« 市況報告 | トップページ | 弁護士さん?? »

2012年4月17日 (火)

さーてと!

 おはよーでござんす。今日は朝から決済をこなし、1時から打ち合わせ、3時から商談と大忙しなのです。

 不動産仲介業のお仕事は、『売り、買い、決定率』。このたった3つのことを細分化し、深く掘り下げるお仕事なのですが、この4月以降、のりぞーが陣頭指揮に復活して、まずは、『買い』からということで、とにかく新規のお客様を広く獲得しようということで、ホームページ等のWEBの徹底強化に取り組んできました。

 会員様ならご存知だとは思いますが、日々の最新情報は、毎日更新&写真掲載を実施しており、また、自社物件などは写真枚数を増やすなどの作業強化、早耳などの情報系も強化するなどした結果、目に見えて会員登録数やお問い合わせ数が増加し、一応の結果が出てきております。

 次の段階へ移行しようということで、『決定率』にこだわっていこうかと考えているのですが、結果から考えていきますと、

①不動産のお客様は、お客様自身が欲しいという意志が芽生え行動に移し、来店、来場、お問い合わせされているということ!(つまり、きっかけはこちらからのアプローチじゃないということですね。)

②一年のタームで考えれば、約7割のお客様が購入されているということ。

③物件側から考えると、1年前に登録されたレインズ(不動産業者専用の物件サイト)の物件は90%以上成約しているということ。

 以上、3つの結果論を考えれば、『売れない』と言ってる営業マンは、『自分は仕事をしていない』と言っていることと同義語になるということですね。

 確かに、僕が営業マンの時代の時よりも、お客様がWEB上で知識を高められていたり、総予算に慎重になったりなどの傾向がみられるとは思いますが、そんなのいつの時代にも、その時代、時代の傾向があるわけで、売れない営業マンはいつの時代でも売れない言い訳を探しています。

 お客様が、WEB上で知識を高められるのなら、それに対応した知識力が必要でしょうし、WEB上で物件を探されるのなら、それに対応したWEBづくりが必要なだけです。

 最後の最後は、結局、どのお客様も不安との戦いになるわけで、営業さんに求められることは、どのようにその不安を取り除いてあげるのか?ということになってくると思われます。

 当社のホームページも、匿名性の高いネットの時代だからこその、双方向の緊密な意思疎通を図れるようなページづくりをしなきゃなと漠然と考えているところです。

 ということで、近々、そういうのも企画してますので、お楽しみに!

 ではでは。

|

« 市況報告 | トップページ | 弁護士さん?? »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 市況報告 | トップページ | 弁護士さん?? »