« デフレのメリット | トップページ | 業界の常識、世間の非常識 »

2012年4月 2日 (月)

下水道台帳

 おはよーでござんす。今日は、へぇ~っていうお話を仕入れてきましたよ。

 昨日の日経新聞の一面にカラーで、地震時の津波の影響度合いが掲載されていたので、興味を持たれている方も多いとは思うのですが、実際、自分の家が海抜何mの所にあるのかを簡単に知る方法ですね。

 それは、下水道台帳を使う方法です。下水道台帳とは、各市の下水道の配管状況を掲載されている図で、全国どこでもインターネットで簡単に検索できます。

 ちなみに西宮市の場合は、こちら↓

http://webgis.nishi.or.jp/index.php

 この下水道台帳で自分の家を調べ、一番近くのマンホールを探すと、矢印←の横に何メートルと記載されています。

 これで探せば、おおよそ自分の家が海抜何メートルかが分かるという仕組みです。

 先の地震では40mを超える津波があったということですが、一応、調べておいて対応策を考えておくことも大事ですね。

 ではでは。

|

« デフレのメリット | トップページ | 業界の常識、世間の非常識 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デフレのメリット | トップページ | 業界の常識、世間の非常識 »