« 人口爆発 | トップページ | 被災地? »

2011年10月28日 (金)

ドラフト

 こんにちわでござんす。一応、ヨーロッパの方は目途の為の目途がついたみたいで、株式市場はデフォルトを織り込んでいただけに、急反発ですね。でも、根本的な解決は全然していないので、また、数カ月後にナンタラショックって流れることなんでしょうけどね。でも、日米欧の当面の金融緩和で、株価は実体と離れていくんでしょうね。

 昨日、運転中になにげなく流れた野球のドラフト会議に目が釘付けになりました。

 今年のドラマは、なんと言っても大学ナンバーワン左腕と言われた藤岡選手と、巨人原監督の甥っこ菅野選手ですね。

 藤岡選手の交渉権をロッテが引き当てた時に、中継でUPになった藤岡選手の涙。

 それと、巨人の単独指名で決まりと言われていた菅野選手に、日ハムがサプライズ指名をかけ、封を開けて日ハムが交渉権を得た時の、原監督の茫然とした顔のUP。

 いつも思うのですが、小さいころからプロ野球選手を夢み、好きな球団、あこがれの選手を胸に抱え、死ぬほどの努力を経て、ようやくプロの扉をたたく時に、選手の行きたい希望が叶えられないって、なんだか切ないですよね。

 プロ野球全体のバランス維持のための制度であり、アメリカのプロスポーツの世界でも当たり前の制度なのですが、それでも、過去のドラマや涙の数々を見ていたら、若干、高校を卒業した子供たちには、荷が重すぎるような気がします。

 あこがれのユニフォームって、絶対にあると思いますもんね。

 まっ、不動産業界にドラフト制度があったとしたら、間違いなく、のりぞーは指名されてたでしょうけどね。って、35歳から業界に入ったから、ドラフト除外選手ですね。(笑

 これからが本番なので、頑張っていってほしいもんですね。

 ではでは。

|

« 人口爆発 | トップページ | 被災地? »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人口爆発 | トップページ | 被災地? »