« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月30日 (木)

訴訟社会

 こんにちわでござんす。いや~、さすが月末。決済のはしごで、スケジュールがパンパンです。

 しっかし、銀行の決済って、いつも思うのですが、もう少し早くできないものなんですかね。

 世の中がギスギスしてきて、なんでも裁判ってな感じになってきている昨今なんですが、とんでもない判決にぶったまげましたよ。

 asahi.comからね!

http://www.asahi.com/national/update/0628/OSK201106280038.html

 簡単に内容を書くと、校庭でサッカーボールを蹴っていた小学5年生のボールが、門扉を超えて道路に転がりでたところ、87歳のバイクに乗った男性がボールを避けようとして転倒し、足を骨折。その後、認知症の症状が出るようになり、翌年の7月に食べ物が誤って気管に入るなどでおきる誤嚥性肺炎で死亡。

 原告側は、その少年の両親に賠償責任があるとして、5000万円の請求したのに対し、大阪地裁は『蹴り方によっては道路に出ることが予測できた』と指摘し、約1500万円の賠償責任を認めました。

 まぁ、裁判で出た結果なので、あれこれ言うことはないのでしょうが、マジでっ!?っていう判決ですね。

 多分、上告するとは思うので、確定はしないのでしょうけどね。

 色々あると思いますよ。まず、道路に出る可能性があるのなら、学校・及び市側の施設管理の問題もあるでしょうし、骨折からの翌年に発症した認知症との因果関係もありますし、直接の死因は、食べ物が気管に入った肺炎であり、少年がサッカーボールを蹴ったからではないので、この少年もさることながら、ご両親もビックリしたことでしょうね。

 もしも、上記の判決が確定してしまうと、あらゆる事象が因果にされるわけで、子供を外で遊ばすなんて恐ろしくて出来ないことになりますよ。

 今、世の中を騒がしている原発の放射能の問題だって、この先、ガンが発生するたんびに、因果を指摘され、税金から賠償されていくのですかね?

 あまりにも、ビックリするような判決だったので、ついつい書いちゃいました。

 もうね、何て言ったらいいのか、ぶっちゃけ脱力しちゃいましたとさ。

 ではでは。

| | コメント (0)

2011年6月28日 (火)

銀座のママさん

 こんにちわでござんす。いや~、ぶったまげたお話がありました。

 営業さんたちには、非常に参考になると思う話です。

 昨日、突然、見ず知らずの銀座のママさんからお手紙をいただきました。

 内容の方は、最近、お店を開いて、仕事と美貌?には自信があるが、震災の影響等々で、思うように成果が出ていない。

 ある人の紹介から、お名前を知り、何かの機会で銀座に来ることがあれば、ぜひ、寄ってほしい。

 まぁ、簡単に要約すると、上記の内容に短縮できるのですが、綺麗な便箋に、達筆なペン字で4枚ほど、文章が書かれていました。

 もちろん、のりぞー、銀座なんて行ったこともないですし、そんなママさんなんて全く知りません。紹介って言っても、多分、新地で働いていたホステスさんが、何らかしらの理由で銀座に行き、名刺に手当たり次第に手紙を書いているのでしょうね。

 でも、郵便代が80円で、仮にお客さま100人に、上記の手紙を送ったとして、費用は8万円。

 そのうち、ひょんなことで、たった一人の手紙を受け取った人が、お店に寄るだけで、ペイするわけです。ましてや、その人がリピーターになれば、完全なる黒字ですね。

 水商売の世界も、我々と同じ、完全に営業の世界です。

 日本中には、何万人ものホステスさんがいることでしょうが、上記のような、ちょっとした工夫と行動力があれば、結果が変わってくるのでしょうね。

 誰にでも考え付いて、誰にでもできること。でも、それを本当に実行しているのは、ほんの一握りの人。

 出来る・出来ないは、環境でも、上司でも、世の中でも、なんのせいでもなく、本人のちょっとしたひらめきと努力次第ということですね。

 久しぶりに、感動する営業を見せていただき、気持ちが引き締まる思いでした。

 物件情報!サンヴェールエルゼ甲陽園。約84.95㎡。価格は、4000万円台前半想定です。興味のある人は、担当者まで。

| | コメント (0)

2011年6月27日 (月)

生き残りをかけた戦い

 おはよーでござんす。今日は、毎週恒例のグループ販売会議だったのですが、これといったトピックもなく、なんとなくダラダラした会議でしたね。

 不動産業界自体が、超成熟産業であるうえに、他業界からの新規参入も、目に見えない壁があり、なかなかドラスチックな改革が起きにくいのも原因なんでしょうね。

 でも、確実に世の中は動いております。

 今、世界中のメーカーが先を争って戦っているのが、全情報の共有化。

 例えば、お腹がすいたなぁ~って思えば、手元のポータブル機に向かって、音声認識で、

『中華料理が食べたい!』

 と言えば、位置認識から最寄りの中華料理屋さんの一覧が掲示され、更には、そのレビューから点数が弾き出され、おおよそ予算、そこまでのナビ、クーポンもついており、料理のカロリー計算もしてくれ、現在の空きテーブルもリアルタイムに・・・なんて世界が目の前まで来ております。

 逆側では、いつの時間帯に、どういった層のお客様の層がご来店され、どれぐらいの予算を使用し、一度登録されれば、その人が、どのような嗜好性を好み、家族構成から、何から何までデータに記録され、蓄積される。

 あらゆる個人の情報がデータで蓄積され、それをもとに、ビジネスが効率よく展開される時代が、もう目の前まで来ております。

 結局、収入源は、コマーシャル費用になるので、レビューの信用性が鍵を握るとは思うのですが、なんか、監視社会みたいで、ちょっと怖い部分もありますね。

 不動産業界だって、

『ア~、新築一戸建てが欲しいなぁ~!』

とつぶやいた瞬間に、

『ポーン!! 最寄りの不動産会社で、水面下の新規物件を随時提供し、レビューによる評価の高い順番は、@@不動産』

 なんて時代が来るのかもしれませんね。

 物件情報!住吉宮町6丁目にて、新築PJです。全3区画、現在のところ、3000万円台後半の想定です。興味のある人は、担当者まで。

| | コメント (0)

2011年6月26日 (日)

年収から割り出す新ターゲットゾーン

 こんにちわでござんす。東電の隠ぺい情報が次々と暴露されていっていますね。

 京都大学の小出助教授が朝生で言っていたのですが、(この人の言ってることが今までほとんど全部あたっている) 福島第一は、メルト大スルーから、ドンドン下に突き抜け、地下水が強烈に汚染されて、それがドンドン海に出ていると・・・。早急に地下ダムを建造しないと、汚染がとんでもないことになるんだそうです。

 つまり、もしそれが本当なら、今やってる水をかける作業も、汚染水の循環も何の役にもたたないってことですね。

 もうすっかり忘れられてる感のある原発問題なのですが、一向に収束の方向には向かってないってことですね。どうなるんやろ?

 大地震や原発問題がなくても、ジワジワと日本経済のパイの縮小は進行していたのですが、それに伴いサラリーマンの平均年収もドンドン下落傾向にあります。

 『年収ラボ』というサイトにサラリーマンの平均年収のあらゆるグラフが掲載されているのですが、

http://nensyu-labo.com/2nd_salary.htm

 これによると、不動産の購買層である30歳~40歳のサラリーマンの平均年収を見ますと、

30歳~34歳  男性 427万円 女性 291万円

35歳~39歳  男性 497万円 女性 285万円

 平成21年度 国税庁の調査より

 となっています。ここに更に、大震災と原発の影響が重なるわけですから、更なる減少は読み取れますね。

 そうなると、不動産購入の主力層の平均年収は、おおよそ約440万円くらいになります。

 夫婦共働きの年収合算で、約720万円くらいですかね。

 あとは、考え方にもよりますが、通常よく言われるのが、年収の6倍とするならば、

 世帯主だけのローンで 2640万円

 年収合算で 4320万円

 となります。あとは、頭金がどれだけか?で総予算が決まってきますね。

 以上のことを考えると、どのゾーンの商品を開発すれば売れ筋になるかが分かってくると思います。

 どう考えても、この先、年収が上がるようなことはなさそうなので、それに合わせて考え方も変更していかないとですね。

 ではでは。

| | コメント (0)

2011年6月25日 (土)

Lux Jewelry Box

 こんにちわでござんす。梅雨が明けたわけではないのに、嘘みたいに暑い日がつづきますね。節電!節電と騒がれてても、結局、みんな暑さには勝てないみたいで、東電も関電も、電力供給量のギリギリまで来ているみたいで(笑

 このままいけば、こんなに暑いのを我慢するぐらいなら、原発再開もやむなしの声が出てきそうですね。

 まさに、喉元過ぎればなんとやらですね。

 不動産ドットコム㈱の仲介部門を切り離して出来た100%子会社の不動産ドットコム販売㈱ 面接も順調にこなし、あとは研修を受けて、免許がおりるのを待つばかりです。

 時を同じくして、もういっちょ! 不動産ドットコム㈱の100%子会社

『 ㈱ Lux Jewelry Box』 (意味:光る宝石箱)

が出来ました。イエーイ!!

 この会社が何をするのかと言いますと、ネット販売を展開していく予定です。

 初期投資が少なく、設備投資もかけずに、更に、ランニングコスト(主に人件費)を抑えたビジネスということで、ずっと温めていた企画ですね。

 主に、レディースブランドを仕入れて、ネットで販売をしていきます。のりぞーも色々勉強したのですが、本当、服の原価ってビックリするほど安くて、店舗費や人件費を削ることにより、市場価格よりかなり安く提供することができます。ゆくゆくは、化粧品とかも販売したいなぁ~って考えています。

 今までの、不動産の売買と違って、こちらの方は、利益@@百円、@@千円を積み重ねる商売なのですが、何か新しいことに挑戦していかないとですもんね。

 というわけで、現在、ホームページとかを作成中ですので、完成したら、またここで紹介しますね。

 次は、Lux Jewelry Boxをよろしくです!! 

| | コメント (0)

2011年6月24日 (金)

求められてる人材

 おはよーでござんす。FOMCも終わって、どうやら、世界的に株価を支えてきたFRBからの大量の資金供給は、QE2で打ち切りみたいですね。

 まぁ、そりゃそうか。世界中で、インフレ懸念が発生し、そのお陰であちこちで暴動が発生したわけですからね。もっと言えば、FRBもこれ以上風呂敷を広げたら、もうコントロール不可になりますもんねって、すでにコントロール不可やったりして・・・。

 というわけで、ここ1年ほど、株価や世界の景気を支えてきた、お金ジャブジャブ政策は、いったん終了するわけなのですが、今後はどうなるのやら。

 2周連続の外人売り越しが気になるところですね。

 本日の日経新聞に掲載されておりました、『企業が求める人材』。

 求める人物像に変化が起きているみたいで、今までの『チームワークを尊重する人材』から『指示されたことだけでなく、自ら考えて行動できる人材』を育成したいと答えた企業が78%を占めたそうです。

 まぁ、コミュ力があることは、大前提として、それだけではなく、ワールドワイドで戦うためには、更なる積極性と企画力が求められるんでしょうね。

 今、企業が求める、『自ら考えて行動できる人材』とは。

 与え指示された仕事でさえ、満足にこなすことが出来ない人が多い中で、これは難しい要求ですね。

 まず、自ら考える為には、そのベースとなる、圧倒的な知識が必要ですし、行動ができるということは、知識だけではなく、その知識を知恵に変換し、なおかつ実行及びチェックが出来ないといけないわけですから、それはそれは大変な能力ですよ。

 知識なんてもんは、一朝一夕では身につかないし、行動力も習慣のたまものです。

 つまりは、日々の継続した努力が必要であり、結局、コツコツしてきた人には勝てないという不変の法則が、ここでも炸裂するというわけですね。

 物件情報!マンハイム芦屋。84.20㎡。価格は2480万円です。現在、リフォーム中。興味のある人は、担当者まで。

| | コメント (0)

2011年6月23日 (木)

原因と結果

 おはよーでござんす。最近、休みの日は、一日中寝てることが多く、やはり寄る年波のせいで、体が疲れてるんですかね。

 お陰で、明けの木曜日は、すこぶる体調がGOODです。

 物事の結果には、必ず原因があります。

 今ある自分は、何カ月前、何年前の自分自身がしてきたことの結果であり、そこにマギレは存在しません。

 今ある自分は、近未来・未来への原因であり、それを毎日実感して生きていくのと、そうでないのとでは、雲泥の差が出て当然ですね。

 だから、たまーーーーに、思い出したように、下記の十則を読み返すだけでも、気持ちが引き締まりますよ。

 電通鬼十則

  1. 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。
  2. 仕事とは、先手々と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。
  3. 大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。
  4. 難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。
  5. 取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。
  6. 周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。
  7. 計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
  8. 自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚みすらない。
  9. 頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。
  10. 摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。

 とても、僕の生まれた年につくられた名訓とは思えないぐらい、現代でも通用しますね。

 忘れないように黙読するだけでも、人生が変わりますよ!!

 ではでは。

 

| | コメント (2)

2011年6月20日 (月)

SNS

 おはよーでござんす。クラウドが主流になるに連れて、またまたインターネットの世界では、大きな変革が生まれそうですね。

 今までの形態と大きく違うのは、いつでもエンドユーザーが自分の所有するデータをクラウドから取り出せるということですね。

 その結果、どういったことが起こるかというと、顧客の囲い込み大作戦ですね。

 自社のデータベースにいかに多くの顧客を囲い込むかが、広告ビジネスの主流になっているために、低価格化とスピード、サービス能力の競争激化がすごいことになってきています。消費者にとっては、うれしいことですけどね。

 いまいち、理解しきれていないので、あってるのか少々不安なのですが、まぁ、こんな感じでしょう。

 今、その世界では、グーグル王国が崩れつつあり、新興勢力として、Facbookとグルーポンが凄い勢いで伸びてきています。

 特にFacbookは、滞在時間が長いということで、俄然、広告主体としての価値が高まってきているみたいですね。

 当然、こういったSNSと商売は密接にリンクしていて、たとえば、お友達の誕生日を知らせてくれ、その人の好みが瞬時にして表示されたり、企業の採用や名刺交換の際にも、SNS経由でその人を知るなんてことが日常化してきております。

 匿名性が根強い日本と言われ続けてきましたが、(2ちゃんやミクシィが強い)この流れも変化してきそうですね。

 多分、不動産仲介のあり方も、これらツールを使ったものが、主流になってくることでしょうから、勉強してついていかないとダメですね。

 アンケート用紙のかわりに、Facbookでお客様と営業マンのプロフ交換であるとか、その場で、物件資料を転送するとか、いろいろ出来そうですね。

 ほよー、大変な時代になってきたもんです。

| | コメント (0)

2011年6月19日 (日)

いい話だにゃ~

 noteマル・マル・モリ・モリ みんな食べるよnote

 noteツル・ツル・テカ・テカ 明日も晴れるかな~?note

 noteダバデュア ダバジャバnote

 ギザかわゆすheart02

 昨日、K社員から、嬉しい報告を聞きました。

 当社のオープンハウスにご来場頂いたお客様のお話です。K社員は、まだ入社したての新人営業マン。正直、先輩営業さんのフォローがなくては、説明もままならないのですが、そのお客様のご要望に一生懸命こたえようと、資料を持っていったり、ご説明に行ったりと日参していたそうです。

 ある日のこと、そのお客様が、約束をしているわけでもないのに、フラッと会社にお寄り頂いたみたいで、その時に、

『Kさんほど、一生懸命、色々とお世話をしてくれた営業さんはいなかった。今回の物件がどうなるかはわかりませんが、購入する時は、Kさんから買いたいです。』

 というニュアンスのお言葉と、お菓子かな?の差し入れを頂いたそうです。 

 まぁ、K社員も、そのお言葉にエラク感動したみたいで、

『営業って、面白いです!!』

と言っていました。

 のりぞーも、新人の時を思い出しましたね。営業のお仕事って、相手の喜びが自分の喜びとなる、本当に、素晴らしい職種だと思いますので、その気持ちを忘れることなく、今後も邁進して欲しいものです。

 というわけで、

 noteマル・マル・モリ・モリ みんな食べるよnote

 noteツル・ツル・テカ・テカ 明日も晴れるかな~?note

 noteダバデュア ダバジャバnote

 ギガントかわゆすheart04

 

| | コメント (0)

2011年6月18日 (土)

毎度バカバカしいお話で・・・

 こんにちわでござんす。都心では、夜間のコンビニの電気が消えていたり、駅構内が薄暗かったりとの話を聞き及ぶことができるのですが、今回の大震災にも、原発問題にも、ほとんど対岸の火事だった我がチーム関西。関西電力からは、この夏15%の節電要請が出ているのですが、多分、ほとんどの人がピーンときてないんとちゃうかなぁ~。

 そもそも、関西人は、

『俺一人ぐらいが節電しても、関係ないやろ~!!』

的な気質を持っている人が多いことでしょうから、今年の夏の関西の節電状況は、非常に興味深々ですね。

 毎度バカバカしいお話で・・・。やっぱりな~ってことが起こっています。

 ここにきて、大手住宅メーカーが合板などの建築資材の大量在庫に苦しんでいるようです。(フジサンケイ ビジネスアイより)

 震災当初、政府は、プレハブ建築協会に3万戸の仮設住宅の供給を求めました。その後、被害規模が明らかになると国土交通大臣が業界幹部を大臣室に呼び、更に3万戸の追加要請。更に、1万2000戸を積み増し、要請した総戸数は7万2000戸へ。

 しかし、その後、予算の関係で、5月中旬には必要戸数は5万戸までに減少。

 その結果、上記の大手住宅メーカーが合板などの建築資材の大量在庫に苦しんでいるということになっているみたいです。しかも、政府は、『資材調達は業者の責任。政府が負担する考えは一切ない。』とのことなので、全部、負担は業者もちという、とんでもないことになっていますね。

 あれだけ、建築資材がない、建築資材がないと国中で言っていたのに、3ヶ月後には、大量の在庫で困っているとは、

まーさーにー!!

 米騒動の時と、全く同じ展開ですね!(笑

 なんとも、毎度バカバカしいお話なのでした。

 というわけで、建築資材、じゃじゃ余りですよっ!!

 物件情報!ワコール西宮AXE。駅近ですね。平成20年築、3LDK、専有75.56㎡。価格は3080万円です。興味のある人は、担当者まで。

| | コメント (0)

2011年6月16日 (木)

ソブリンリスク

 おはよーでござんす。まぁ、ほとんど毎日と言っていいほど、外食なのりぞーなのですが、たま~~~に、お家で晩ご飯を食べる時があります。外食の時は、お酒を飲みながら食べるので、食べる量そのものは少ないのですが、家で食べる時は、お酒を飲まないので、どうしてもドカ食いをしてしまいます。そんな時は、朝方、体重計にのると、2Kgぐらい太ってるんですよね。もう、ビックリです。やっぱり、家でご飯を食べるのは、ホドホドにしないといけないってことですね。

 もう知っている人も多いとは思うのですが、米国では債務(国債)の上限が法律によって決められています。オバマ大統領は、就任以来、一貫して財政出動をさせて金融危機回避の政策を次々に打ち出してきました。当然、それに伴い、財政赤字が膨張していったのですが、とうとうここにきて法定上限の債務額まで来てしまったのですね。現在の所、8月2日までに、法律で上限を改正しないと、デフォルトをおこすことになるのですが、共和党が上限引き上げ絶対拒否の姿勢のため、徐々に緊張感がたかまってきております。

 一方、ユーロの方を見てみても、昨日、ギリシャの10年物国債利回りが、18%前後に上昇。(国債価格は暴落ね!) ユーロ導入後の最高値をつけています。また、ユーロはギリシャだけではなく、アイルランド、ポルトガル、更には、イタリアという強烈な波乱要因を抱えたままの状態です。

 トヨタの社長が、『日本でのモノづくりの限界超えた』と発表されていましたが、円高と電力不足懸念から、もう製造業は限界に来ていると悲鳴をあげられています。

 そんな状態で、アメリカ=ドルとユーロのソブリンリスクが炸裂したとすれば、もしくは、それを市場が織り込み始めるとしたら、またまた、消去法によるえげつない円高となるんでしょうね。

 強烈な大震災があって、放射能ダダ漏れなのに、円高って・・・。どんだけ日本強いねんって感じですね。

 遅ればせながら、ジワジワと、年後半へ向けて、経済は明るい展望はないですね。

 

| | コメント (0)

2011年6月14日 (火)

働かなっ!!

 おはよーでござんす。5月病って言葉があるのですが、意味を調べると、『新人社員や大学の新入生などに見られる、新しい環境に 適応できないことに起因する精神的な症状の総称である。』となっています。

 わが社の新卒新人、K社員にも、やはり5月病が襲ってたみたいで、のりぞーからこってり絞られてましたね。(笑

 入社したては、極度の緊張で、張り切っていたものが、やがて少し環境になれてくると、仕事に対して疑問を持ったり、遊びたいという気持ちが優先しちゃったり、緊張が緩んでだらけてしまったりというような経験は誰にでもあることだと思います。

 よく、社員さん達に伝えるのですが、仕事の意味とは何なのか?

 生活をしていくために仕方なくする義務?

 やりがい?

 僕は、いつも思っているのですが、仕事とは、『一生をかけて自分自身を鍛錬する手段』だと思っています。

 それは、知識・知恵の蓄積であったり、精神的なコントロールであったり、技能的な向上であったり、はたまた、培ったものを後輩たちへ伝えていく役目であったり、総じて言えることは、『仕事を通して徳を積む』作業の繰り返しであると。まぁ、修行みたいなもんですね。

 今、自分自身がしている仕事が、何の役にたつのか?何を得ることが出来るのか?なんてことを疑問にすら持たずに、愚直なまでに、仕事にまい進すれば、必ず、その先に、色々なものが見えてくると思うんですよね。

 だから、人間は、働かなダメなんですよ。現世に生を受けて生きている以上、自分自身が人間的に成長していると実感させてくれる、最も有効なツール、それが『仕事』なんですよ。

 お客様からの嫌なクレームも、自分自身を精神的に、また技術的に、知識として成長させてくれると思えれば、それまた有難い感謝なんですよね。

 というわけで、これから何度も壁にぶつかることはあることでしょうが、謙虚に愚直に、自分自身を成長させてくれる、『仕事』って、最高に楽しい修行の場なんですよっていうお話でした。

 まぁ、でも、のりぞーは遊びの方が好きですけどね~!(^π^)/

 じゃね~paper

| | コメント (0)

2011年6月13日 (月)

面接

 こんにちわでござんす。ここの所、異様にバタバタしておりまして、ブログの更新もちょいとさぼっちゃいましてすいません。

 今日も、今から、もうすぐ誕生する、『不動産ドットコム販売株式会社』の面接があるので、行ってきます。

 不動産を開業する場合は、協会に属さない場合、供託金として1000万円を供託しないといけないのですが、ほとんどの場合、全宅連か全日連に加盟をします。

 今までの、不動産ドットコムは、全日連=うさぎさんチームに属していたのですが、今回の不動産ドットコム販売は、全宅連=ハトさんチームへの所属となります。

 阪神間の場合は、圧倒的にハトさんチームが多く、今後のことも考えて、全宅連さんへお世話になることにしました。役員の方々も、知っている人が多いですしね。

 ということで、今から面接に行ってきます。はぁ~、緊張しますね。

 明日から、まともなブログの更新を頑張りますので、よろしくです。

 ではでは。

| | コメント (0)

2011年6月10日 (金)

エネルギー政策

 こんにちわでござんす。AKBの総選挙は前田敦子で決まりましたね。民主党の代表選より盛り上がるAKBの総選挙ってどうなん??って感じですね。(笑

 東京電力の株価が、とうとう200円を割り込んで、一瞬、150円をタッチしましたね。

 インフラ企業なので、絶対に潰れることはないという神話が脆くも崩れた瞬間です。

 まぁ、政府があれだけ東電の賠償に対して厳しい姿勢で臨んでいるのですから、この株価もうなずけます。

 後から後から、隠ぺいしていた情報が出てきており、また、津波ではなく地震の段階で、原発が壊れていたことがわかったわけですから、まさに人災であり、これからもっと厳しく追及されても仕方がないところですね。

 自民党なら、十中八九、国民の税金で救済していたことでしょうし、原発もそのまま推進していたことでしょうから、そういった意味では、民主党はよくやってると思います。

 一般家庭が手の出せない、原発という電力供給の独占化故の利権構造から、世論におされて、太陽光であるとか、風力等々の自然エネルギーをつかった電力の自由化が進めば、産業構造自体も、劇的に変化するじゃないでしょうかね。

 東京や都市部への一極集中、農村部の過疎化が、ずいぶん問題視されていましたが、電力の自由化により、誰しもが電力供給できるようになれば、逆に、田舎の安い土地が俄然クローズアップされる起死回生の逆転劇が生まれるかもしれませんよ。

 田舎の土地は、売りに出しても、値段の問題ではなく、買い手がいないケースなんてザラだったのですが、大規模な風力発電や、大規模な太陽光パネルの設置が可能なのは、間違いなく田舎の安い土地でしょうからね。

 そういった視点で不動産をみてみると、面白いかもしれませんよっていうお話でした。

 では、よき週末を。

| | コメント (0)

2011年6月 9日 (木)

自殺者増加

 こんにちわでござんす。今日は、M総帥やポッター社長は、釣りに出かけているみたいですね。もちろん、のりぞーはお仕事です。人にウォークマンを買いに行かせて、釣りとは結構な御身分なこったですね。爆釣らしいですけど。

 不気味な統計が発表されています。先月の5月に自殺した人の数が、前年同月比18%増。4月に比べても23%増との数字が警察庁より発表されました。

 また、自殺した人の数は、国が相談窓口を増やすなどの対策を強化した結果、去年からことし3月にかけては減少傾向が続いていましたが、東日本大震災のあとの4月からは2か月連続で去年よりも増加しています。

 直接の原因として、東日本大震災が関与しているのかどうかは分かりませんが、のりぞーが思うところに、連日連夜の原発報道により、無気力・将来への不安・過度の緊張等々、PTSD的なものがあり、結果、この数字になったのではないかという気がしてなりません。

 僕自身、震災直後の、放射能の問題が不確定だった時は、(今も全然不安定要素満載なのですが、人間の恐ろしさか、慣れてしまいました。)物凄く色々なことを考えたものです。そう考えると、精神的に弱い人達が、どういう思考になるのかは容易に想像がつくんじゃないでしょうか。

 高度経済成長時代と違って、今の、日本における将来への展望は、暗い見通しの方が圧倒的に多い中で、こういった自然災害であるとか、原発の問題が押し寄せてきているわけですから、『明るく希望を持とう!』なんて、気安く言えないのは理解できますが、かと言って、自殺するのはどうかと思うんですよね。

 物質的な豊かさから、もうちょっと精神的な豊かさに価値観を見いだせる世の中を、今の日本は必要としているのかもしれませんね。

 国・地方をあげて、死ぬ直前までの学校(かなり多趣味なコースを用意して)なんて知的好奇心も満たせるし、孤独感もなくなるし、ボケ防止にもなりそうですし、高齢者の消費も促せそうで、面白いんじゃないかと思うんですけどね。少子化で、小学校も余ってそうですし。

 『人生第二の学生生活』なんてキャッチで、定年後の学校があってもいいんじゃないかと思うのでした。

 ではでは。

 

| | コメント (0)

2011年6月 7日 (火)

家事代行サービス??

 こんにちわでござんす。梅雨入りしたというのに、雨が降らないですね。降ったと思えば、とんでもない集中豪雨だったり。そういや~、ここ最近ですよね、まとまって集中豪雨的な降り方をするのは。異常気象が当たり前みたいになってますね。

 まぁ、昔からあるのは知っていたのですが、凄い進歩しているんですね。『家事代行サービス業』

 ハウスクリーニングは当たり前のこと、ゴミだしサービスとか、アイロン掛けとか、洗濯、料理、郵便受け取りとなんでもござれの様相であります。

 要介護者のご家庭とか、単身赴任の家庭とかのニーズなら理解できるのですが、最近では、家事が出来ない人がいるとか・・・。

 洗濯機とか、食器乾燥機、レンジにオーブン、あらゆる家電商品が昔に比べたら超便利になったにも関わらず・・・。

 凄いのになると、女子大生が2人セットで派遣される家事代行サービスなんかもあり、何を狙っているのやら。(笑

 共働きが当たり前になったり、現代病の一種である家事が出来ない家庭が増えていくのなら、付加価値マンションの一つとして、高機能家事代行サービス付高級マンションなんてジャンルが、普通に出てきてもおかしくないかもですね。

 ではでは。

| | コメント (2)

2011年6月 6日 (月)

リフォームポイント制度

 おはよーでござんす。暑い夏が、もうそこまでやってきていますね。本日から、当社も模様替えをして、夏仕様へチェンジしております。

 環境省主導の『スーパークールビズ』を見習って、のりぞーも夏っぽい私服で会社に行くのですが、多分、お客様は『誰や、あれ?』って感じなんでしょうね。(笑

 本日の日経新聞一面に、住宅関連の記事が掲載されております。現在、施行中の『住宅エコポイント』が予想以上の申し込みがあったために、予定の12月を前倒しして7月に打ち切ることになり、新たな住宅市場の活性化と消費喚起策の必要性から、今年の秋をめどに、『個人が住宅をリフォームする際に商品券などと交換できる新住宅ポイント制度』の導入する検討に入ったみたいです。

 現在の所は、リフォーム費用の5%前後のポイントで、1ポイント=1円分。

 そうなると、300万円のリフォームで、15万円分の商品券と交換になりますね。

 ふぉー!!面白そうですね。今回は、エコやバリアフリー、耐震とかの条件は付かないみたいなので、全てのリフォームが対象となりそうです。

 というわけですので、現在、リフォームを検討しておられるお客様は、秋口まで待った方がいいですよっていうお話でした。

 物件情報!段上町6丁目。新築。3980万円~。興味のある人は、担当者まで。

| | コメント (0)

2011年6月 5日 (日)

メーカーのお客様がだぶつく

 こんにちわでござんす。noteシャッ シャッ シャッ シャッ エビバーディnote

 不動産業者が分譲用に金融機関からお金を借りて土地を購入する場合、金融監督庁の指導及び、行内の規則により、必ずといってイイほど、『加工をしなさい。』という条件がつきます。

 この場合、『加工』とは、すなわち建物を建築して新築として売り出しなさいということですね。

 中古の家がのっていて、解体更地にしたからといって、『加工』とはなりません。

 なぜこのような決まりがあるのかというと、バブル時代の反省から、『土地転がし』を禁じるためなんですね。

 いわゆる、『加工』=『生産をしなさい』ということなんですね。

 営業さんの中には、『土地で譲って欲しいというお客様がいるんですけど・・・。』と気軽に言われますが、毎回、そういった形で転売活動をしていますと、本当に銀行の本部から融資に否定的な見解が出ることがあり、事業主さん達にとっても頭痛の種になるわけです。

 家のブランドを重視している業者さん以外は、ぶっちゃけ、転がして販売した方が、楽ちんですし、借り入れている期間も少なくてすみ、その分、金利も少なくなるわけですからお得ですもんね。

 ってなわけで、なかなか良い土地のみの分譲といった商品がないのです。

 その結果、ハウスメーカーのお客様(好きなメーカーで建築したいと考え、ずっと土地のみを探しておられるお客様達)が、相当数ダブついているみたいで、条件なしの土地なら、セット価格の物件よりも、はるかに高い金額で決まってしまっているケースもチラホラ見受けられます。

 例えば、建売設定で、坪100万円の土地が、条件をはずしたら坪120万円で売れたなんてケースが出てくるわけですね。

 まぁ、バブル時代みたいな、昨日買って、明日売ったら、倍になってたなんて時代じゃないのですから、金融機関さんも、もうちょっと融通をきかして、市場の要望にそった形を了承して頂けたら、流通も促進されるのになぁ~なんて思うのでした。

 もちろん、その辺は、普段からの金融機関さんとのお付き合いの度合い等にもよりますので、つくづく、金融機関さんとのお付き合いって大事になってくるわけです。

 ではでは。

 

| | コメント (0)

2011年6月 4日 (土)

微妙な判断

 おはよーでござんす。木曜日の朝の会議の時に、うちのT社員との会話。

T社員:『社長!僕、明日、明石で学科試験があるので、夕方からの出社でいいですか?』

のりぞー:『えっ!?もう、学科試験なんや。勉強できてんの?』

T社員:『いや~、車の試験ですよ。勉強もしてますし、楽勝ですよ。明日は、家の車で会社に来ますんで、駐車場あけといてくださいね!』

全社員:『おーー!!』

 ってな会話があったのですが、その日の夕方に、原チャリに乗った、T社員が、『ただいま、帰りました。』って言いながら、登場した姿は、多分、のりぞーの一生の思い出になることでしょうね。

 不動産の仲介をしていますと、物凄い微妙な判断に迫られることが、ちょくちょくあります。

 大手仲介業者でさえ、ここまで調査・告知するのか?なんてことがあるのですが、原則、当社の方針は、

『将来、購入者が少しでも起こりえるリスクが想定される場合は、徹底に調査・告知すること。』

を決めごととしています。

 目先の数字が欲しいという営業さんの気持ちは、痛いほど理解できますし、会社的にも、それぐらいのことだったらって思うこともあります。

 でも、そういった気の緩みが、後々、とんでもないリスクを発生させ、目先の収入よりも、営業さんにとって、もっと辛いことが待ち受けていることを知っていますし、何よりも、購入者にとったら、新しい門出が悪夢になるわけですからね。

 だから、そういった微妙な事案が発生した時は、まず、阪神県民局の見解と弁護士の見解の二重・三重のチェックをいれます。

 年間、1~2億クラスの仲介を、毎年する当社にとって、トラブルは即、死活問題になりますからね。

 多分、阪神県民局への問い合わせ件数は、うちの会社がブッチギリで多いんじゃないかな?(笑 実際、県民局さんも、そう言っていたし。

 というわけで、自動車の試験に落ちる社員はいるのですが、不動産に関しては、会社的には、かなり細かい姿勢で臨むようにしておりますので、自動車の試験に落ちる担当者以外の担当者のお客様は、安心してくださいね。

 物件情報!中古戸建て。甲子園7番町。土地110.26㎡、延べ床116.51㎡、平成15年築、価格3980万円です。興味のある人は、自動車の試験に落ちた担当者以外まで。

| | コメント (0)

2011年6月 3日 (金)

田中! 桜散る

 もうね!! 今時、信じられないですよ。

 にゃんと、うちの田中社員。車の免許がなかったのですが、本人たっての希望で、特別に許可を出し、会社を早引きさせてまで、自動車学校に通わせていたのですが、ようやく卒検も通り、本日、明石にて、学科試験だったのですが、

『落ちよった!!』

 はぁ~~~~annoy 今時、学科試験落ちるかぁぁあ??

 田中社員のお客様は、気をつけてくださいね。車の学科試験に落ちるような担当から、不動産なんて買えないですよーーー。

 本当に気をつけてくださいね~!!

| | コメント (4)

恐ろしい誤解

 こんにちわでござんす。その昔、『嘘つきは泥棒の始まり』と親に教わり、叩きこまれたのりぞーとしては、もうね、昨日のドタバタ劇は、なんなのかと。

 辞任表明をした菅総理が、『やめるつもりはない。』と言ったかと思うと、議員辞職をすると言って辞めなかった鳩山元総理が、そんな菅総理にむかって、『人間、嘘はついてはいけない。』って言うんですから、もうね、一体、彼らは何なのかと・・・。同じ、人間とは思えないんですけど。

 物凄い、誤解がありそうなので、書き込んでおきます。

 今、阪神間を代表する建売業者さんと言えば、二大巨頭の2社があります。多分、この2社で、新築分譲の8割近くをやってるんじゃないかなぁ~。

 当然、それだけのシェアを張り続けるわけですから、儲かっているのは、儲かっていることでしょう。

 でもね、ちまたで言われるような、ぼったくりっていうようなことは、現実的に不可能だと思うんですよね。

 まず、強烈な利益を上げようと思えば、方法論は限られており、土地の仕入れを強烈に安くするか、建物の施工費用を強烈に安くするか、販売価格を強烈に上げるかしかないと思います。

 では、最初の土地の仕入れを強烈に安くするということですが、まずもって不可能に近いでしょうね。彼らほどのシェアを占めようと思うと、入札案件であったり、同業他社さんとの競り合いに勝たなければなりません。

 特に阪神間の買取業者さんは、元気な業者さんが多いので、物凄い競争になります。必然的に、安く買うなんてことは、不可能なんですよね。それに、売り側のエンドさんにしても、不当に安い値段で売るはずもなく、また、仲介業者にしても、超不当に安い値段で仲介をしてしまうと、問題が発生するのも事実です。よって、強烈に安く仕入れることは、不可能となります。

 次に、建物の施工費用を強烈に安くするということですが、これまた、不可能です。確かに、大量のロットを発注することによって、弱冠、値段は抑えられることでしょうが、ドットコムで建てるのと、金額ベースでみたら、たいして変わらないですよ。

 だって、のりぞーも、色んな下請けさんと話しているわけですから、受注単価ぐらいわかっちゃいます。よって、これも無理。

 最後に、販売価格を強烈にあげるという方法ですが、これも、お客さんが買わんでしょ。高いと判断されるなら、売れ残ることですし、売れているということは、それが相場なわけです。自分が、高いと思っても、他の人が購入しているのなら、相場観を改めるべきですね。

 みんな、建売業者さん達は、ギリギリのところで攻防をしています。多分、8%~10%の収支目標をたてて事業をしているのじゃないですか?

 4000万円の建売だとしたら、粗利益は400万円くらい?多分、300万円くらいとちゃうかな?

 そこから、事務所維持費、光熱費、人件費、車両維持費、金利、アフターメンテナンス費、うんたらかんたらで、一体、どれだけのお金が残るというのか?

 とてもじゃないですが、ぼったくりなんて表現は当てはまりませんね。

 調子の良い、年度は、例えば、年間100棟したとして、実質、完全な利益が200万円/棟残ったとして、2億円の利益。そりゃ、何10億も売り上げ上げてたら、それぐらいの利益は残らないとおかしいでしょ。

 それに、リーマンショックや、今回の震災などの、アクシデントがあった時なんかは、全部、吐きだしなんですよ。

 というわけで、建売業者さんが、ぼったくりっていうのは、完全なる誤解ですね。ってか、今時、そんなことは出来ないです。昔は、競売とかであったみたいですけどね。

 のりぞーのとこの、この前、お引き渡しした建売なんて、青田の段階(家が建つ前の土地の段階)で売れてるのに、200万円以上も損したんですから!!プンプンannoyannoy 

 プロが目利きして購入して、造成して、家建てて、200万円損して、お客様にお渡しするなんて、もうね、ナイチンゲールもビックリですよ。

 銀行も笑っとるし・・・。おひさまも笑ってるし・・・。ルールルルルッルーやし。

 note今日~も、イイ天気~noteannoy

| | コメント (0)

2011年6月 2日 (木)

仲間

 こんにちわでござんす。今、のりぞーのお部屋では、NHKが流れていて、本会議で内閣不信任案が提出されています。

 大島さんが、趣旨弁明をやっているのですが、野次ばっかりで、はぁ~~、この人達が国民の代表なんって、なんだか悲しくなってきますね。

 どうせ、政治がどうなろうと、多分、日本丸は勝手に進むので、どうでもいいですけどね。

 『仲間』の意味を辞書で調べますと、『一緒に物事をする間柄。また、その人』と記述されています。

 のりぞーが今のポジションにあるのは、それは、色々な人達の協力や援助があった上でのことですし、特に、人生の転機において、すごくお世話になった人達がいます。

 当然、出来うる限り、お世話になった人達に、お返しをしたいのですが、もっと、大事なことは、次に助けを求めている友達や仲間に手を差し伸べることだと考えています。

 『金の切れ目が縁の切れ目』ってことわざがありますが、本当の仲間とは、金や肩書きに関係なく、大変でつらい時にこそ、厳しく手助けすることだと思います。

 最近、個人的に、凄く上記の寂しいことがあったので、自分自身を戒める意味でも、書き込みましたが、自分は、そうはならないように気をつけて生きていきたいもんですね。

 くだらない国会の中継を見ながら、心から思うのでした。

| | コメント (2)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »