« 自然災害 | トップページ | 新設住宅着工数 »

2011年9月26日 (月)

開発行為

 おはよーでござんす。東京市場の方は、8400円割れと、思ったほどのパニック売りは出てないですね。ある意味、セリングクライマックスを迎えた方が早く立ち直ると思うんですけどね。

 今朝のグループ会議で、なるほどなぁという話を聞きました。

 西宮市民の方なら、ご存じの方が多いと思うのですが、はり半跡地のマンション計画の件です。

 実は、はり半跡地って、僕の家のすぐ裏手にあり、朝のジョギングコースになってるんですよね。始めのころは、高いフェンスが囲まれて、なかなか工事も進んでなかったのですが、その後、大きなダンプも入るようになり、順調に工事も進んでるのかなって思っていたのですが、まだまだ、近隣住民の方々ともめているみたいです。

 詳しくは、こちら↓

http://harihan.web6.jp/

 最終的には、西宮市を相手に裁判を起こされたみたいで、9月28日に神戸地裁で判決が下るようです。

 近隣の方にしてみれば、交通量の増大による事故懸念や、鉄砲水で有名なはり半に流れる川のこと、新幹線のトンネル、断層などなど、懸念材料がいっぱいありますし、開発業者にしてみれば、事業を順調に進めないと、金融機関からの借入などの死活問題になります。

 近隣であり、不動産業者でもある僕の立場からは、なんとも言えないのですが、一つだけ言えることが、開発行為を許可した市が裁判にて訴えられることにより、相当、行政サイドとしてもピリピリしているみたいで、今後、西宮市で開発行為をすることに対し、かなりハードルがあがったということですね。

 ただでさえ、開発に対して厳しい西宮市だったのですが、さらに、厳しくなることによって、今後、開発行為は減ることが予想されますね。

 今後の成り行きに注目です。

|

« 自然災害 | トップページ | 新設住宅着工数 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自然災害 | トップページ | 新設住宅着工数 »