« 研究あるのみ! | トップページ | 晩婚化の理由と超進化形態 »

2012年7月10日 (火)

経常収支

 おはよーでござんす。ふと思い立って、今朝がた、親父に電話をし、『大津の自殺の問題、学校も教育委員会もどうなってんの??』と、疑問をぶつけたところ、『確かに、悪い所もあるんやろうけど、一方的なマスコミの報道だけを鵜呑みにせんと、一歩引いて、見た方がいいぞ。マスコミは、一度、流れをつくったら、一気に流してくるからな。過去にも、そういう例はたくさんあるやろ。』とのお言葉でした。

 確かに、なるほどなぁ~と。一方向だけの情報での判断は危険やなと、思ったと同時に、でも、あの大人達の対応は、民間なら無いわなぁ~と思った次第であります。今後、裁判で色々と明らかになるのでしょうが、一つ言えることは、この事件が、全国でいじめに苦しんでいる子供さん達のストッパーになってくれればいいのになと思うだけです。

 昨日、財務省の方から、国際収支が発表されたのですが、まずもって、経常収支の方は、一応、4か月連続の黒字でした。

 しかし、この中身の数字が結構やばい感じでして、貿易収支の赤字額は8482億円(前年同月は7713億円の赤字)で、東日本大震災の反動もあって自動車の輸出が前年同月より87・4%増と好調だったものの、LNGの輸入が同44・3%増と大きく増えたことが響き、貿易収支の赤字は3か月連続となっております。

 震災や水害を経て、立ち直ったかに見える日本経済なのですが、原発停止に伴うLNGの輸入額の増加は、強烈に大きく、いずれ、これが日本経済に悪影響を与えてくることでしょうね。

 いくら、加工貿易で稼いでも、原油・LNGの輸入増での帳消しどころか、大幅なマイナスは、議論の余地があるところでしょうね。

 心情としては、脱原発に理解を示したいところなのですが、火力のみでどっとこお金が出ていくことに、耐えられるんでしょうかね。

 それら、赤字達を上回って黒字になった要素が、企業の海外子会社からの配当収入などを示す所得収支で、11・7%減の1兆2737億円の黒字だったのですが、これも気になる動きですね。

 というのも、所得収支が減るということは、企業達が、海外にお金を残し始めたということでもあります。

 あちこちの大手企業が、海外に拠点をシフトするなかで、日本にお金を戻さずに、海外での再投資の動きが出てきているんじゃないでしょうか?でないと、所得収支の減少の説明がつきませんよね。

 ということは、総合すると、企業は国家の枠組みから離れていき、日本での生産は減少し、でも、原油やLNGの輸入は増えるなんて傾向は、家計で考えれば、

『お父ちゃんは、稼ぐけれど、外にも家庭を持ち、どちらかといえば、外での家庭を拠点に生活をはじめ、@@家としての資産は増えるものの、食費・生活費はドンドン高騰するから、残された家族は悲惨です。』

 なんて構図になっっちゃってるということですね。

 あ~怖。ではでは。

|

« 研究あるのみ! | トップページ | 晩婚化の理由と超進化形態 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 研究あるのみ! | トップページ | 晩婚化の理由と超進化形態 »