« 自粛疲れ | トップページ | 支線対決 »

2012年1月24日 (火)

4年以内に70%

 こんにちわでござんす。ここのところ、風邪をひいて関節が痛いのですが、昨日、すごい治療法を見つけましたよ。それは、カイロを貼ることです。両肩と腰の左右にカイロを貼って寝たのですが、今朝起きてみると、嘘のように楽になってました。もともと、四十肩に悩まされていたのですが、それもメチャクチャ楽になっています。やはり、温めることによって、血流が増え血行がよくなったのでしょうね。肩こりに悩まされている人は、是非試してみてください。

 昨日、東京大地震研究所が、首都圏でマグニチュード7級の直下型地震が4年以内に70%の確率で起きる可能性があるとの計算結果を、ホームページで公表したというニュースが流れていました。

 マグニチュード7クラスの直下型地震が、もしも首都圏にきた場合、いろいろなところでシミュレーションされているのですが、東京都のホームページに被害予想が掲載されています。

http://www.bousai.metro.tokyo.jp/japanese/tmg/assumption.html

 どちらにせよ、首都機能は麻痺し、人的被害も経済的被害も壊滅的なダメージを受けることでしょう。

 また、関西の人にはピンとこないのかもしれませんが、政治、経済、流通、金融、ありとあらゆる日本のすべての中心が東京に集まっている以上、もしも、首都圏で大型地震が発生した時は、それはすなわち、日本全体の大ダメージを意味します。

 なんとなくですが、福島の事故以降、事なかれ主義的な雰囲気が蔓延しているような気がしており、危機感のなさなど、非常に心配になりますね。

 マーフィーの法則じゃないですが、「起こる可能性のあることは、いつか実際に起こる」「うまく行かなくなり得るものは何でも、うまく行かなくなる」な感じがしてならないです。

 ではでは。

|

« 自粛疲れ | トップページ | 支線対決 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自粛疲れ | トップページ | 支線対決 »