« 平均消費支出から考える影響 | トップページ | 人口動向 »

2012年8月28日 (火)

やっぱり・・・

 おはよーでござんす。やっぱりというべきか、悲しいニュースが流れましたね。

 産経ニュースからですが、

政府は27日までに、福島県以外の全国3カ所で、18歳以下の4500人を対象に甲状腺超音波検査の実施を決めた。東京電力福島第1原発事故を受け、福島県内の18歳以下の子供を対象に行っている検査では約36%の子供の甲状腺にしこりなどが見つかり、これらが事故による影響かどうかを見極めるためデータを集める

 福島県内の子供のうち、約3人に1人が甲状腺にしこりがあるなんて、どう考えても異常なことでしょう。

 いくら他の地域の子供を調査したとしても、やはり3人に1人は異常事態ですよ。

 当時の枝野官房長官は、『ただちに・・・』との発言を繰り返していましたが、早くも影響が出てきているとしか思えません。

 あの時、ヨウ素剤の配布も決めなかったし、『ただちに・・・』を繰り返し、住民避難、特に子供たちの避難をすすめなかった政府と東電の責任は重たいと思いますよ。

 しれ~っと、こういったニュースをサラッと流すことの恐怖を感じますね。原発事故から、まだ1年半で、この数字ということは、今後被害の拡大は、チェルノブイリを見ていたら、もっとひどいことになることでしょうね。

 これ、将来の日本にとっても、大きな訴訟問題に発展していくことでしょうね。完全に初動のミスです。

 なんとも言えない気分にならされるニュースでした。

 ではでは。

 

|

« 平均消費支出から考える影響 | トップページ | 人口動向 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

健康な大人では、40-60%にしこり(腺腫あるいは嚢胞)があるらしいので、36%は決して異常なほど高いわけではないかと思います。何にせよ、放射線の影響がなかったと思われる九州地方や中国地方などの子供たちと比較して、統計学的に有意に福島では多いのかを確かめないと何とも言えません。

投稿: | 2012年8月30日 (木) 00時56分

 政府は放射能の影響が少ないであろう、遠方の地域で測定するそうですね。
 ただ、SPEEDIの公開をしなかったり、メルトダウンを認めなかったり、プルトニウムは出ていないと言ったりと、当時思い出すだけで、結構、いい加減でしたよね。
 何もないならそれにこしたことはないのですが、結局リスクを背負わされる子供達って、どうなのかなって思います。

投稿: のりぞー | 2012年8月30日 (木) 13時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平均消費支出から考える影響 | トップページ | 人口動向 »