« 減らすべきところ | トップページ | 地震 »

2011年11月26日 (土)

需給ギャップ

 おはよーでござんす。めっきり寒くなってきましたね。朝起きるのが、すごく辛いです。この時期は、風邪をひきやすいので体調管理に注意ですね。

 いまだ、日本国内においては、需給ギャップが35兆円もあると言われているのですが、モノの値段が需給のバランスで決まるという法則がある以上、そりゃ~、モノの値段は下がり続けますよね。

 行ったことはないのですが、スーパー玉出とか、食料品がすんごく安いみたいですね。また、テレビもドンドン値段が下がっています。衣料品はもとより、あらゆる身のまわりのモノが安くなったと認識できるのですが、この需給ギャップが埋まらないことには、当然、企業収益も悪化し、給料も下がるというデフレスパイラルは続きますよね。

 少子高齢化社会において、人口比で今後、増え続けるのは高齢者層。そこにスポットをあてた需要を喚起しないことには、需給ギャップは埋まらないと、本日の日経新聞にも書かれていましたが、まさにその通りだと思います。

 でも、年をとると、それだけ欲望も減ることでしょうから、高齢者層の需要喚起って、難しいんでしょうね。福祉事業も、民間で成功するのは難しいみたいですし。

 不動産業も、高齢者にスポットを当てた商品開発が必要でしょうね。老人ホームみたいな高付加価値をつけた商品ではなく、元気な高齢者が望む居住空間みたいな演出がなされれば、ヒットすると思うのですが。

 難しい舵取りです。

 

|

« 減らすべきところ | トップページ | 地震 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 減らすべきところ | トップページ | 地震 »