« 円 史上最高値更新 | トップページ | 円高関連倒産 »

2011年8月21日 (日)

株式会社安愚楽牧場

 おはよーでござんす。この雨で一気に過ごしやすくなってきましたね。いよいよ、秋の訪れなのでしょうか?

 そういえば、結局のところ、電力って大丈夫だったみたいですね。原発がいっぱいとまっているのにも関わらず・・・。一体、何が本当のところなんでしょうね。

 ずーーーーっと危ないと言われ続けてた安愚楽牧場が、とうとう民事再生法の適用を申請しましたね。

 負債総額は驚愕の約4330億8300万円。今年最大の倒産となったようです。

 簡単にシステムを説明すると、特定商品預託法に基づいたシステムで、オーナーは同社に売買・飼養委託契約金を払い込み、繁殖母牛の飼養委託契約を締結する。契約期間中に子牛が生まれた場合には、飼養管理費を差し引いた買い取り代金が支払われるシステムです。

 全盛期には、配当が高いということで人気を集めていたようですが、古くはオレンジ共済といい、近未来通信といい、本当、この手の商法に引っかかる人は後を絶たないですね。

 負債総額が約4330億円ということは、明らかに自転車操業になっていたわけで、新規の会員さんのお金が既存の配当に使われていたことは自明の理ですよね。

 最近では、ホテル事業のオーナー制度など手を変え品を変え古今東西、被害者をつくり続けています。

 今回の安愚楽牧場の場合、原資の返還は10%に満たないそうです。

 世の中が不景気になってくると、どうしてもこういった高金利を謳った商法がクローズアップされますが、そんなうまい話はそうそうないということを肝に銘じて、コツコツすることが大事なんでしょうね。

 しっかし、4330億円って幹部の人達は相当贅沢をしたんでしょうね。

 うまい話には裏があるということです。

 

|

« 円 史上最高値更新 | トップページ | 円高関連倒産 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 円 史上最高値更新 | トップページ | 円高関連倒産 »