« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月31日 (木)

北京ダック

 こんにちわでござんす。あっという間に、5月も終わりを迎えますね。最近、月日が経つのが早く感じます。

 というわけで、火曜日は、恒例の月一お食事会。社員さん、パートさんの皆さんも凄く楽しみにしてくれているのですが、どうしてもサービス精神から、普段、めったに食べないものかつ美味しいものをチョイスしたくなっちゃう性格なので、だんだんハードルが上がってきて、店選びに大変困ります。

 今回は、北京ダックをご馳走しようということで、三宮の中華街に探検にいったりしたのですが、あんま美味しくない!

 ネットで検索しまくった結果、大阪にある北京老舗さんへ行ってきました。口コミの評価も高く、雑誌やテレビの取材も多いので、まぁ~、間違いないかということで、レッツゴー!!

 ここのお店は、お客様の目の前で、窯にて調理してくれます。

 それと、日本語を話せない、本場、中国の料理人の人が、目の前でさばいてくれるのですが、

Sh3k01620001

 日本語と中国語を話せるスタッフが、通訳しながら、色々質問を受け付けてくれます。ちなみに、ここのダックは、安全のため、中国産の食用ダックを使わずに、鴨?だそうです。

Sh3k01640001

 ↑出来上がり。丸々2匹、焼いてもらったので、メチャクチャ量が多い。(笑

 これに、蒸したての皮でまいて、間にネギとキュウリを挟み、甜麺醤ベースのお味噌で食べると、

 う、う、う、うまい!!!!

 北京ダックって、ちょこっとしか量がないイメージだったのですが、たらふく食べましたよ。

Sh3k01630001

 この時ばかりは、みんな、おしゃべりをやめて、北京ダックをがっついていましたね。(^O^)/

 まっ、それもこれも、社員さん達が頑張ってくれたおかげで、こうした食事会が開催できるんですけどね。

 さーて、来月は、馬肉のすき焼きでも連れて行ってあげようかなっと!

 ではでは。




| | コメント (0)

2012年5月29日 (火)

性善説を前提にしたシステムの崩壊

 こんにちわでござんす。カラッと晴れてたのに、一転して雨が降ってきましたね。はぁ~、一体、毎年何本の傘をコンビニで買ってるんやろ??ものすっごい無駄ですね。

 それぞれの国において、それぞれ歴史が違うので、当然のように価値観も違ってきて当たり前です。

 例えば、中国に行ったときに中国人に聞いたのですが、中国では人が多すぎるので、大きな声で主張しないと何も通らないのだそうです。だから、中国の人って、なんか喧嘩腰でしゃべっているように感じるんですよね。でも、それって中国の人にとったら当たり前のこと。

 例えば、その国の歴史が、常に侵略されたり、属国のように支配されている歴史があったとするのならば、その中で生きていく術が身についていくのだと思います。

 それが、国民性なんでしょうね。ギリシャの人たちが、のんびりしているように感じるのも、やはり、歴史と国民性なのでしょう。

 一方、ずっと島国で鎖国もしていた日本という国は、狭い国土と、農耕に向かない、ほとんど山ばかりの国土において、生きていく術とは、近隣の人達で協力し合い、水路を作っても共同で管理しというような、相互、互助の精神が国民性となっていったのも頷けるものがあります。

 海洋資源が眠っていると分かった途端、領土を主張するなんて、日本人にしてみればあり得ない話に感じますが、侵略と戦争、植民地なんて歴史を繰り返してきた世界から見れば、当たり前やんってとこなんでしょう。

 いい意味でも、悪い意味でも、そういった国民性に根付いて、日本のシステムは構築されてきたのだと思うのですが、でも、それも破綻しかかっているように感じます。

 昨日、コンビニで購入した、悪知恵みたいな雑誌の中に、エディを使って、購入→返品を繰り返し、マイレージをためる方法というのが掲載されていたのですが、これなんかも、まさに、性善説を前提にしたビジネスモデルですよね。

 吉本の芸人さんがテレビで謝罪会見をしていましたが、本音のところは、『貰えるものは貰っておけばいい。』と知人や後輩に自慢したと暴露されているわけですから、これなんかも、性善説を前提とした生活保護というシステムが、崩壊の真っ最中なのでしょう。

 多分、これからは、性善説を守らない人を非難するのではなく、ある意味、性悪説にのっとっと、ビジネスや経営を運営していかないと、ダメな時代に突入しているような気がします。

 まさかっ!!となって、相手を罵倒するのではなく、言い方を変えると、時代に即した危機管理能力をぎりぎりまで研ぎ澄ますことが大切なのでしょうね。

 ではでは。

| | コメント (0)

2012年5月28日 (月)

年収倍率

 こんにちわでござんす。住宅購入の目安の一つに年収倍率というものがあるのですが、このたび、東京カンテイさんが、2011年度の年収倍率を算出されました。

 それによりますと、全体的に年収倍率が拡大(=購入しにくくなる)傾向にあるようです。

 主な要因は、平均年収が減少しているのにも関わらず、新築・中古ともに平均価格が上昇していることに起因します。

 近畿圏は7.91ポイントと、前年比0.57ポイント拡大。特に、京都府(0.84ポイント拡大)、兵庫県(0.52ポイント拡大)で、近畿圏の年収倍率の上昇をひっぱったようです。

 供給数が少ないことが原因のようですね。

 全国の平均年収倍率が6.27であるのに対して、兵庫県の年収倍率が8.35ということは、兵庫県でお家を購入される方は、年収に対して、少し無理をしてでも購入しているということですね。

 そういえば、思い当たるふしもありますね。

 基本、モノの値段は需要と供給で決まりますので、あまりにもこの年収倍率の乖離が進むようですと、調整が必要となるのかもしれません。

 ではでは。

| | コメント (0)

2012年5月27日 (日)

ふってわいた直接取引

 おはよーでござんす。今日は日本ダービーがありますね。3歳馬達の夢の大舞台!!現在の所、一番人気はワールドエース。のりぞー的には、ゴールドシップに2冠達成してほしいんですけどね。楽しみです。

 国民的な議論も何もなく、いきなり降ってわいたような、『円と人民元の直接取引スタート』。

 通常、世界の基軸通貨はドルになりますので、今まで、中国と貿易をしていても、円⇔ドル⇔元となっていたものが、直接、円⇔元となることにより、為替手数料の削減が期待できることになります。

 また、日中貿易は昨年、前年比14.3%増の過去最高を記録し、年々伸びていっております。

 今回、非常に不思議だったのが、よくアメリカが許したなぁ~っていうところです。

 オバマ大統領は、再選の経済政策の一つに、強力に輸出振興策を進めており、その為にはドル安政策が必須となります。

 ところが、ここ最近のユーロ不安で思うようにドル安政策に持ち込めないアメリカとしても、もしも、ここでEUと緊密な中国に余波が発生し、元までおかしくなったら、ドルに資金が集中するのが目に見えています。

 そういった意味で、その一部を円に直接非難させるために、黙認した可能性はありますね。

 しかし、元って、中国に旅行に行って思うのですが、ヨレヨレの紙幣なんですけど・・・。きちんと供給量も管理出来てるんかなぁ~??

 まぁ、こういったことが起点になって、本当にアジア経済圏が確立するのかもしれませんね。

 常に時は流れ続けますね。

 ではでは。

| | コメント (0)

2012年5月26日 (土)

外資の再参入

 こんにちわでござんす。S&Pがスペインの大手銀行5行を格下げしたのですが、依然、ユーロ圏は不安定さが続いていますね。

 新興国の中国も、なんかきな臭い動きがあり、アメリカも多少よくなったとはいえ、JPモルガンの多額損失やフェイスブックの大幅下落、恒常的な赤字体質があります。

 そうなると、どうしても消去法から、日本買いにならざるを得ないんでしょうね。

 というわけで、またまた、東京を中心に外資が不動産(収益モノ)を買いに入る動きが目立ってきております。

 前回のリーマンショックで一斉に撤退したので、新規の資金が入るということは、首都圏の不動産市況にとってはいいことですね。

 通常ならば、首都圏から大都市圏に広がっていき、やがては住宅用地の底上げに繋がるのですが、要注目ですね。

 しかし、いつの頃からか、日本市場は外資の動きに右往左往させられるようになりましたね。バブルの頃は、東京の土地代でアメリカ全土が買えるとまで言われたのに・・・。

 いかんせん、外資の動きを要チェックです!

 ではでは。

| | コメント (0)

2012年5月25日 (金)

動物だもの

 こんにちわでござんす。生活保護の不正受給に対する議論が高まりを見せ始めましたね。現物支給を含む色々な提案がなされてますが、ほんとパンクする前に制度そのものの見直しを早くしてほしいものです。

 いや~ビックリしましたね。東京メトロ渋谷駅での新聞配達員殺傷事件の犯人の動機は、『体がぶつかったので腹が立った。』だそうです。

 まぁ、そもそも論、刃渡り30センチのサバイバルナイフを常備している時点で、おかしな人なのでしょうが、体がぶつかったからといって刺されていたのでは、たまったもんじゃないです。

 のりぞーなんて、車通勤なので、今一ピントはこないのですが、東京なんかは、世界的に満員電車で有名なところ。

 そもそも人間は動物と考えるのならば、どうしても縄張りというべきか、適度な距離感って必要なんでしょうね。

 アユの友釣りなんかは有名ですが、あれだけ人間同士がくっつきあうと、本能的なストレスが増大するのでしょう。

 朝のニュースでは、3割くらいの人が、満員電車で何らかのトラブルに巻き込まれたことがあるというアンケートが出ていましたが、電鉄側も、アロマの匂いがする電車とか、ゆるやかなクラシックを社内に流すとかしたら、殺伐とした空間も少しはましになるかもですね。

 ではでは。

| | コメント (0)

2012年5月24日 (木)

笑っちゃう格下げ

 おはよーでござんす。久しぶりに、朝のニュースにて酒井法子を見たのですが、40歳オーバーにも関わらず、驚異的な可愛さですね。さすがは、マンモスラッキーです。ギザかわゆすheart02

 各付け会社のフィッチが日本国債の各付けを円建てをダブルAマイナスからシングルAプラスに一段階、外貨建てをダブルAからシングルAプラスに2段階引き下げて、為替市場に動きがありました。

・・・一瞬だけね!(笑

 各付けでいったら、金融機関がめちゃくちゃになってるお隣の国、韓国と同じになったわけですが、まさしく、ふざけんな!(怒 って感じですよね。

 ほいでもって、日銀の金融政策決定会合にて、いつもの見送りが発表され、いつものように円高っと・・・。

 各付けがめちゃくちゃ悪い国の通貨や債券が、安心・安全ということでなんで買いが殺到するんでしょうね。

 明らかに、世界の潮流は急速すぎる財政規律から、成長支援の方向へかじ取りが変化してきております。

 ここまで、日本企業が円高で苦しめられている現状をみて、日銀総裁は何も感じないんでしょうかね??

 最後に、マレーシアの名高いマハティール元首相の言葉を転記しております。

円高は明らかに悪です。品質の高い日本製品を安く供給してくれれば、貧乏な国の国民でも買うことができる。しかし、円が高くなれば価格も高くなって買うことができなくなります。

 『円高は日本にとっても良くないが、日本製品を買いたい発展途上国にとっても悪いことなのです。

 さらにもう1つ。現在、日本は中国とも競争をしなければならなくなっています。その中国は元を安く抑えている。問題は対米国だけではなくなっているのです。

 中国と競争するということはつまり、中国の低コストと戦うということです。日本企業はコストを下げる努力を惜しみませんが、通貨が必要以上に高いとコスト削減は極めて難しくなります。

 いまの日本は真剣に円高是正を考えるべきでしょう。そのうえで、国も企業も生産性の向上に取り組む。そうすれば、日本の競争力は上がって国が豊かになるはずです。』

 ではでは。

| | コメント (0)

2012年5月22日 (火)

ローンアウト

 おはよーでござんす。フェイスブックは、上場2日目にして、公募価格を割り込んできましたね。(笑 散々騒がれた、大型の新規公開株だったのですが、もうね、何が何やら・・・。コンテンツでお金をとるビジネスは、儲かるのも速いですけど、すたれるのも速いです。次々に、新しく斬新なサービスが展開されていく業界なので仕方がないことなんでしょうね。

 ここにきて、大手仲介業者さんとお話していると、ローンアウトのお客様が急増しているみたいですね。

 フラットあたりの審査が厳しくなってきているというのもあるかとは思うのですが、国民にとって金融というものの理解度が低いのも根底にあるかと思います。

 いわゆる借金をするということは、その人の将来への信用に対してお金を貸すということです。

 ましてや住宅ローンの場合、その人の35年先までを信用してお金を貸すわけですから、貸す方にしてみれば大変なことですよね。

 そいでもって、その信用をどのようにしてはかるのかというと、当然、現状の収入状況、収入先の会社事情などの金銭的な面はもちろんのこと、その人の姿勢という部分も重要視されます。

 現在、クレジットカードを持ってない人は、非常に少ないとは思うのですが、何らかの形でクレジットカードを使用した場合、例えば、分割払いで商品を購入しなくても、家賃の支払いや公共料金の支払いをクレジットカード経由で支払っている人も多いと思います。

 その時に、あんまり使わない銀行口座経由で引き落としを設定していれば、うっかり残高を入れ忘れてたなんてケースも出てくるとは思うんですよね。

 それに、手紙で督促状が来てても見逃してたり、忙しいから後回しにしようなんて人もいるかと思います。

 これって、後々大問題になっちゃいます。ちょっと遅れただけやんって考え方が、その人のクレジット情報に履歴として残ってしまい、例えば、住宅ローンを組もうかという時に、銀行さんが調べれば、その遅延履歴が出てきて、

『この人は、返済に対して遅れる人』

と認識され、否決されることになります。いくら、後付けで理由を言っても後の祭りになっちゃうんですよね。

 でも、これって、きちんとした教育(金融教育)なるものを、小学校の時から教えておかないと、まっ、2・3日遅れてもいいかという人は多いと思うんですよね。

 今、政府はマイナンバー制度を推し進めていこうとしていますが、まぁ、その情報が民間に流れることはないことでしょうが、国においても、例えば、年金の未納者は健康保険でうんぬんかんぬんなんてこともあるかもですね。

 まっ、どちらにせよ、借りたものはキチンと期限までに返すということが大事ということです。

 ではでは。

| | コメント (0)

2012年5月21日 (月)

阪神間モダニズム

 こんにちわでござんす。満を持して中国市場にうってでた楽天さんが、人知れず撤退したみたいですね。日本では無敵を誇る楽天も中国では難しいんですね。アメリカでは、フェイスブックが上場して大賑わいになっているというのに、日本は、ミクシィもグリーもDENAもズドーンですからね。やっぱり、言葉の壁はでかいのと、郷に入れば郷に従えを忘れちゃったのかもですね。

 というわけで、のりぞーは、まず、我が街の歴史のお勉強からということで、買いました!!『阪神間モダニズム』

 企画・監修を兵庫県立近代美術館、西宮市大谷記念美術館、芦屋市立美術博物館、芦屋市谷崎潤一郎記念館がされた由緒正しい本でありまして、2500円もいたします。

 ほいでもってフムフム。やはりというべきか、大きな要因は産業革命。紡績業を中心とした各種産業が勃興していった結果、近世以来日本最大の商業都市であった大阪と、近代になって新しく開港した国際貿易都市神戸。この2つの大都市を明治7年に今のJRが、明治38年に阪神電気鉄道が、大正9年には阪急電鉄が結びます。

 また、それにともない、大都市圏に労働者という人口が集中し始めるわけですね。

 明治30年後半には、私鉄による住宅経営が始まります。私鉄の住宅経営は、関西が日本で初めてみたいで、なかでも阪急は積極的に沿線住宅地の開発を進めていったみたいですね。

 『郊外に居住し、日々市内に出で終日の勤務に脳漿を絞り、疲労したる身体を其家庭に慰安せんとせらるる諸君』というキャッチコピーは、今の、阪神間に居住するサラリーマンさん達と、なんら変わらないですね。(笑

 当然、交通が発達すれば、その沿線に不動産屋さんが跋扈するのも当たり前のことで、苦楽園は明治44年に中村伊三郎さんが開発し、その後西宮土地株式会社へと。また、甲陽園は、甲陽園土地株式会社という会社が開発し、『東洋一の大公園』と宣伝され、遊園地、キネマ撮影所、歌舞劇場、音楽堂、植物園、旅館と多角経営なされたみたいです。

 こうやって歴史を読んでいると、今も昔も変わらないことに驚きますね。阪神間、特に西宮市というのは、大阪、神戸に働きにいく人たちの心身を休める街である。また、山があり、緑があり、川が流れ、海に面する。文教施設も多く、そういった意味で、改めて、明治の頃からずっと変わらない、いわゆる憩いの住まいということなのでしょうね。

 あ~、西宮で不動産業やってて良かった!(笑

 んじゃ、仕事しまっす!

| | コメント (0)

2012年5月20日 (日)

給食袋

 おはよーでござんす。だんだんと暑くなってきましたね。ほんと、他人事のように感じていますけど、今年の夏の電力事情は一体どうなるんでしょうね。関電の陰謀論まで飛び出す始末で、何が本当なのかわからないっていうのが、のんびりしてますね。

 なるほどなぁ~っていう記事を読みました。国民年金に給食費と何かと未納問題が社会問題になってきているのですが、給食費の未納が近年大幅に増加したのにはある理由があるみたいなんですよね。

 サブプライムやユーロ不安など経済的な理由ももちろんあるのでしょうが、一番大きな理由は、なんと、お金の支払い方法を給食袋にて生徒から回収するという方法から、銀行引き落とし?振込?にかえたことからだそうなんです。

 給食袋での直接回収ならば、未納が他の生徒にばれるため、いじめに繋がるなどの理由で支払っていた親たちが、振込なら、ばれないとの理由で払わないというのは、完全にモラルが壊れてますね。

 吉本芸人母親の生活保護費の問題も、最近、揉めていますが、見つからなければ何をしてもいいという風潮は、どうなんでしょうね。

 世界的に民度の統計で、日本は常に上位に来ているのですが、それは謙虚や慎ましさではなく、見栄から来ているのなら、笑っちゃう民度ってことになりますね。

 正直者がバカをみない世の中を作らないと、いつか暴動が起きるような気がします。

 ではでは。

| | コメント (0)

2012年5月19日 (土)

嘘つき!日銀!

 こんにちわでござんす。またまた、為替が円高に振れだしてきましたね。

 ギリシャをはじめとするユーロ不安はもとより、中国や韓国等のアジア圏の暗雲など色々な要因はあるかとは思うのですが、やはりというべきか、一番の原因は日銀の通貨供給量でしょうね。

 先の会議で、金融緩和とインフレターゲットを謳っていたのにもかかわらず、3月、4月のマネタリーベースは結局、減少。

http://www.boj.or.jp/statistics/boj/other/mb/base1204.pdf

 本気で金融緩和をする気があるのか非常に疑わしいですよね。

 このまま、円高に振れてしまうと、本当に、輸出企業は限界がきますし、ドンドン生産拠点を海外にシフトし、ひいては仕事もなくなり税収も落ち込むというスパイラルに落ち込んでしまいます。

 株式市場の方も、為替の円高に連れ添うように下げ続けています。

 ほんと、円高対策をとらないと、大変なことになりそうな予感がするのでした。

 ではでは。

| | コメント (0)

2012年5月18日 (金)

歴史ある我が街

 こんにちわでござんす。昨日、阪神間を中心に40年近く不動産業を営んでおられる会長さんからお話をきいていたのですが、改めて我が街苦楽園の歴史を教えられました。

 もともと苦楽園は、中村伊三郎氏という方が、別荘用地として開発したのが始まりで、隣接する芦屋市の六麓荘とともに関西屈指の高級住宅地として発展していったエリアです。

 甲陽園駅には、動物園、運動場、劇場、東亜キネマの映画撮影所が設けられ、行楽地として相当賑わっていたそうです。また、はり半やつる屋に代表されるような料亭・一流旅館が並び壮観な街並みだったんでしょうね。

 基本、貿易の拠点が海と考えるのならば、堺や神戸、大阪の豪商達が、世俗から離れるために出来上がっていった街が苦楽園・甲陽園なんでしょうね。

 そう考えると、すごく艶っぽい街だったんですね。我が街は。

 今も、苦楽園や甲陽園を車で走ると、大阪や三宮といった都会にはない、艶っぽさを感じることが出来るのも、そういった歴史のなせる業なんでしょうね。

 そんな歴史ある街で仕事をしているということを噛みしめて、今日も仕事に精を出して行こうと思うのでした。

 ではでは。

| | コメント (0)

2012年5月17日 (木)

スマートハウス

 おはよーでござんす。いきなり暑い日がやってきましたが、今年の夏は例年と違いますよね。関西電力の供給が約15%不足するということで、節電要請や下手をしたら計画停電にもなりかねません。

 昨年、東京電力管内で、都民の人たちが一斉に節電をしているのを、他人のように感じていた関西人は多いと思うんです。でも、今年一番電力がやばいのは関西人なわけで、果たして、うまいこと節電がいくものなのか??

 ヤマダ電機が、大手ハウスメーカーと組んで、太陽光発電に取り組んだり、各大手ハウスメーカーが太陽光発電を中心としたスマートハウスを手掛けるなどの動きが出ているのですが、設置費用などを考えると、まだまだ庶民にとっては手の出しにくい金額となっています。大分安くなったとはいえ、プラス150万円くらいかかるみたいですからね。

 このたび、不動産ドットコム販売で縁がありまして、全区画スマートハウス対応の物件の販売を受託することになったのですが、それを受けてちょいと勉強をしてみました。

 んで色々検索をしていますと、『おっ!!』っていう商品があったので、紹介しますね。

 DMM.comさんがはじめた企画なのですが、実質8万円でソーラーパネルが設置できるというものです。

http://www.dmm.com/solar/personal/

 8万円なら、設置してみてもいいですよね!!色々、規定もあることでしょうから、実際、西宮市で可能なのかどうか調べてみる必要がありますが、これから新築を建てる人は、じゅぶん、検討の価値はあると思いますよ。

 このまま、自然エネルギー関係が主流になることによって、もっとコストが下がるようになれば、現実味を帯びてくるだろうなと思うのでした。

 ではでは。

| | コメント (0)

2012年5月14日 (月)

生産の無人化(笑

 おはよーでござんす。今朝も、朝から販売会議だったのですが、若い営業さんたちの話を聞いていると刺激になりますね。若いって羨ましいですけど、戻りたいとは思いませんけどね。

 今朝の日経新聞の一面は、来るところまで来たなというような内容ですね。キャノンが世界初でデジカメの生産を無人化にするそうです。

 コスト競争力を高めて、もの作りと研究開発の基盤を日本に残すそうなのですが、益々、働き場所がなくなりますね。

 パナの本社機能移転も同じなのですが、いくら配置転換をしたところで、余剰人員は企業にとって不必要なわけですから、いずれリストラになるんでしょうね。

 子供の頃に漠然と工場のオートメーション化が進んだら働く人がいらんようになるやんって思ってたことが現実化したわけですから、時の流れの凄さを感じます。

 働きたくても働く場所がないのは辛いことですね。科学や文明が発達し、人間が働かなくても暮らしていけるなんてのは夢物語で、増え続ける世界の人口を万遍なく標準化させていくのがオチでしょう。

 ある意味、これからの日本人は働く=体を使うという方向性から転換させないといけない時期に来ているのかもですね。

 ではでは。

| | コメント (0)

2012年5月13日 (日)

わかりやすい為替

 おはよーでござんす。ネットが当たり前になった結果、ビジネスモデル一つで大成功するところが、たくさん出てきましたね。頭のよい人は凄いわ。

 今の円高の状況を簡単に説明する方法を思いついたので、書いてみますね。日曜日やし、たまには良しということで!

 A国のお寿司屋さんA店とB国のお寿司屋さんB店があったとします。

 A店は、ネタにもこだわり、職人さん気質で固定客も多く、ただそれなりに値段もはるお店。

 B店は、ネタはなるべく安く仕入れ、握り方も適当、でも安いお店。

 A店は値段がはるにも関わらず、一向に人気が落ちないので、もっと値段を上げます。(これが為替によって高くなる現象)

 B店は、相変わらず安い値段で提供しているのですが、機械化することにより握り方が一定化されてきます。

 値段を上げ続けたA店は、とうとう高すぎるということでお客様が敬遠し始めます。

 その間、B店はA店の握り方を模倣し、味的にもそうA店と特段の開きがあるわけでもない状態になっていきます。

 お客様の離れだしたA店のオーナーは、このままでは経営をしていけないので、人件費の安いB国にお店を移し、そこで経営をすることにしました。

 なんのこっちゃらっていう感じですけど、今の製造業を取り巻く環境は、こんな感じなんでしょうね。だから、やっぱり企業を脅かすほどの円高の放置はダメなんですよ。

 わかりやすく書くつもりだったのに、何を書いてんのかわからんようになってもた。(笑

 まっ、日曜日やからいいですよね!

 ではでは。

| | コメント (0)

2012年5月12日 (土)

地歴

 おはよーでござんす。まだまだ朝方なんかは肌寒いですよね。夜寝るときは、暑くてパンツとTシャツで寝るのですが、朝は寒くて起きてしまいます。典型的に風邪をひくパターンですよね。気をつけないと。

 メールでのお問い合わせのお客様への返信メールに添付する資料について色々考えていたのですが、物件資料にない、でも知りたいことということで、色々あるとは思うのですが、面白いところで『地歴』というのがあるので、参考にしてもらえればと思います。

 例えば、今は、普通の住宅地なのですが、10年前、20年前、30年前は沼地だったなんてこともあります。

 これだけ、地震等の自然災害の脅威を身近に感じれば、気にせずにはいれないですもんね。

 西宮市の市立図書館に行けば、その土地の地歴を見ることも出来るのですが、正直、それも面倒です。

 という場合は、国土交通省国土政策局に『航空写真』というものがあります。

http://airphoto.gis.go.jp/aplis/Agreement.jsp

 大昔、例えば、1960年代くらいから、最近までの航空写真をネットで閲覧することが出来るのです。

 1960年近辺の航空写真を見ますと、苦楽園の周りなんて田んぼと畑ばっかりだったのがわかりますよ。

 ニテコ池や大池の状況も的確に掴むことができますし、一つの参考にはなるのではないでしょうか。

 では、本日は土曜日!張り切って、物件探しを頑張りましょう!!

 ではでは。

| | コメント (0)

2012年5月11日 (金)

パナソニックの本気

 おはよーでござんす。ユーロの不安定さから、またまた円高に振れている昨今なのですが、生産業の産業の空洞化が、いよいよ洒落にならない状況になってきましたね。

 関西経済のドン、パナソニックの発表を見ますと、リチウムイオン電池を製造する貝塚工場を閉鎖し、中国の蘇州に生産を移す計画をしていたり、国際的な原材料の調達と物流を担う機能を、2012年度に本社がある大阪からシンガポールに移す方針を明らかにしました。コスト削減のため、今後、海外での部品調達を増やす方針で、仕入れ先の発掘などのためにアジアに軸足を移すようです。

 本社機能が海外へ出ていくのは驚きですよね。工場や物流機能の閉鎖による人員は他部門への配置と言っていますが、いずれにせよ不必要な人員は解雇対象となることでしょう。

 また、パナソニックほど大きな会社の場合、当然、下請け孫請けと、多数の会社がぶら下がっており、その会社群の行方も気になるところです。

 グローバル化による他国の企業との競争の結果、利益追求を目指す企業としての当然の動きなのでしょうが、いよいよここまで来たかという感がありますね。

 一度、国外でサプライチェーンが完成してしまうと、ちょっとやそっとで国内回帰することはないでしょうから、ある意味、昔、パナソニックという日本の企業があったよっていう感じの話になることも予想されます。

 高すぎる法人税、一向に収まらない円高。そりゃ、企業もたまったもんじゃないでしょうね。結局、政府・日銀の円高放置が失業率や税収不足の原因になるってことですね。

 早いこと対策をうたないと、この国は、稼ぎ手のいない金食い虫ばっかり残るようになっちゃうと思うのでした。

 ではでは。

| | コメント (0)

2012年5月10日 (木)

自立すること

 おはよーでござんす。昨日のブログのコメントにもあったのですが、社員さん達と話していますと、よくモチベーションの話になります。人それぞれのモチベーションがあり、それを維持継続することの難しさは永遠の課題ですよね。

 対極にあるようなニュースなのですが、就職活動の失敗を苦に自殺する10~20歳代の若者が、急増しているそうです。2007年から自殺原因を分析する警察庁によると、昨年は大学生など150人が就活の悩みで自殺しており、07年の2・5倍に増えたようです。

 何も就職活動に失敗したからといって自殺までとも思うのですが、当の本人にしてみれば、それほどの理由なんでしょう。

 今、橋下市長が凄い人気なのですが、根本にあるのが、現在の閉塞感や無力感は公務員が悪いという市井の不満を上手に汲み取った結果でしょうね。

 たくさんの成功哲学の本を読んで、これだけは確かにいえるなと思うことに、『他人を責めたり状況のせいにしても、人は決して幸せにならない。』というのがあります。似たり寄ったりのことを、色々な言葉で色々な人が伝えているのですが、おおむねこのような内容です。

 例えば、公務員が悪いということで公務員を責めたところで、自分自身の環境は変わらない。はけ口としてはいいのでしょうが(笑、天下りを根絶したり、公務員の給料を下げたところで、自分自身を取り巻く環境なんて変わらないのは当たり前ですよね。

 昔から、面倒なことはお上に任せるのが日本人気質なわけですし、バブル時代なんかは、公務員なんて成り手のない人がやる仕事って馬鹿にされてたぐらいですからね。当時、民間の新入社員がボーナス100万円なんて時代でしたから、正直、公務員の人たちは臍をかむ思いだったと思いますよ。

 多分、ますます没落していくであろう現状、大事なことは、一人一人がもう少し『自立』することにあるような気がします。守られること、やってもらうことに慣れすぎて、感謝の気持ちもなくなり、下手をすればその権益がなくなると逆恨みまでする。それでは、一向に現状が良くなることなんてないですね。

 まずは、『自立』。そのうえで、自分の力量に照らし合わせて、少し力量より上のことに挑戦し、それを糧に次への繰り返しでしょう。

 就活自殺する若者も、今の僕らも紙一重。自立した大人を自覚すれば、他人のこと、周りの目なんてどうでもよくなるような気がするのでした。

 ではでは。

| | コメント (0)

2012年5月 8日 (火)

スーモの勉強会

 おはよーでござんす。結局、仕事の意味って、法律的な義務でもなく、生活の糧を稼ぐためでもなく、その仕事を通じて、成長することに意味があると思うんですよね。

 人間には他の動物にはない考える力が備わっています。わざわざ、他の動物にはない能力が与えられている意味とは?本を読み、映画を見、景色に感動し、知的好奇心を追及することに他の動物にはない能力を与えられている意味を考えれば、仕事とは何かということがわかると思うんですよね。

 今回、ネットからの反響のお客様、特に、メールでのお問い合わせのお客様のその後のフォローの勉強会ということで、リクルートのスーモ担当者さんをお呼びして勉強会をしていたのですが、目から鱗が落ちる思いでした。

 メールだけのお客様に対して、一向に返信がない、案内がとれない、約束が取れないで止まるのではなく、お客様側がとういう心境で、どういう返信をすれば、今後につながっていくのかを、考えまくっている業者さんたちが、全国にはたくさんあり、実行している会社がある。

 現状で留まるのではなく、知恵を絞り前を向いて動いている人たちがたくさんいるという事実に、まだまだもっと仕事=考え進化することをやっていかないとと、改めて思った次第であります。

 頑張らなね!

 ではでは。

| | コメント (4)

2012年5月 7日 (月)

色々ありましたね。

 おはよーでござんす。超退屈だったゴールデンウイークも終わり、いよいよ本日から仕事開始です。

 休みの間は、やることがなかったので、やっちゃいましたよ。ワンピースの大人買い!!全66巻。古本市場にて買い込んで一気読みしました。ジャンプに連載していた当時は、絵が嫌いで飛ばしていた漫画だったのですが、改めて読んだらメチャクチャいいですね~!特に、エース編では号泣しちゃいました。というわけで、今日からののりぞーもワンピースマニアの仲間入りです。

 休みの間、ニュースだけはチェックしていたのですが、ヨーロッパに激震が走りましたね。フランスではサルコジ大統領が負けて、社会党のオランド氏が当選しました。

 サルコジ大統領はドイツのメルケル首相とEUの要だったのですが、これでユーロ不安の再燃必至です。さっそく、為替市場の方もユーロ安円高に振れており、この上、ギリシャに続いて、ポルトガル、スペイン、イタリアと飛び火していけば、せっかく落ち着いていた市場もメチャクチャになりかねません。

 どんだけ、日銀が緩和策をとったとしても、円高に振れるのは当然の成り行きで、日本経済も大打撃を受けそうですね。お隣の韓国も、金融を中心にきな臭い動きになっていますしね。まぁ、それを国民が選択した以上、成り行きを注意して見守るしかないですね。

 それと、ついにというべきか、グリーやモバゲーなどの、コンプガチャに消費者庁から景表法の措置命令を出す方針というニュースですね。まぁ、これも来るべくして来たという感があり、本日の日本市場では、グリー、DENA、コナミなど軒並みストップ安となっております。しかし、横浜ベイスターズはどうなるんでしょうね。

 色々とあったゴールデンウイークだったのですが、これからも頑張って情報を出していくようにしますね。

 ではでは。

| | コメント (2)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »