« 訴訟社会 | トップページ | 地震保険 »

2011年7月 2日 (土)

相場

 おはよーでござんす。6月も終わり、当社の決算である9月末まで、いよいよあと残すところ3か月となりました。

 毎年のことなのですが、ここからは、決算の数字を意識した、微妙な舵取りが必要となります。

 まっ、このままいけば、思ったより大震災の影響も少なく、増収増益の万々歳の決算を迎えそうなのですが、こればっかりは何が起こるかわからないので、最後まで気を引き締めて決算を迎えないとですね。

 大震災から3カ月強が過ぎ、もうすぐ4カ月を迎えるということで、倒産状況のフォローをしておきたいと思います。

 帝国データバンクによりますと、

http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/p110701.html

 主な特徴として、

1、6月末の段階で、累計209件の倒産件数となり、阪神大震災の年間合計倒産件数をすでに突破している。

2、地域としては、関東及び中部の増加が目立つ

3、業種別では、建設業がTOP 続いて旅館・ホテル業となっている

 という解説ですね。

 建設業に関しては、復興に期待が寄せられるものの、今回の政府の対応が後手後手にまわり、2011年度第2次補正予算案と特例公債法案の目途もたっていないわけですから、一刻も早い政治の正常化を目指さないと、東北どころか、日本中が沈没しかねないですね。

 ただ、予想外なのが、NY市場がかなり強い株価をしており、それに引っ張られる形で、日経平均も上昇基調にあるので、含み的には、歓迎材料ですね。 しかし、統計は弱い数字のオンパレードなのに、なんでNYダウは上昇するんでしょうね~??

 昨日、路線価が発表されましたが、不動産価格の方も、最近ではリアルタイムに市場とリンクするので、常にチェックですね。

 阪神間の相場に関しては、ジリ高の傾向で、業者さんの仕入れ値も上昇しており、次期販売の商品達は、5%~10%Up傾向で出てくるものと思われますよ。

 んじゃ、よい週末を!!

|

« 訴訟社会 | トップページ | 地震保険 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 訴訟社会 | トップページ | 地震保険 »