« 購入者動向 | トップページ | 電力 »

2012年3月27日 (火)

マネー回帰

 こんにちわでござんす。日経平均は、震災後の高値を更新し、10200円を超えてきました。

 ほんの少し前まで、8000円台でウロウロしていたことを考えると上出来でしょうね。3月末の本決算も出色連発なんじゃないでしょうか。

 押し目らしい押し目もなく、一気に上昇していきている日本の株式市場なのですが、これら資産インフレが市中に好影響を与えるには、どうしてもタイムラグが発生します。ここ数年、相当悪い材料を叩き込まれてきた日本市場なのですが、山高ければ谷深し。谷深ければ山高し。次第に、市中もムードが変わってくるものと思われます。

 今日の日経新聞の4面にある記事なのですが、REITの不動産物件取得額が大幅に増えてきているようです。

 また、海外マネーも、不動産の投資利回りから資金調達コストを引いた実質的な運用利回りを指す利回り格差に着目し、地価底入れへの期待から日本市場に資金が流入し始めています。

 流れというものは、一度出来上がると天井や底をうつまで、ウニュウニュしながら慣性の法則のように一方方向へ動きます。

 いかんせん言えることは、ここ数年、叩きに叩き込まれた日本市場に芽が生え出してきているということですね。

 ではでは。

|

« 購入者動向 | トップページ | 電力 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 購入者動向 | トップページ | 電力 »