« 消費税 | トップページ | 2-G »

2012年6月29日 (金)

試算

 おはよーでござんす。ホームページの方の、新設した『なんでも相談箱』に、やっとご相談が来ましたよ!! 2件目! もっと、出来ることはないのかと、考えて考えて作り出した『なんでも相談箱』。ネット経由のお客様が増える中、それでも匿名で聞きたいこと、知りたいこと、ほんの些細なことでも気軽に相談できる先があれば、それはユーザー様にとって便利なんじゃないかと、各先生方に強制的に協力を取り付け開始し始めて、はや、3か月!!

 全然、相談がないんやもんcrying

 おいら結構、物知りやのになぁ~。大手の店長さんや所長さんでさえ、質問してくる時があるのになぁ~。しかも、無料やのになぁ~。

 ってことで、諦めずに、これからもドンドン相談を受け付けますよ!なんだったら、人生相談でもいいですお。もっと言えば、メインの軸の相談でもいいですよ!

 ここのところ、連日のように書き込んでいる消費増税の話。当然、大反対なのですが、だって、論理が破たんしてますからね。

 マスコミのコメンテーターの意見を聞いてて、頭悪いなぁ~って思うことが、今回の消費増税は、社会保障の為の増税だとあれほど政府が言っているのに、『ギリシャみたいに借金が・・・。』とか、『将来へのツケが・・・。』と言っていることです。今回の増税と借金の返済は、まったく関係ないことですよね。

 それに、週刊ポストに掲載されていましたが、増税の試算のシミュレーションが出ていて、『日本経済新聞の経済シミュレーションシステム「NEEDS日本経済モデル」を使った消費増税の影響試算の結果は無惨だった。 景気の悪化で、消費税の税収は1年目で11兆2800億円あっても、5年目には9兆9500億円に下がる。さらに、それに伴い5年目には法人税が2兆5000億円減、所得税が2兆1100億円減となる。政府支出にも消費税は課税されるので、実質的な財政改善額は5年目でわずか2兆5500億円にすぎない。ほとんど税収が増えないと試算されているのだ。一方、GDPの減少により、5年目に失業率は1.65%増加するという。
「そこから算出される倒産件数は3300件、生活保護も99万人増加し、1.7兆円の生活保護費増加が予測できます。』

 上記のシミュレーションの結果が出ているんですよね。これ、色々な人が言っていますし、前回の導入の時にも結果が出ていましたが、結局、税収は机上通りに増えないということですよね。

 誰も得をしない。最悪のやり方ですよ。

 本来、政治家がやらないといけないことは、異様に偏った人口分布に対し、メスを入れるしかないのです。このまま、進めば、現役世代はもっと搾取されることになります。いくら働いても、その半分近くを、自分たちより裕福な高齢者を支えるために、持って行かれるという状況になれば、間違いなく減退・衰退します。

 本当に必要な人には、救済の手を差し伸べることは必要なのかもしれませんが、(それにしたって、批判を覚悟に書くと、それこそツケでしょって人が多いんじゃないですかね。病気・障害の人は別ですよ。)、それ以外の人に、現役世代の半分ももぎ取って、社会保障する必要性があるのかということです。

 社会保障を膨らむから増税するのではなく、社会保障そのものを、もっとレベルを下げることの方が、政治家としての仕事だと思うんですけどね。

 高齢者の医療費にしたって、本当に必要な時に、病院を使うという風に、全国民が少しづつでも、我慢をすれば、膨大な削減に繋がると思うのですが。

 まっ、そんなことを言えば、人口分布から言って、間違いなく選挙で落ちるんでしょうけどね。宿主が病んだら、寄生側も全倒れするんですよってことです。

 ではでは。

|

« 消費税 | トップページ | 2-G »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

消費税…本当に死活問題です。
生活保護費…最低限度の生活っていったいどんなもんなんでしょう…

投稿: 1000 | 2012年6月29日 (金) 15時15分

>1000ちゃんへ
 ほんま、消費税反対のデモをしてほしいですね。

投稿: のりぞー | 2012年6月30日 (土) 10時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 消費税 | トップページ | 2-G »