« 生き残りをかけた戦い | トップページ | 訴訟社会 »

2011年6月28日 (火)

銀座のママさん

 こんにちわでござんす。いや~、ぶったまげたお話がありました。

 営業さんたちには、非常に参考になると思う話です。

 昨日、突然、見ず知らずの銀座のママさんからお手紙をいただきました。

 内容の方は、最近、お店を開いて、仕事と美貌?には自信があるが、震災の影響等々で、思うように成果が出ていない。

 ある人の紹介から、お名前を知り、何かの機会で銀座に来ることがあれば、ぜひ、寄ってほしい。

 まぁ、簡単に要約すると、上記の内容に短縮できるのですが、綺麗な便箋に、達筆なペン字で4枚ほど、文章が書かれていました。

 もちろん、のりぞー、銀座なんて行ったこともないですし、そんなママさんなんて全く知りません。紹介って言っても、多分、新地で働いていたホステスさんが、何らかしらの理由で銀座に行き、名刺に手当たり次第に手紙を書いているのでしょうね。

 でも、郵便代が80円で、仮にお客さま100人に、上記の手紙を送ったとして、費用は8万円。

 そのうち、ひょんなことで、たった一人の手紙を受け取った人が、お店に寄るだけで、ペイするわけです。ましてや、その人がリピーターになれば、完全なる黒字ですね。

 水商売の世界も、我々と同じ、完全に営業の世界です。

 日本中には、何万人ものホステスさんがいることでしょうが、上記のような、ちょっとした工夫と行動力があれば、結果が変わってくるのでしょうね。

 誰にでも考え付いて、誰にでもできること。でも、それを本当に実行しているのは、ほんの一握りの人。

 出来る・出来ないは、環境でも、上司でも、世の中でも、なんのせいでもなく、本人のちょっとしたひらめきと努力次第ということですね。

 久しぶりに、感動する営業を見せていただき、気持ちが引き締まる思いでした。

 物件情報!サンヴェールエルゼ甲陽園。約84.95㎡。価格は、4000万円台前半想定です。興味のある人は、担当者まで。

|

« 生き残りをかけた戦い | トップページ | 訴訟社会 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生き残りをかけた戦い | トップページ | 訴訟社会 »