« やればできる、やることはやってる | トップページ | 市場の要求 »

2011年7月24日 (日)

増税、増税また増税

 おはよーでござんす。昔、社会の教科書で習ったのが、四公六民とか、五公五民とかの税の徴収制度で、四公六民から五公五民になると百姓一揆が多発したとかいう話でしたね。

 でも、その後、歴史書とかをよく読んでいると、実際の取れ高からはるかに低い数値をもとに計算していたので、実質税率は、20%~30%前後だったというのを記憶しております。

 かたや、現代の日本において、どうなんでしょうね。税・社会保障費、間接税等々を含めると一体、どれだけ徴収されているのやら。

 消費税10%論議だけではなく、復興財源不足のために、法人税と所得税が5年間の期限付きでUPするのが、ほぼ決まりました。

 相続税も、税改正で裾野が広がるようです。

 他には、煙草の税の更なる上昇、ギャンブル税、電話料金への一律課金、電気料金の上乗せなど、あらゆる増税策が検討されています。

 現代の日本において、百姓一揆のような行動をすることは考えられないですが、あまりにも搾取が増えると、更に、将来への防衛意識が高まり、消費行動が抑えられ、経済が委縮することの方が、ずっと恐ろしく感じますね。

 財源不足からの増税は仕方のないこともあるのでしょうが、無駄をなくすのと、公平な税の使い道を政治には期待したいものです。

 物件情報!神垣町PJの2期分譲の価格が決まりました。直近リリース予定ですので、興味のある人は、担当者まで。

|

« やればできる、やることはやってる | トップページ | 市場の要求 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やればできる、やることはやってる | トップページ | 市場の要求 »