« 不退転の決意 | トップページ | フェラーリ »

2011年12月 8日 (木)

違法建築

 おはよーでござんす。今年も、もう残りわずかですね。来年は辰年ということなのですが、よく言われるのが、龍の如く上昇する年とのことです。まぁ、天井をつけることが多いんですけどね。嫌なニュースが多い中、龍の如く昇ってくれたらいいのですが。

 不動産の仲介をしていますと、たまーに、中古戸建で違法建築をいている物件にあたることがあります。

 特に、阪神間は、あの阪神大震災の後で建築ラッシュがあり、当時、大量の建築確認をさばくために、ドサクサに提出された物件が多々あります。

 例えば、地下駐車場の容積緩和を使っても、容積オーバーをしている物件とか、凄いのになると建ペイをオーバーしているものまであります。

 よく見かける違法建築は、ロフト申請を使ったやつですね。

 ほんの数年前までは、銀行さんも、その辺の匙加減を心得てて、多少のオーバーには目を瞑ってくれて、住宅ローンを通してくれていたのですが、昨今のコンプライアンス遵守の影響から、相当、厳しいというか、住宅ローン不可になったと言っても過言ではない状況となっております。

 また、大手仲介業者さん達も、一般顧客対象としては、仲介をしない所が増えています。違法ですもんね。

 そうなると、街の仲介業者さんを通して、住宅ローンもつかない、現金客のみを対象とした物件となる為に、相当、評価が低くならざるを得ないということになります。

 まっ、新しく新築を購入する場合は、さすがに違法建築はないでしょうが、中古物件を購入の検討に入れているお客様は、そのあたりのことをよく考えて購入しないと、後々、売却の時に大変な目にあうので、注意して下さいね。

 ではでは。

|

« 不退転の決意 | トップページ | フェラーリ »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不退転の決意 | トップページ | フェラーリ »