♪

| | コメント (2)

2011年5月21日 (土)

サンライズ計画

 こんにちわでござんす。計画停電は関東だけのお話と、遠いお空でおこっている出来ごとのように感じていたのですが、今年の夏は、関西が非常にやばそうですね。

 以前にも書きましたが、関西電力は、およそ50%を原子力発電で補っております。その関西電力の11基の原子力発電がある福井県。通称、原子力銀座と言われているのですが、その福井県の知事さんが、昨日、朝日新聞の単独インタビューにおいて、定期検査などの停止中の原子力発電所の再起動について、『夏場の電力不足も想定されるが、県民の安全性の確保を優先する』と述べ、現時点での再起動を認めない姿勢を示しました。

 原発の再起動には、その県知事の許可がいるのですが、これで、今年の夏の関西は、終了~ってことになるかもですね。ある意味、本当に、生活の知恵的なものが必要となってきそうですよ。

 ほいでもって、来週開かれるフランス・ドービルでのG8において、菅総理が表明するエネルギー政策の原案=サンライズ計画が明らかになりました。

 その原案の具体的な内容としましては、2020年をめどに太陽光の発電コストを3分の1に引き下げ、設置可能な全ての屋根の5割にパネルを設置。2030年をめどに全ての屋根への設置を目指すとあります。

 いよいよ始まりましたね。政府主導の太陽光発電住宅の促進、もしくは義務化ですね。

 省エネ住宅、住宅エコポイント等々、その時々の政府の方針で、住宅市場は大きく変化していきます。

 今回の太陽光発電の促進も、住宅市場に大きな影響を与えるでしょうね。現状では、補助金があっても、設置費・維持費と売電の関係は、相当年数を経過しないと、お得にならないと言われていますが、大量に促進・義務化されることにより、大幅なコストダウンと、技術革新が実現可能になることでしょうね。

 そうなると、日本全国の家の屋根に、ソーラーパネルがのっているのが当たり前の光景になるかもですね。

 今後の住宅市場は、太陽光発電中心で動いていきそうです。

 ではでは。

| | コメント (0)

2011年5月20日 (金)

理屈

 こんにちわでござんす。深酒をした翌日っていうのは、どうしてもお腹がへります。昨日も、ラーメンをしめに食べたはずなのに、もう、起きたらお腹がへるんですよね。

 まさに、

noteどうしてお腹がへるのかな? お酒を飲むとへるのかな? いーくら食べてもへるもんだーな お姉さん お姉さん かつ丼~定食 大盛りでっnote

 って感じで、ミドリのお姉さんに注文したら、

『社長!ダイエットはどうしたんですか?annoy 大盛りはダメですっsign01

 って怒られて、普通盛りになっちゃいました。う~ん、のりぞーの会社の近所の飲食店さん達は、のりぞーの健康管理までしてくれるんですから、素晴らしいでつね。

 国家公務員の給与削減の話が話題に出ているのですが、その中に、若年層へ配慮して欲しいという声が、労組側から出ています。

 いつもお世話になっている、ある地方銀行の行員さん(28歳)が、彼女さんとご結婚されることになり、色々お話をしていたのですが、

 彼曰く、マジ話で、年収が200万円台後半であると。

 まぁ、仮に年収が300万円とすると、税引き後は270万円。ボーナスを2.5カ月と仮定したら、月の手取りが18万円くらいになっちゃいます。

 ここから、家賃、光熱費、携帯代、食費、保険、なんやかんやを差っぴくと、そりゃお小遣いなんてたかがしれてるわなっていう話になりました。

のりぞー:『お前~、大丈夫?』

行員さん:『なんとか頑張ります。』

 ってな会話をした記憶があるのですが、こういったことを考えても、若年層が車を購入したり、また、子供を作ろうとしたりする行為を敬遠するのもしょーがないことですよね。銀行さんでも、こうなんですよ。

 また、これだけ色々な娯楽・趣味が発達すれば、何も結婚までして娯楽・趣味ができなくなる方が嫌だと考える人達が増えるのも理解できます。

 消費不振、少子化の原因は、若年層の雇用・収入減が最大の原因なんでしょうね。

 東京@力の社長・会長さんの年収が7200万円という記事が出ていましたが、あのお爺様達に、そんな莫大なお金を渡しても、消費にはまわらないでしょうに。

 年を重ねるに従って、色々な欲は減退していくでしょうからね。

 ゆえに、消費不振・少子化の解決策は、若年層の所得を、もう少し手厚くしてあげれば解決するのではないかと思います。

 というわけで、本日も、日本経済を担うために、しぶしぶ、消費活動を積極的にする、のりぞーなのでした・・・。

 眠いので、お昼寝します!

| | コメント (0)

2011年5月19日 (木)

首都圏のマンション事情

 こんにちわでござんす。春??っていつの間に終わったんですかってくらい、もうすでに、暑くなってきてますね。

 基本、冬は暖房にパンツ一丁、夏はクーラーガンガンにして毛布をかぶることをリスペクトしているのりぞーとしては、節電なんてもってのほか。

 年がら年中、春か秋だったらイイのになぁ~。

 東日本大震災の影響は、やはり、不動産市場に多大な影響を与えていますね。

 本日の日経新聞3面の記事なのですが、首都圏の新規マンション発売戸数が2336万戸と、前年同月比27.3%減で、1973年の調査開始以来4月としては3番目の低さだったそうです。

 その記事の中で、着目すべき点は、お客様の選別の変化でしょう。

 都心に通勤でき、かつ高級感があるという売り文句で爆発的に売れていたベイエリア等の臨海部は、液状化現象等で敬遠され、また、計画停電で帰宅不能になったことから、郊外物件が敬遠され、オフィス街に近い都心部で地盤が安定しているマンションが人気となっているようです。

 更には、震災以降も相当数の余震が続いたことから、超高層の上層階も敬遠されているようです。

 免震・耐震からの超高層マンションの上層階の揺れは、まさに、ホーンテッドマンション状態ですよ。

 更には、何度も何度も繰り返し流された津波の映像のせいで、内海である阪神間でも、海沿いの物件は敬遠される傾向にあります。

 正直、日本と言う国に住む以上、地震、土砂災害、水害、洪水等など、ありとあらゆる自然災害と共存しないといけないわけですから、その度に、あわてるのではなく、やはり、起こりえるものだと認識して、備えることが大事なんでしょうね。

 物件情報!上ヶ原5番町。新築戸建て、3280万円です。興味のある人は、担当者まで。

| | コメント (0)

2011年5月17日 (火)

類は友を呼ぶ

 こんにちわでござんす。人生40年を超えてきますと、本当に思うことが、環境って大事やなぁ~っていうことです。

 生まれた時は、ほとんどの人が、能力的に変わりがないことでしょう。でも、その後の、環境=周りの人の縁が、その後の人生を左右すると思われます。

 相も変わらず、とんでもネーム=DQNネームの子供達が生まれていますね。

http://dqname.jp/

 ララ桃桜ちゃん(ららさくらんぼ)、爆走蛇亜くん(ばくそうじゃ)、振門体ちゃん(ふるもんてぃ) 

 もうね、凄すぎますよ。なんとなくなんですけど、この子たちの親御さんが想像つきますし、その後の人生も、なんだか想像ついちゃうのは、気のせいでしょうか?

 何が言いたいのかというと、これほど、環境=人の縁が大事ってわかっているのなら、今、自分達がつきあっている人たちがどうかということです。

 世の中が不景気になり、ドンドン悪くなってくると、どうしても会話が、マイナスになることが多いです。

『あかんなぁ~。』

『意味ないで~。』

『どうしようもないわ。』

 でも、こんな世の中でも、頑張って成功している人たちは、たくさんいます。

 環境を選べない子供達なら仕方がないですが、自分で考えることができ、行動することができる社会人である我々は、いくらでも、環境=人の縁を変えることができます。

 類は友を呼びます。自分をもっと変えていきたいと少しでも思うのなら、積極的に、色々な人達との出会いの機会・場所を求め、付き合う人を変えてみるのも案外、近道かもしれませんよ。

 出会いは人生すらも変える力がありますよ。今日も頑張って、やっていきましょう!!

 物件情報!鳴尾町にて新築PJが出ますよ。4000万円台中盤想定。興味のある人は、担当者まで。

| | コメント (0)

2011年5月15日 (日)

用途地域と風営法

 こんにちわでござんす。昨日も、大手不動産仲介業者のエース級の営業マンを連れて、新地へレッツゴーです。しかし、こんな生活をしていますと、いつか体がぶっ壊れるんじゃないかと思うのですが、どっこい潰れないんですよね~。まっ、情報とお金儲けの為に、頑張るしかないですね。

 さてと、本日の内容を書こうか、書くまいか、非常に悩んだのですが、今更、のりぞーの夜のクラブ活動を隠したところで、当ブログ読者は、よくご存じなので、気にせず書きますね。

 法律の面白いところです。

 朝日新聞の地域版に出ていたニュースです。

 『兵庫県警は13日、芦屋市上宮川町のクラブ「アルマーニ・ネオ」を風俗営業法違反(無許可営業)の容疑で家宅捜索し、女性経営者(51)を現行犯逮捕した。芦屋市では、正式に営業許可を受けたクラブやラウンジ(社交飲食店)は1店舗もないが、同店は約5年前から営業し、「芦屋唯一のクラブ」として地元で知られていたという。

 生活環境課によると、女性経営者は、県公安委員会の許可を得ずに、客と同席して接待する店を営業していた疑いがある。

 高級住宅街のイメージがある芦屋市では、県条例で営業許可を受けられる商業地域が市域の0.7%しかなく、県公安委員会から許可を受けたクラブやラウンジは市内に1店舗もない。しかし、同店は2006年ごろから、約10人のホステスが接客していたという。

 昨年の『JJ』に引き続いて、またまた芦屋市にてラウンジの摘発です。

 まずもって、それぞれの土地には、用途地域というものがあります。簡単に言うと、その用途指定されたエリアの中では、建物やお店が制限されるというわけですね。

 ほいでもって、ラウンジやクラブという営業形態は、『接待』=『歓楽的雰囲気を醸し出す方法により客をもてなすことをいう。』ことを業とするお店になるわけです。

 んんっ?? なんか、法律用語に直すと、すごい悪いことをしている感じがしますね。

 ということは、例えば、子供との会話で考えると、

子供:『お父さん?今日も、家に帰ってくるの遅くなるの?』

のりぞー:『アホっ!! お父さんはな、毎晩、毎晩、お前らを養っていくために、取引先の人達を、歓楽的雰囲気を醸し出す方法によりもてなしてるんやっ! 大変な仕事なんやぞっ!』

 ん~、なんだか全然しまらにゃいっすね。

 話が脱線しました。ほいでもって、この『風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律』における、風俗営業店の許可が唯一おりる用途地域は、『商業地域』だけになるわけです。

 件の芦屋市上宮川町の用途は、『第二種中高層住居専用地域』になるわけですから、そりゃ~、風俗営業はできないことになります。商業地域なんて、ほんの一部しかないですからね。

 ならどうして営業をしていたかというと、『飲食店営業許可』で営業をするわけですね。ある意味、なぁなぁでお目こぼしされていたっていうのが実際のところなんでしょう。

 実際、芦屋には、他にもたくさんのラウンジが存在しているわけで、そういった意味では、全部アウト!!

 この摘発が、連鎖的に広がっていくのか、それとも収束の方向に行くのか。TOPの考え方次第でしょうね。

 まっ、おいら、最近は、もっぱら新地で、阪神間には出かけませんので、関係ないですけどね。

 ニュースだけを見ると、すごくイカガワシイことをしているような印象なので、あえて、法律の解説をしてみました。

 でもね、ある程度の娯楽は必要だと思うんですけどね~。

 物件情報!うちの会社のすんごく近くにて、中古戸建てというよりも、土地として考えた方が良い物件がでますよ。めちゃレアー。興味のある人は、担当者まで。

| | コメント (0)

2011年5月14日 (土)

ルーツ

 *閲覧注意 (本日のブログの内容は、一部不愉快な表現が含まれていますので、お読みになりたい人だけお読みください。)

 阪急苦楽園の街って、商店の街なんですよね。この街で6年近くも不動産屋をかまえていますと、それなりに顔役っぽいことになってきます。

 お寿司屋さん、和食屋さん、串屋さん、花屋さん、タバコ屋さん、クリーニング屋さん、コンビニ、マッサージ屋さん、飲み屋さん、バー、駅前のタクシーの運転手さん達などなど、本当、みんな友達みたいになってきます。

 ほいでもって、意外と若い経営者やマネージャー、店長さん達が多いので、自然と、のりぞーがお兄ちゃん的存在?(ドラえもんで言うところの、ジャイアン的な存在)になるんですよね。

 不動産の相談やら、お金の相談、人間関係の相談等など、慈善事業ばっかりなんですけどね! でも、そんな人間関係が、商売に結びついたりもすることがあるので、大切なことです。

 んでもって、昨日も、いつもお世話になってたというよりも、本当はお世話していた飲み屋さんのマネージャーM君が、新しいお店(これまた飲み屋さん)に仕事が決まったということで、是非に、一度来てくださいと言われ、これまた芦屋の飲み屋さんのマネージャーO君と一緒に、お祝いに行ったのです。

 21時くらいにお店に行き、ひとしきり馬鹿話をして、気付くと時計は23時に差し掛かろうとしておりました。

マネージャーO君(以下 O君に省略)

O君:『社長! 今から、どうしますか?』

のりぞー:『んん~。どこに飲みに行っても、面白くないからなぁ~。』

O君:『えーーー!!でも、これで帰るんは、無しでしょう。新地でも神戸でもお供しますよ!』

のりぞー:『んんーー。そうやなぁ~。そうやっ!!俺が大学時代バイトしてたクラブに飲みに行こかっ!!』

O君:『おっ!いいっすねぇ~。で、社長、大学はどちらなんですか?』

のりぞー:『ん!?滋賀大やでっ!』

O君:『はぁ!?滋賀大って、滋賀県ですか?』

のりぞー:『そうや。』

O君:『マジで、今から滋賀県に行くんですか?もうすぐ11時っすよ?』

のりぞー:『はぁ!?何なん?嫌なん?』

O君:『社長の、そういうところ、嫌いじゃないっすよ!(笑』

のりぞー:『よっしゃ!決まり!お会計して!ほいで、タクシーは、第一のク@ッキー呼んで!』

 ってな感じで、もうすぐ11時になろうかというのに、滋賀県彦根市までレッツゴー開始です。

一応、証拠写真

Sh3k00290001

 片道で5万円もかかるとは・・・orz

 これは、間違いなく朝帰りになると覚悟したのりぞーは、嫁さんのご機嫌をとらないとまずいと思い、嫁さんに電話。

嫁はん:『はい。なに?』(寝むそうな声で)

のりぞー:『おいっ!今、どこにいると思う?wktk』

嫁はん:『どっかの飲み屋。』

のりぞー:『びっくりするでっ!今な、彦根に来てんねん!ちょうど今、お前と昔、よくテニスしてたインターの横の プツ ツー ツー。』

のりぞー:『あれっ!?電話切れた?』

O君:『奥さんの電波が眠かったんちゃいます?』

のりぞー:『ふーん。まっ、いっか!』

 ってな感じで、若干、肝を冷やしながら、昔のバイト先に到着!そこで、一時間ほど飲んで、さぁ~、帰るぞっ!

 帰りのタクシーの運転手さんをつかまえて、

運転手さん:『どちらまでですか?』

のりぞー:『兵庫県の芦屋まで!』

運転手さん:『ハイ!わかりましたって、御冗談を・・・。』

のりぞー:『俺は、冗談と嘘は言わないことで有名なんや。ほんまに芦屋まで!』

運転手さん:『ほんまでっか?』

O君:『ほんまやで!さっき、芦屋から来て、一時間飲んで、とんぼ返りやで。』

運転手さん:『はぁ~~。今時、そんな人おられるんですね。お客さんは、ツワモノですね~。』

のりぞー:『知ってる。』

運転手さん:『・・・・・。』

O君:『・・・・・。』

運転手さん:『しかし、私も、長いこと彦根で運転手してますけど、芦屋までみたいな長距離は初めてですよ。』

のりぞー:『それも知ってる。』

運転手さん:『・・・・・・・。』

O君:『・・・・・・。』

 ってな感じで、帰りの車は、バテバテで、ちょっぴり仮眠をしたあと、なんかお腹がすいたので、

のりぞー:『次のパーキングで、みんなでラーメン食おかっ?(^O^)/』

O君:『いいですね~。』

運転手さん:『私は、車で待っときますよ。』

のりぞー:『まぁ、そう言わんと。旅は道連れっていうやん。おごったるし、運転手さんも食べるでっ!』

 というわけで、時刻は朝の3時くらい。3人でラーメンを食べました。

Sh3k00280001

 左が運転手さん。右がO君ね。

 もうね、クタクタになりましたよ。

 のりぞー心の一句: 『 なめとった 日帰り彦根は しんどいぞっ』

 そうそう告知。そんなO君なんですが、今度、苦楽園口、前にルードバーがあったところで、BOYsGIRLsBARなるものを開くそうです。なんじゃそりゃってとこですよね。昔、TRFがそんな歌を歌っていたような・・・。お店の名前は、『エス』だそうです。6月初旬にオープンなので、気が向いたら行ってあげてくださいね。

 ではでは。

 

| | コメント (2)

2011年5月13日 (金)

生活保護200万人突破

 こんにちわでござんす。すごく気持ちの良いお天気ですね。これだけ天気が良いと、なんだかウキウキします。

 まぁ、社長室にとじこもっている、のりぞーには、天気は関係ないんですけどね。

 もう、どうにも止まらないということで、全国で生活保護を受給している人の数が、ついに200万人を突破したことが、12日の厚生労働省のまとめでわかりました。

 受給者の200万人台は、終戦直後の1952年以来、約半世紀ぶりだそうです。

 不正受給や年金との逆転現象など、何かと問題の多い生活保護なのですが、ここらで本当に、制度そのものを見直さないと、(アメリカみたいにフードスタンプにしたり、現物支給にしたり等)早晩、仕組みそのものがパンクしますし、アホらしくなって、勤労意欲がそがれることにもつながると思いますよ。

 しかし、冷静に考えてみたら、今の日本の現状って、終戦直後の焼け野原ぐらい貧しいのか? それとも、勤勉で質素で真面目な国民性が変化してきているのかの、どちらかなんでしょうね。

 この手のニュースを見るたびに、『本当に、働くことが出来ないのか?仕事を好き嫌いで選り好みしてるんじゃないのか?もっと言えば、働くのが馬鹿らしいと考えている人が多いんじゃないのか?』と怒りを覚えざるを得ません。

 インドや中国、ベトナムといった新興国と言われている国の労働者たちは、昔の日本のように必死で仕事をしていると聞き及びます。そりゃ、逆転されることもあるでしょうね。

 取り返しのつかないことになる前に、真面目に働いている人たちが、怒りをあらわにしないと、どうにもならないような気がするのは、のりぞーだけなんでしょうかね。

 物件情報!ついに進みそうですよ。阪急甲陽園駅前シリーズ。これは、かなりのお楽しみ物件です。ご期待あれ!

| | コメント (0)

2011年5月12日 (木)

倒産件数の増加

 おはよーでござんす。ミーハーなのりぞーとしては、是非とも、新しくなったJR大阪をこの目で見ないと気が済まないということで、行ってきました『ルクア』へ。

 感想はというと、うーーーん、ちょっぴりショボイかなと。確かに、珍しいショップも入っていましたし、メンズなんかは、比較的多かったのですが、いかんせん、見にくい・・・。なんだか雑然としすぎてて、そういった意味では、平面で買い物ができる(上り下りしなくていい)『EST』って、改めて凄いなって思った次第であります。

 当然の成り行きなんでしょうが、やはり震災の影響から倒産件数が増加しているようです。

 来週からは、震災用の緊急制度融資も始まるみたいで、またぞろ銀行さん達があわただしく動き始めていますね。ただし、被災地と取引があり・・・なんて条件があるみたいですので、あしからず。

 というわけで、いつもの帝国データバンク様

http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p110501.pdf

 『東日本大震災関連倒産』の動向調査なのですが、特徴としては、阪神大震災の3倍の66件(震災後1ヶ月半で)で、被害規模の大きさを如実にあらわしているのと、パターンでは、消費自粛のあおりを受けるという間接的被害が一番多いのと、これは想定されていたことですが、旅館・ホテル業などの不要不急の業種が多いという点ですね。

 実際、阪神大震災の時は、被災地において、1年後からの倒産件数が全国と逆行していったので、これからの東北エリアは相当厳しくなることが予想されます。

 日経新聞の9面に掲載されていたのですが、2011年度の大手不動産各社のマンション売り上げ計上戸数は、10年度比2割減となる見通しで、理由が、大震災の影響で、資材不足による工事の遅れや電力供給の不安などから、引き渡し時期が延びる懸念があるためです。

 震災前の販売が好調だっただけに、供給サイドで更に供給戸数が減少すれば、需給がひっ迫することになるかもですね。

 原発廃止の気運も高まっているみたいですし、今後の動向には、要注目です。

| | コメント (0)

2011年5月10日 (火)

各種分析

 おはよーでござんす。明日は、ゴールデンウイーク明けのお休みなので、噂のJR大阪=ルクアにでも行ってこようかなって思っています。すんごい人出だったみたいですね。なんか、初日は50万人とか・・・。スゲー!! んでもって、メンズのショップはあるんかいな?

 ところで知ってましたか?東京と大阪って、すんごい開きがあるように感じるのですが、実は百貨店売り上げは、意外と大阪が踏ん張っているんですよね。

 ↓全国百貨店売上高速報↓

http://www.depart.or.jp/cgi-bin/dl.cgi?key=4usK5EW9V7WDNR4Vbh2e%2FPpBb0hsGYWa1r56Ao0WUCCmGTSXRllGY8hA1GPA%0AQqovrqJG7cue4nHwMs4aCfcN%2BJLDgwa4NI%2Bew5PeEylfMSLKD2g1P8J0nXzZ%0AOODe9cp8Upvh804OkkEso0YvSFSem4RGVXixEEmwlMYmPU9Y5rI%3D%0A

 3月度でいくと、東京の割合が全国で22.3%、第2位の大阪で13.6%、第3位の名古屋が6.7%ですから、大阪意外と健闘してるんですよね。

 まぁ、全国一の百貨店戦争エリアって言われてますもんね。阪神大震災の影響で、ファンションの街と言われていた三宮から、完全に大阪が奪っていった感がありますよね。

 これに、阪急が開店したら、すごいことになりそうで、楽しみです。

 各種分析ということで、ニッセイ基礎研究所から、気になる分析結果が出ています。

 『東日本大震災の不動産市場への影響』というレポートなのですが、

http://www.nli-research.co.jp/report/misc/2011/fudo110426.pdf

 これによりますと、4月11日から4月18日にかけて、不動産分野の実務家・専門家1051名を対象に緊急アンケートをとった結果、『東日本大震災が与えた直接的な被害以外に、今後、日本の不動産市場に与える影響の大きさ』について、「やや深刻」「深刻」「非常に深刻」との回答が9割超となっております。

 その理由の内、最も多かったのが、「海外の投資家が日本の不動産を忌避する動き」で、次に、「経済成長率の低下に伴う、不動産需要の低迷」が続いています。

 更に、今後、不動産で重視されるリスクの1位に、『東京一極集中リスク』が取り上げられており、以上のアンケート結果をもとに考えると、今ままで、異常だった、東京の商業地及び、オフィス関連に深刻な影響が出ている、もしくわ、出始める傾向にあることが読み取れますね。

 一方、昨日も書きましたが、阪神間の住宅系の需要は、非常に根強く、最近では、あんまりマスコミにも報道されなくなってきましたが、伊丹などの副首都計画や、本社移転系の話が、水面下でずっと検討されており、この話が、本気で前向きになると、大阪を中心とする不動産に大きな影響を与えそうですね。

 常にアンテナを広げて、これらの動きをチェックして、素早い動きをしていかないと、おいてかれちゃいそうです。

 物件情報!甲子園7番町、比較的築の浅い、中古戸建てが出そうですよ。3000万円台後半予定。興味のある人は、担当者まで。

| | コメント (0)

2011年5月 9日 (月)

あれ?

 おはよーでござんす。最近の悩み事の一つに、雨が降るたんびに車が黄砂で真っ黄色になることです。

 ほんの数年前まで、こんなことなかったですよね。年々、ひどくなっている気がするのですが、まぁ、こっちも放射能を漏らしているわけですから、中国に強く言うこともできないですね。

 ただ、中国も大分、経済成長が浸透してきているみたいで、食の安全性とかに厳しくなってきており、いつまでも公害垂れ流しってわけでもなさそうです。一党独裁の資本主義経済って、いざという時に、大局的な観点からの意思決定が出来るので、便利なもんですね。これが、日本だったら、いつまでたっても物事一つ決めるのに、あ~や、こ~やと揉めるので、大変ですよ。

 あれっ?って思うぐらい、消費が強いみたいです。今朝の日経新聞の3面にJ・フロントリテイリング(大丸とか松坂屋の親分さんね!)の奥田会長がインタビューが掲載されていたのですが、大手百貨店の4月の売り上げ高は堅調で、『もっと悪い数字になると思っていたので意外だった。わが社の既存店売上高は前年実績を2.2%上回った。個人消費はそれほど弱くない。』と述べられています。

 あの震災と原発事故があった時、どの経営者も、ほとんど全員って言っていいほど、今後の景気の見通しを弱く想定したと思います。かくいうのりぞーも、超弱気論者でしたよ。

 一時的に、株価が暴落したときに、買い支えたのは、間違いなく外資系で、今の株価水準と、結局、為替が円高になったので、大儲けですね。

 今後、福一がどうなるのかは、予断を許さないところでしょうが、最悪の事態の中でも、消費が強いということになれば、状況がよくなれば、更なる好転も見込めるのかもしれませんね。

 帝国データバンクの景気動向を見ていても、

http://www.tdb-di.com/visitors/index.htm

 直撃した東北は厳しい数字ですが、今後の見通しは、期を追うごとにプラスの予想となっております。

 特に、前述の奥田会長もおっしゃっていますが、『北海道、大阪、神戸、福岡などの店舗は、4月は落ち込んでいない。』と。

 全て織り込んだ上での、上記の消費の強さなら、関西圏は今後、非常に楽しみになるかもしれませんね。

 実際、不動産仲介や事業の方も、順調に例年通りの動きを体感することができていますし、何よりも、芦屋・苦楽園界隈を走る、高級外車の数が、目に見えて増えてきているのを感じます。

 これは、リーマンショックの時と、はっきり違いますね。最近なんて、フェラーリーにポルシェが、大衆車のように走っていますから。

 まぁ、こんな外車ショーみたいな街は、この辺だけなんでしょうけどね。

 このまま、景気が良くなれば、いいのになぁって思うのでした。

 物件情報!超レア地のK町の分譲が飛ぶように売れています。あと1区画かな?お早めに!

| | コメント (0)

2011年5月 8日 (日)

市況報告

 おはよーでござんす。最高、63Kgまでに減っていた体重が、ゴールデンウイーク中の規則正しい食生活のせいで、あっという間に68Kgまでリバウンド!! ちょっと気を抜いたら、すぐに太りますよね。ってなことで、ジョギングと食事制限を再開。ここ最近、お昼は毎日、バナナ。昨昨日もバナナ。昨日もバナナ。んでもって今日も多分、バナナ。まさに、サルゲッチューです。んで、ようやく体重が66kgまで落ちました。

 あと、2kgはダイエットせなあかんね。あ~、白飯と焼き肉を、おもくそ食べたい!!

 今週の週刊現代に、首都圏の不動産『大暴落』という記事の特集を読みました。

 これは、どこのエリアでも言えることなんでしょうが、リーマンショックの中・小マンションデベの倒産が相次ぎ、その後の大幅な価格調整と在庫整理が、ようやく終わって、新築マンションの成約率も通常時に戻り、価格も上昇してきた矢先の地震と原発ですから、首都圏はやりきれないとこでしょうね。

 液状化の問題と、計画停電、放射能汚染とトリプルパンチの首都圏において、購買意欲が下がるのは、仕方がないとして、じゃ~、阪神間はどうなのかといいますと、

『変わんない・・・』

 が答えなんですよね。

 相変わらず、中古マンションの売れ行きも止まらないですし、資材の流通し始めた新築戸建てにしても、普通の売れ行きです。価格調整も目立ってなかったですし、仲介自体の全体のパイも例年通りと、なんじゃそりゃってとこです。

 言えることがあるとするならば、超希少地、いわゆる滅多にでない人気の土地は、とんでもない価格で、しかも速攻で決まるのに対して、いわゆるパックのエリア、例えば、土地+建物セットで3000万前半とか後半って言われ方をするエリアでの価格10%UPは通用しないって感じです。

 更なる二極化が市場で目立ってきていますので、その辺を頭に叩き込んで活動していかないと、目測を誤ると、ドッピンシャンな感じです。

 結論、阪神間、相変わらず強し!!ってとこですね。

 こんなに天気が良くて、気候もイイ日曜日なんですから、不動産なんて見に行かずに、さっさかレジャーへ行きましょう!!

 ではでは。

| | コメント (0)

2011年5月 7日 (土)

やるな~菅首相

 おはよーでござんす。メチャクチャに良い天気ですね!こんだけ天気がいいと、心がウキウキします。まぁ、のりぞーには関係ないですけどね。

 昨日、ビックリするようなニュースが飛び込んできましたね。今朝の各紙朝刊の一面にもなっているニュースですが、

『浜岡原発 全停止へ』

 ということで、菅首相は、東海地震の想定震源域である静岡県御前崎市にある中部電力の浜岡原子力発電所について、すべての原子炉を停止するよう中部電力に要請し、中部電力も受け入れる方向とのことです。

 ビックリしますね。まぁ、福島第一があのような状況なので、世論がそのように動くのは当然だとは思うのですが、あの電力マフィア達を向こうにまわし、上記のような決定を下せるというのは、政権交代の強みでしょうね。少なくとも、自民党の総裁だったら、なかなか決定できないことでしょう。

 東海大地震は、すでに秒読みに入っていると言われており、ましてや、断層の真上に原発があるわけですから、備えあれば憂いなしなんでしょうが、原発をとめることにより、トヨタ等の中部地域の生産・経済活動に電力不足による弊害が生まれる可能性も指摘されています。

 んでもって、我らが関西電力はどうなのかというと、

こちら↓

http://www.kepco.co.jp/gensi/fukui/index.html#1

 発電電力量比でいくと、関西電力の場合、原子力が48%と約半分を占めているんですよね。

 全国的に、原発廃止の機運が高まった場合、間違いなく関西は真っ暗けになっちゃうという恐ろしい現実があるわけです。

 原発にともなう事故や放射能汚染は絶対に嫌だけど、真夏にクーラーをかけれない生活も嫌ですよね。

 というわけで、関西の経済は、なんとも脆い状態であるということが浮き彫りになってるのでした。

 おーコワ。

 物件情報!芦屋市楠木町、マンハイム芦屋が出ますよ。値段は検討中。決まり次第、書き込みますね。興味のある人は、担当者まで。

| | コメント (2)

2011年5月 6日 (金)

商品市況に何がおこってるの?

 こんにちわでござんす。いや~、メチャクチャ長いゴールデンウイークの休暇でした。うちの子供たちよりも長い休暇で、全くすることがなく、メチャクチャ暇ズキンチャンでした。

 まぁ、毎年のことなのですが、日本が長期の連休に入ると、必ずと言っていいほど、海外の投機筋から狙われますね。ということで、今回も、為替が1ドル=80円を割り込む、スーパー円高を仕掛けられております。

 しっかし、大震災のとんでもない被害と、全然おさまる気配のない原発に、まだまだ完全に回復するには時間のかかる生産工場を抱えてるにも関わらず、円が強いわけなのですが、そうすると、ユーロやドルは、その円よりももっとヒドイってことになるんでしょうかね?

 気になるのが、最高値を更新中だった、あらゆるコモディティ達が急落していることです。

 今回のコモディティの高騰を引っ張ってきたNY銀は、4日間で約25%下落、当然のように金相場もそれにつれて下落、また、商品の王様、原油も4月29日の1バレル=114ドル近くからの100ドル割れと急落しております。

 まぁ、もっとも、上げ過ぎてたことからの反動ともとれるのですが、為替の動きと合わせて、なんだか日本がというよりも、世界的におかしな気配がするのは、のりぞーだけなんでしょうか?

 本当、中東の動き、ビン・ラディンの殺害、日本の震災からの原発、FRBによる大量の資金供給からのデフォルト懸念(まだ、議会は揉めてますから) 本当、いよいよコントロールが利かなくなってきてるんじゃないかと。

 アメリカのCBSのテレビ番組の電話アンケートでは、40%のアメリカ人が第3次世界大戦が起こる可能性を心配している人がいるという結果もでています。

 本当、ちっとも気の抜けない毎日が続きますね。

 物件情報!芦屋市岩園町にて土地分譲です。建築条件はありません。角地で見晴らしも良く、いいとこですよ。2区画でどちらも約59坪。価格は、6492万円と6498万円です。興味のある人は、担当者まで。

  

| | コメント (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »