« あり方と行動と時代背景 | トップページ | 人生設計 »

2011年8月 9日 (火)

投資家心理

 おはよーでござんす。まずは、当社のお盆休みからお知らせしますね。

 当社のお盆休みは、8月10日(水)~8月17日(水)までとなっております。

 例年であるならば、お盆明け以降の9月から不動産市場は秋商戦に突入していくのですが、今年はどうなんでしょうかね。

 昨日のNYダウは634ドル安の大暴落で帰ってきました。それを受けた日経平均も8700円台と、東日本大震災のパニックの時につけた3月15日の8227円に迫ってきております。

 投資家の心理をあらわすと言われている、通称恐怖指数・正式名称VIX指数(ボラティリティ・インデックス)は、跳ね上がっており、市場参加者の恐怖をあらわしていますね。

 今、金融市場に参加している投資家達の心理状態はどうなのか?

 膨らみ続ける国の借金。出口の見えない財政均衡。地震・豪雨に代表されるような天災地変。急激なドル安円高。日米共に政治のねじれ。

 あげだしたらキリがないほど、不安材料がてんこ盛りで、結論として、

『まぁ~、とりあえず、リスク回避をしておこうか!』

 この心理状態が蔓延しているのでしょうね。

 これって、実は、不動産をお探しのお客様にも当てはまっているような気がするんですよね。

 消費税や所得税・法人税の増税懸念。膨らみ続ける国の借金。一向に進まない震災復興。ねじれまくる政治。

『まぁ、とりあえず、様子見とこか!?』

 こんな気分じゃないのでしょうか?(笑 

 人生に一度しかない大きな買い物である不動産。慎重になっても当たり前のことです。

 ただし、賃貸の場合は、刻一刻と家賃が発生しているわけで、この心理状態が落ち着くのがいつになるのかがポイントとなってくることでしょうね。

 長い休みに入ります。猛暑日が続いていますが、お体にはご自愛くださいね。

 では、次は、8月18日(木)に更新しますね!

 バイバイ!!

|

« あり方と行動と時代背景 | トップページ | 人生設計 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あり方と行動と時代背景 | トップページ | 人生設計 »