« 瑕疵の考察 | トップページ | 安楽死 »

2012年3月 9日 (金)

優良中古住宅

 こんにちわでござんす。昨日、業者さんと、司法書士さんとで、またまた、浪速区の舌ぴんに行ってきたのですが、にゃんと!!このブログを読んでいただいている読者の方が、当ブログに掲載されていたとのことで、お店にいかれたみたいで、店の人に喜ばれました。内緒で、サービスをくれたのですが、ちょっぴり恥ずかしいですね。

 舌ぴんに行かれた読者の方~!! すんごい美味しかったでしょ!?また、美味しい店があったら紹介しますね!

 以前から報道はされていましたが、いよいよ本格的に国が中古住宅の流通促進に乗り出すようです。

 制度的には、中古流通時やリフォーム時に検査・評価を行い認定する形となります。

 劣化対策、耐震性、維持管理の容易性、省エネなどが基準項目となるようでうす。また、税制面での優遇や、低金利での融資などのインセンティブが与えられるとのことです。

 リフォーム履歴など、一度、国の方から発言があったにも関わらず、現場サイドでは一向に定着しておらず、今回の新制度が定着し、中古住宅の流通に寄与してくれれば、中古市場も活性化するでしょうね。

 ではでは。

 

|

« 瑕疵の考察 | トップページ | 安楽死 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 瑕疵の考察 | トップページ | 安楽死 »