« 大津事件にみるネット監視社会 | トップページ | 経常収支 »

2012年7月 9日 (月)

研究あるのみ!

 おはよーでござんす。今朝のグループ会議では、ショッキングな内容を聞いたので、思いつくままにツラツラと書き込んでみます。

 その内容とは、他社さん動向の話から出てきたのですが、西宮にある仲介業者さんのお話でした。

 その会社では、特に新築系プロジェクト絡みの情報を保有しているわけでもなく、また、自社オリジナルの水面下の情報を保有しているわけでもなく、はたまた大手系のフランチャイズでもなく、更には、華のあるスーパー営業マンが揃っているわけでもないのに、仲介で全員が凄い数字を叩きだしているようです。

 特徴としては、ネットに力を入れていることと、ホームページから伝わってくるのが、凄くアットホームな雰囲気であるという点ですね。

 新聞チラシも、派手なカラー広告なんて見かけないですし、売りの専任を保有しているようにも見えないので、明らかに、レインズ物件(業者間の流通サイト)を買い側から客付けして、それがメインの手数料収入になっているのでしょうね。

 今までの、仲介業の代表といえば、完全歩合の厳しい営業軍団がいる仲介業者っていう感じから、ここ最近では、新築プロジェクトを出し続けることが出来る事業主に付属した販売会社系が仲介業の代表的存在だったことを考えると、全く、新しいタイプの仲介のあり方というよりも、大昔の愚直なまでの仲介業と表現した方がいいのかもですね。

 どちらかといえば、不動産ドットコム販売は、売りからの流れで数字を組み立てる会社で、常に、最新の情報を集めまくり、また、グループや自社の買い取りからの新規物件が豊富にあるという状態での数字の組み立てだったので、目からうろこが落ちる感じですね。

 西宮のお客様は、目が肥えているという大前提にたっての営業活動からは、考えもつかなかったですね。

 勝手な思い込みが、常に新しく進化し続けることを阻害し、言い訳を探していたような気がしますね。

 また、一からやり直しですね。研究あるのみ!がんばるしかないですね。

 ではでは。

|

« 大津事件にみるネット監視社会 | トップページ | 経常収支 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大津事件にみるネット監視社会 | トップページ | 経常収支 »