« 貿易収支 | トップページ | 瑕疵の判断 »

2011年7月21日 (木)

関西!!

 おはよーでござんす。すんごい不思議なことがあるのですが、日本は高度経済成長を経て、世界第二位の経済大国になり、今は中国に抜かれたとはいえ、それでもまだまだ世界第三位。なのに、イタリアやフランス人は、ご飯を食べるのに、何時間もかけて楽しんで食べたり、東南アジアの島々の人達なんて朝だけ漁をしてあとは、お酒飲んでのんびりなのに対して、日本人は、過労死したり、自殺者が凄い数だったりするんですよね。

 何が豊かなのかを考えさせられますね。

 東京圏で大規模震災などの緊急事態が発生し、立法、行政、司法などの首都中央機能が発揮できなくなった場合の副首都構想が、伊丹空港の跡地になることを有力視されることが、危機管理都市推進議員連盟で決まりました。

 まっこと関西圏にとっては、素晴らしいことですし、是非、このまま法案が採決されることを祈るばかりなのですが、昨日の産経SNSのニュース、『原発再稼働なければ莱夏は関西の電力25%不足 日本総研試算』と真っ向から対立しますよね。(笑

 日本総研によりますと、関西電力の原発が現状からさらに4基停止し、定期検査済みの原発の再稼働がないと仮定すると、来年の夏は、電力需給で25%不足し、冬も10%ほど足りなくなると計算しております。

 当然、地域経済に与える影響は大きく、GDPも電力不足が続いた場合、23年度で0.6%、24年度で1.4%押し下げられることになります。

 そんな電力事情の関西に、副首都なんて夢また夢ですよね。

 原発は嫌だけど、それによる電力不足での景気後退も嫌。特に関西電力は約半分近くを原発による発電にたよっているわけですから、この究極の選択は、近々、我々関西人に重くのしかかってくることなんでしょうね。

 本当、混沌とした時代で、なかなか先読みが難しいですね。

 ある意味、豊かさというモノを考える時期に来ているのかもしれませんね。

 ではでは。

|

« 貿易収支 | トップページ | 瑕疵の判断 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 貿易収支 | トップページ | 瑕疵の判断 »