« 共通番号 | トップページ | 現金回収 »

2011年9月 2日 (金)

当事者性vsないものねだり論者

 おはよーでござんす。大型の台風が近畿を直撃するみたいで、注意が必要ですね。本当、最近思うのですが、局地的な雨の降り方が異常のような気がします。なんか、東南アジアのスコールを彷彿させますね。

 ITジャーナリストの佐々木俊尚氏という人が、新しい対立軸として『当事者性vsないものねだり論者』という構図の論考への移行を発表し、コメントが殺到しているそうです。

 アメリカのティーパーティ運動もそうですが、全体の景況感が悪化してくると、こうした保守的な発想や運動が生まれますね。

 右肩上がりの好景気の時ならば、中間層の心にも余裕があり、社会的弱者保護の機運も盛り上がるのでしょうが、アメリカやEUの経済に代表されるように、景況感の悪化が長引くと、どうしても引きずり込まれる恐怖から、こういった動きが出てくるんでしょうね。

 たまに、テレビ番組で小学生達が二人三脚の巨大バージョンでスピードを競う競技がありますが、全員がほぼ同じスピードで脚を運ぶことが出来ればゴールをすることが出来るのですが、一部の人間が遅れると全体が転倒するシーンをよく見かけます。

 もともと脚の不自由な人や身体的に欠陥のある人は、競技に参加しないと仮定した場合、多分、そこにある心理としては、8割の人がその競技の練習を一生懸命して、2割の人が不真面目に、あまり練習に参加しなかった結果、その部分に遅れが発生したことにより、全体が転倒したのなら・・・。

 これって、現実に生きている我々の世界でもある話なんでしょうね。

 あらゆる分野で、なあなあで見過ごされてきたことが、余裕がなくなってきたことにより、厳しい目が注ぐ世の中になってきたような気がします。

 まっ、色々な意見はたくさんあることでしょうが、少なくとも、自分は、俗に言う『足を引っ張る』立場には立ちたくないので、頑張るしかないですね。

 つまり、当事者性であり続けたいということですね。もちろん、出来る出来ないは別にして、努力するって意味でですけど。

 物件情報!甲子園2番町、中古戸建て、平成9年築、土地41.51坪、延べ床35.81坪 価格3750万円です。興味のある人は担当者まで。

 

|

« 共通番号 | トップページ | 現金回収 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 共通番号 | トップページ | 現金回収 »