« 地歴 | トップページ | 生産の無人化(笑 »

2012年5月13日 (日)

わかりやすい為替

 おはよーでござんす。ネットが当たり前になった結果、ビジネスモデル一つで大成功するところが、たくさん出てきましたね。頭のよい人は凄いわ。

 今の円高の状況を簡単に説明する方法を思いついたので、書いてみますね。日曜日やし、たまには良しということで!

 A国のお寿司屋さんA店とB国のお寿司屋さんB店があったとします。

 A店は、ネタにもこだわり、職人さん気質で固定客も多く、ただそれなりに値段もはるお店。

 B店は、ネタはなるべく安く仕入れ、握り方も適当、でも安いお店。

 A店は値段がはるにも関わらず、一向に人気が落ちないので、もっと値段を上げます。(これが為替によって高くなる現象)

 B店は、相変わらず安い値段で提供しているのですが、機械化することにより握り方が一定化されてきます。

 値段を上げ続けたA店は、とうとう高すぎるということでお客様が敬遠し始めます。

 その間、B店はA店の握り方を模倣し、味的にもそうA店と特段の開きがあるわけでもない状態になっていきます。

 お客様の離れだしたA店のオーナーは、このままでは経営をしていけないので、人件費の安いB国にお店を移し、そこで経営をすることにしました。

 なんのこっちゃらっていう感じですけど、今の製造業を取り巻く環境は、こんな感じなんでしょうね。だから、やっぱり企業を脅かすほどの円高の放置はダメなんですよ。

 わかりやすく書くつもりだったのに、何を書いてんのかわからんようになってもた。(笑

 まっ、日曜日やからいいですよね!

 ではでは。

|

« 地歴 | トップページ | 生産の無人化(笑 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地歴 | トップページ | 生産の無人化(笑 »