« 年収から割り出す新ターゲットゾーン | トップページ | 銀座のママさん »

2011年6月27日 (月)

生き残りをかけた戦い

 おはよーでござんす。今日は、毎週恒例のグループ販売会議だったのですが、これといったトピックもなく、なんとなくダラダラした会議でしたね。

 不動産業界自体が、超成熟産業であるうえに、他業界からの新規参入も、目に見えない壁があり、なかなかドラスチックな改革が起きにくいのも原因なんでしょうね。

 でも、確実に世の中は動いております。

 今、世界中のメーカーが先を争って戦っているのが、全情報の共有化。

 例えば、お腹がすいたなぁ~って思えば、手元のポータブル機に向かって、音声認識で、

『中華料理が食べたい!』

 と言えば、位置認識から最寄りの中華料理屋さんの一覧が掲示され、更には、そのレビューから点数が弾き出され、おおよそ予算、そこまでのナビ、クーポンもついており、料理のカロリー計算もしてくれ、現在の空きテーブルもリアルタイムに・・・なんて世界が目の前まで来ております。

 逆側では、いつの時間帯に、どういった層のお客様の層がご来店され、どれぐらいの予算を使用し、一度登録されれば、その人が、どのような嗜好性を好み、家族構成から、何から何までデータに記録され、蓄積される。

 あらゆる個人の情報がデータで蓄積され、それをもとに、ビジネスが効率よく展開される時代が、もう目の前まで来ております。

 結局、収入源は、コマーシャル費用になるので、レビューの信用性が鍵を握るとは思うのですが、なんか、監視社会みたいで、ちょっと怖い部分もありますね。

 不動産業界だって、

『ア~、新築一戸建てが欲しいなぁ~!』

とつぶやいた瞬間に、

『ポーン!! 最寄りの不動産会社で、水面下の新規物件を随時提供し、レビューによる評価の高い順番は、@@不動産』

 なんて時代が来るのかもしれませんね。

 物件情報!住吉宮町6丁目にて、新築PJです。全3区画、現在のところ、3000万円台後半の想定です。興味のある人は、担当者まで。

|

« 年収から割り出す新ターゲットゾーン | トップページ | 銀座のママさん »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年収から割り出す新ターゲットゾーン | トップページ | 銀座のママさん »