« 技術の方向性 | トップページ | 公共施設の老朽化 »

2012年3月 5日 (月)

エアー断震

 おはよーでござんす。中島知子といい、松嶋奈々子といい、今、賃貸訴訟が熱いですね。しかし、結局は、家主さん側が泣き寝入りして終わりになりそうです。だって、無い袖は振れないという究極の法則が発動しますもんね。ほんと、嫌な世の中です。

 究極つながりで、究極の地震対策の家が、今、評判になっていますね。

 その名も、『エアー断震』。家の中の地震センサーが地震を感知しますと、建物の基礎と人工地盤の間に、エアーコンプレッサーから一気に空気を送り込み、家全体を浮かしてしまうという、ドラえもんみたいな世界観の家ですね。

 まるで、自動車のエアバックシステムとよく似てますね。コストの方も、350万円~と、今までの耐震、免震に比べれば比較的リーズナブルになっており、今後の売れ行きが注目されますね。

 揺れの体感の方も、ほとんど感じないみたいなので、意外とうけるかもしれませんね。

 まぁ、次から次へと、よく考えつくなと、感心した次第であります。

 これから新築を建てられる方で、興味のある人は、ネットで『エアー断震』と検索してみれば、いっぱい出てくるので、参考にしてみてください。

 ではでは。

|

« 技術の方向性 | トップページ | 公共施設の老朽化 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 技術の方向性 | トップページ | 公共施設の老朽化 »