« 下水道台帳 | トップページ | 意外と多い・・・ »

2012年4月 3日 (火)

業界の常識、世間の非常識

 おはよーでござんす。今日は、全国的に暴風雨が吹き荒れるそうですね。季節外れの暴風雨。被害にあわないように気をつけてくださいね。

 @@業界の常識は、世間の非常識という言葉をよく聞きます。例えば、法曹界、政界、不動産業界、医療業界などなど、たくさんの業界があるとは思うのですが、その@@業界の常識が崩れつつあるような気がします。

 顕著な例が電力業界で、多分、今までほとんどの人が、電気代の決まる仕組みなんて知らずに電気を使いつづけてきたと思うのですが、今回の出来事で、電気代の仕組みは国民の多くの知るところとなり、過剰な福利厚生費まで参入して電気代の原価に入れるという、世の非常識が指摘され、今後は非常に難しい業界になったと思われます。

 例えば、橋下改革にみる、公務員業界。これなんかも、既存のやり方にスポットがあたり、世間からの批判にさらされています。

 政治の世界もそうです。大手マスコミによる一方的な報道だけではなく、インターネットを通じて、たくさんの情報を国民が入手できるようになった結果、世論誘導が非常に難しくなってきたと思われます。

 あらゆる業界の常識=制度そのものが、疲労を起こし変革の時期に来ているんでしょうね。

 この荒波に飲み込まれないようにかじ取りを頑張っていかないとですね。

 ではでは。

|

« 下水道台帳 | トップページ | 意外と多い・・・ »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 下水道台帳 | トップページ | 意外と多い・・・ »