« うつ病 | トップページ | 日銀の方針転換 »

2012年2月14日 (火)

ストラドル取引

 おはよーでござんす。最近、寝ても2時間おきに目が覚めてトイレにいくような状況が続いていたので、慢性の寝不足で死にかけていたのですが、昨日、またまたカイロを肩口に貼り付けて寝たら、グッスリ寝れました。寒くて、血行が悪くなっていたんでしょうかね。つくづくカイロ睡眠はいいですよ!

 昔取った杵柄のお話。色々な投資をしている人はおられると思うのですが、例えば、FXにしても、貴金属にしても、株にしても、日中仕事があって普通に忙しい人には、不向きな場合がありますよね。

 いちいち価格の上下に一喜一憂もしてられないですし。

 そんな時は、ストラドル取引が面白いですよ。ストラドル取引とは、2商品間の先物価格の差を利用して利益をとる手法のことで、例えば、『金』と『白金』の価格差を利用したり、『グリー』と『DeNA』の価格差を利用したりして投資をする方法です。

 もしも、不動産価格に先物市場があるのなら、例えば、今後の世の中の動きを読んで、『北口』買いの『夙川』売りっていう具合にポジションを持っておくという感じです。

 リーマンショックなどの不慮の出来事で、相場全体が暴落したとしても、近似銘柄の売り買い両方のポジションを保有していることにより、影響が限定的になるという具合です。どちらかと言えば、全体が大きく動いた方がチャンスかも??

 こういう具合で組み立ててみれば、リスクを抑えながらリターンを得ることができますよ。

 日経新聞を読んでるだけでも、面白い組み合わせはたくさんできそうです。重電を保有している電機メーカーと、白物家電しか持っていない電機メーカーの組み合わせとか、SNSサイトどうしの組み合わせとか、レアメタルどうしの組み合わせとか、考え出したらいっぱいあると思いますよ。

 ある意味、1400兆円の個人金融資産を抱えた我々の、次の生きる先は、こういった分野じゃないのかなと漠然と感じているのでした。

 ではでは。

|

« うつ病 | トップページ | 日銀の方針転換 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« うつ病 | トップページ | 日銀の方針転換 »