« 家事代行サービス?? | トップページ | エネルギー政策 »

2011年6月 9日 (木)

自殺者増加

 こんにちわでござんす。今日は、M総帥やポッター社長は、釣りに出かけているみたいですね。もちろん、のりぞーはお仕事です。人にウォークマンを買いに行かせて、釣りとは結構な御身分なこったですね。爆釣らしいですけど。

 不気味な統計が発表されています。先月の5月に自殺した人の数が、前年同月比18%増。4月に比べても23%増との数字が警察庁より発表されました。

 また、自殺した人の数は、国が相談窓口を増やすなどの対策を強化した結果、去年からことし3月にかけては減少傾向が続いていましたが、東日本大震災のあとの4月からは2か月連続で去年よりも増加しています。

 直接の原因として、東日本大震災が関与しているのかどうかは分かりませんが、のりぞーが思うところに、連日連夜の原発報道により、無気力・将来への不安・過度の緊張等々、PTSD的なものがあり、結果、この数字になったのではないかという気がしてなりません。

 僕自身、震災直後の、放射能の問題が不確定だった時は、(今も全然不安定要素満載なのですが、人間の恐ろしさか、慣れてしまいました。)物凄く色々なことを考えたものです。そう考えると、精神的に弱い人達が、どういう思考になるのかは容易に想像がつくんじゃないでしょうか。

 高度経済成長時代と違って、今の、日本における将来への展望は、暗い見通しの方が圧倒的に多い中で、こういった自然災害であるとか、原発の問題が押し寄せてきているわけですから、『明るく希望を持とう!』なんて、気安く言えないのは理解できますが、かと言って、自殺するのはどうかと思うんですよね。

 物質的な豊かさから、もうちょっと精神的な豊かさに価値観を見いだせる世の中を、今の日本は必要としているのかもしれませんね。

 国・地方をあげて、死ぬ直前までの学校(かなり多趣味なコースを用意して)なんて知的好奇心も満たせるし、孤独感もなくなるし、ボケ防止にもなりそうですし、高齢者の消費も促せそうで、面白いんじゃないかと思うんですけどね。少子化で、小学校も余ってそうですし。

 『人生第二の学生生活』なんてキャッチで、定年後の学校があってもいいんじゃないかと思うのでした。

 ではでは。

 

|

« 家事代行サービス?? | トップページ | エネルギー政策 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 家事代行サービス?? | トップページ | エネルギー政策 »