« 首都圏のマンション事情 | トップページ | サンライズ計画 »

2011年5月20日 (金)

理屈

 こんにちわでござんす。深酒をした翌日っていうのは、どうしてもお腹がへります。昨日も、ラーメンをしめに食べたはずなのに、もう、起きたらお腹がへるんですよね。

 まさに、

noteどうしてお腹がへるのかな? お酒を飲むとへるのかな? いーくら食べてもへるもんだーな お姉さん お姉さん かつ丼~定食 大盛りでっnote

 って感じで、ミドリのお姉さんに注文したら、

『社長!ダイエットはどうしたんですか?annoy 大盛りはダメですっsign01

 って怒られて、普通盛りになっちゃいました。う~ん、のりぞーの会社の近所の飲食店さん達は、のりぞーの健康管理までしてくれるんですから、素晴らしいでつね。

 国家公務員の給与削減の話が話題に出ているのですが、その中に、若年層へ配慮して欲しいという声が、労組側から出ています。

 いつもお世話になっている、ある地方銀行の行員さん(28歳)が、彼女さんとご結婚されることになり、色々お話をしていたのですが、

 彼曰く、マジ話で、年収が200万円台後半であると。

 まぁ、仮に年収が300万円とすると、税引き後は270万円。ボーナスを2.5カ月と仮定したら、月の手取りが18万円くらいになっちゃいます。

 ここから、家賃、光熱費、携帯代、食費、保険、なんやかんやを差っぴくと、そりゃお小遣いなんてたかがしれてるわなっていう話になりました。

のりぞー:『お前~、大丈夫?』

行員さん:『なんとか頑張ります。』

 ってな会話をした記憶があるのですが、こういったことを考えても、若年層が車を購入したり、また、子供を作ろうとしたりする行為を敬遠するのもしょーがないことですよね。銀行さんでも、こうなんですよ。

 また、これだけ色々な娯楽・趣味が発達すれば、何も結婚までして娯楽・趣味ができなくなる方が嫌だと考える人達が増えるのも理解できます。

 消費不振、少子化の原因は、若年層の雇用・収入減が最大の原因なんでしょうね。

 東京@力の社長・会長さんの年収が7200万円という記事が出ていましたが、あのお爺様達に、そんな莫大なお金を渡しても、消費にはまわらないでしょうに。

 年を重ねるに従って、色々な欲は減退していくでしょうからね。

 ゆえに、消費不振・少子化の解決策は、若年層の所得を、もう少し手厚くしてあげれば解決するのではないかと思います。

 というわけで、本日も、日本経済を担うために、しぶしぶ、消費活動を積極的にする、のりぞーなのでした・・・。

 眠いので、お昼寝します!

|

« 首都圏のマンション事情 | トップページ | サンライズ計画 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 首都圏のマンション事情 | トップページ | サンライズ計画 »