« 投資マネー | トップページ | 増税!増税!また増税! »

2012年6月19日 (火)

残せしもの

 おはよーでござんす。朝のニュースを見ていますと、歌舞伎役者の中村勘三郎さんが、57歳で食道ガンにかかって、療養に専念するとやってました。

 この業界に身を置いていますと、常に、『賃貸派 VS 持ち家派』の話題になるのですが、色々な理由でそれぞれ一長一短があります。

 まぁ、どうしても仲介や事業をやっている関係上、持ち家派を応援したくなるんですけどね。(笑

 ただ、あのテレビでよくみる勘三郎さんがガンになったというのを見て、つくづく人間ってわからんなぁ~って思いました。

 多分、歌舞伎の稽古とか厳しいので、我々と違い、毎日のように運動もしていたでしょうし、公演がある関係上、プロとしての体調管理も常人以上の気配りだったと思います。

 それでも、ガンになるわけですよね。とりあえず少なくとも半年は公演にも出ないとの報道だったのですが、あのクラスの人になると、仮に半年休業しても、生活が困窮するなんてことは絶対にないでしょうが、普通のサラリーマンさんだったらどうなんでしょうね。

 大企業なら、復活出来ても、それなりに部署は用意されているのかもしれませんが、中小零細ならどうなんでしょう?

 術後の気力・体力の落ち込みが激しい場合、従前のように仕事をバリバリできる保証もありません。自然と、閑職に追いやられ、トントンみたいな事もあるかもしれません。

 いっそのこと死んじゃえば、生命保険もあるし、住宅ローンを組んでいる人は、団体信用生命がおりるので、残された家族は安心なのかもしれないなんて発想にもなりますよね。

 今、おりからの低金利と、各金融機関の住宅ローンの囲い込み合戦のおかげて、三大、七大疾病保障付住宅ローンが、かなりの美味しい条件で、リリースされてきています。

 疾病保障をつけて、コンマ9を下回るような商品も出てきております。

 従前の疾病保障は、つけても、保険料との兼ね合いを考えれば、果たして得なのか??と疑問を感じるような商品が多かったのですが(コンマ3とか)、今は、仕上がりを考えれば、かなりお得感がありますね。

 仕上がりコンマ9ということは、前の計算でいけば0.6%っていうことですからね!

 世の中の景気や経済状況も、一寸先は闇なのですが、自分の体も一寸先は闇。

 ある意味、疾病保障で持ち家というのも、一考の価値ありだと思います。

 ではでは。

 

|

« 投資マネー | トップページ | 増税!増税!また増税! »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 投資マネー | トップページ | 増税!増税!また増税! »