« 晩婚化の理由と超進化形態 | トップページ | 住宅金融支援機構 存続 »

2012年7月13日 (金)

ちょっとした工夫

 おはよーでござんす。段々と夜が寝苦しくなってきましたね。毎年のことなのですが、夜寝るときに、暑いので扇風機をタイマーでセットしているのですが、朝起きると、必ずと言っていいほど、扇風機が回っています・・・。一度、タイマーで切れてから、無意識の内に、もう一回、つけているんでしょうね。お蔭で、朝起きたら、直接体に当たっている部分が、カチコチになっています。体に良くないですね。

 大手仲介業者の店長さんが、転勤で西宮から尼崎の方に移動になったのですが、つい先だって電話があり、『一日中、どうやって数字作ろうか考えて、これしかないわ!』って、無理矢理、物件を買わされたのですが(笑、その時のお話です。

 やはり、仲介において数字を作るうえで、立地条件はかなりの要素となるのですが、西宮市の中心部である西宮北口から、尼崎の塚口駅前となると、お客様の層から物件価格まで、何から何まで違ってくると思われます。

 当然、営業のスタイルも、その場所に応じて変化してくると思われるのですが、その塚口のお店に着いた時に、『あっ!』と思わさられることがありました。

 それは、よく、不動産屋さんの店舗の前で見ることが出来るディスプレイのことですね。

 不動産ドットコムでも、お店の前に物件の掲示板やら、物件資料を展示しているのですが、結局、お客様の立場にたって良く考えきれてなかったなと。

 お客様の立場から考えれば、不動産屋さんと言えば、漠然と恐いもので、気になる物件があったとしても、『無理矢理買わされるんじゃないか?』とか、しつこくされるんじゃないか?などの不安感が付きまといますよね。

 掲示板に掲載されている物件を、ちょっと見たいだけやのに、仰々しくされても嫌だなぁって、誰でも思いますよね。

 そこで、ドン↓

Photo

 中古マンション、土地、新築・中古戸建を分類して、価格帯別に分けた最新の物件資料を、『ご自由にお取りください』という形で、設置してみました。

 現在、設置し始めて一週間ぐらい経つのですが、かなりのペースで減っているんですよね!!

 やはり、接触まではしたくないけど、資料としてちょっと欲しいというニーズは、かなりあったということですね。

 ほんの少しの工夫が、会社の運営に大きな影響を与えるという、代表的な出来事でした。

 まぁ、大手仲介業者の店長さんには悪いのですが、仕入れ物件で損こいたら、いくらヒントを貰ったとしても、許さないですからねannoy

 ではでは。

|

« 晩婚化の理由と超進化形態 | トップページ | 住宅金融支援機構 存続 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 晩婚化の理由と超進化形態 | トップページ | 住宅金融支援機構 存続 »