« あと10% | トップページ | 茶番劇 »

2012年4月12日 (木)

不思議な光景

 おはよーでござんす。沖縄では、北朝鮮のミサイルが落下してくる可能性があるということで、自衛隊が展開し、ものものしい風景になってきていますね。

 毎回のことなのですが、改めて、すぐ近所に危険な国が存在するということを再認識させられます。

  PAC3がどれだけの命中率を誇るのかは分からないのですが、凄く不思議に思う光景があるんですよね。

 自衛隊の人たちは、福島の原発処理の時もそうでしたが、自分の身の危険をさらしてまで、国民のために奮闘しているにも関わらず、今回の沖縄でもそうですが、

『自衛隊帰れ!PAC3の配置は許さない!』

というような、シュプレーヒコールが展開されるのは異様としか思えないんですよね。

 島民に被害が及ばないように配置し、自分自身だって身の危険があるにも関わらず、守ってもらう方が、出ていけというのは理解を超えていきます。

 まぁ、思想的に色々あるのでしょうが、橋下市長が高支持率を得ている状況は、今まで沈黙を守ってきた大多数が、余裕がなくなり声を上げ始めてきているような気がします。以前は、少数が声を上げ、大多数が見守るって感じでしたからね。

 何かと色々大きな動きがありそうな予感がする今日この頃なのでした。

 ではでは。

|

« あと10% | トップページ | 茶番劇 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あと10% | トップページ | 茶番劇 »