« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月30日 (日)

札割れ

 おはよーでござんす。台風が直撃するということで構えていたのですが、あんまりたいしたことないですね。ただ、この週末は、あちこちの学校で運動会の開催予定がキャンセルになってしまい、子供さん達は残念ですね。

 専門家ではないので、詳しく説明することは出来ないのですが、何となくわかっていることで、考えてみたいと思います。

 日銀は9月の政策決定で、資産買入等の基金を約10兆円ほど増額して金融緩和を打ち出したのですが、9月に入って、何度も日銀のオファーに対して応札額が満たない、札割れ状態が散見されています。

 これは、いくら日銀が金融緩和をしようが、民間の金融機関は資金需要を必要としていないということですね。

 金融機関にしてみれば、来年3月のモラトリアムの廃止に伴い、駆け込みの申し込みが急増していたり、実際、金融円滑化法で、元本の支払いを止めたところで、ほとんど(約9割)の企業が改善する様子もなく、逆に悪化している現状を見るにつけ、とても民間に貸し出すどころではないといったところなんでしょうね。

 海外勢特に、新興国の製造業の台頭は、確実に日本の裾野の中小企業の経営を圧迫しており、業績回復の目途もないままに、『緩和、緩和』の大合唱のもと、心臓から血管にはお金が行くが、そこで血液の流れが止まり、肝心の臓器や手先足先の毛細血管にまで血液がまわっていない状況が、今の状況なんでしょうね。

 逆に、民間の中小企業にしたって、新たに設備投資をして、新規事業に打って出るほどの展望も気概もなく、徐々に減り続ける売り上げに、経費削減などで、じっと頭を押さえ、環境が変わってくれるのを、祈っているというのがほとんどでしょう。資金需要のなさは、お互い様です。

 優良企業は、たらふく内部留保しているので、資金需要なんていらないですからね。

 だからなのか、自民党などは、強力な財政出動で、公共事業をしていくことを、マニフェストにあげていますが、これも、馬鹿みたいに積みあがった借金を更に増やす行為で、いずれは、消費増税などの国民の税金で処理する問題となり、頭の痛い話です。

 防災をしなければならないのは理解できますが、防災にお金を投じても、リターンがないのは分かりきっているわけで、そこから膨らむものは何もないわけです。防災では、次のお金を産まないですからね。

 堂々巡りの行きつく先は、強烈な新規産業が生まれない限り、結局は、不動産にお金がまわってくるような気がするのですが・・・。それぐらいしか、大量のお金の受け皿がないですからね。

 また、どこかで、ババ抜きが始まるわけです。

 ではでは。

| | コメント (0)

2012年9月29日 (土)

オープン♪♪

 おはよーでござんす。ついに、ついに、ついに、やりましたよ!!

 本来なら、10月1日オープンとのことだったのですが、楽天さんが土日休みのため、こっそり昨日オープンになっていました。

 ここの所ずっと、連日の深夜業務を頑張って作りこんだお店!!

『 Lux Jewelry Box 』

です!

http://www.rakuten.co.jp/lux-jewelrybox/

 新しいことに挑戦するということで、ネットショップをやりたいと、ずっと考えていたのですが、なかなか商材でピンとくるものがなく、悩んでいたのですが、不動産業界でお世話になっている北口の重鎮N社長に協力して頂き、ようやくここまでたどり着きました。N様、ありがとうございました。

 ほんと、WEB業者さんに依頼することなく、HPをつくっただけに、ものすごく愛着がありますね。

 びっくりすることに、オープン初日の昨日、さっそく、東京都のY様から注文が入り、宣伝も何もしていないのに、凄くうれしかったです。

 ネットビジネスの世界は、アマゾンに代表されるように、無限の可能性を秘めていると思いますので、コツコツ頑張っていきます!!

 ホームページは、お気に入りに入れて、ポコポコ買い物かごに商品を入れて、クリックしてくださいね。

 ではでは。

| | コメント (4)

2012年9月28日 (金)

投資用マンションの悪質勧誘

 こんにちわでござんす。今日も朝から決済で、さっきまで税理士さんと打ち合わせをして、無事に当社決算が終了しました。いや~、ほんと、今日だけは、ゆっくりしたいところなんですが、楽天のオープンの追い込みで、激労働ということで、心身ともに疲労困憊です。(笑

 国交省のホームページにも掲載されていますが、投資用マンションの悪質な勧誘がひどいみたいですね。

 曰く、何度もしつこく電話してきたり、断定的判断の提供(絶対に儲かります!etc)、威迫行為、非常識な時間帯の電話、長々と電話を切らせてもらえなかった等々です。

 まぁ、こういった商売は、手を替え品を替え、いつまでたってもなくならないのですが、根本的に言えることが、一つだけあって、 

『そうまでしてじゃないと、売れない商品』

であるということですね。

 大体、投資用マンションの場合、電話セールスしてくるのは、表面で5~6%位の利回りで、ローンをした場合、金利やら維持費やらで、差し引きしたらなんのこっちゃらって感じですね。それでも、銀行金利よりましって形でセールスするんですけどね。当然、空室リスクなんて論外ですね。

 本当に、収益購入を考えられているのなら、近くの不動産会社に行けば、レインズ(業者間のネット流通物件)検索で、条件の良い物件が山ほど出てきますし、希望条件を担当に伝えておけば、なんぼでも探してくれることでしょう。

 これから、ますます、収益物件は注目されてくると思いますので、ご参考までに。

 ではでは。

| | コメント (0)

2012年9月27日 (木)

安倍さん?

 こんにちわでござんす。日中関係がギスギスする中、株式市場は、上海総合指数の急落を受け、日本市場も急落と、もうすっかり、他の世界の市場に影響されっぱなしの様相を見せているのですが、それだけグローバル化が進み、世界中が色々な分野で密接につながりまくっているということですね。

 日本では、自民党の総裁に安倍さんが再び選ばれたわけなのですが、早速、マスコミは、安倍叩きを開始してますね。(笑

 このまま、任期満了となり総選挙となれば、多分、民主はボロ負けで、維新もそう票が伸びずの、自民党を中心とした政権が誕生することになり、その場合、自民党総裁の安倍さんが再び、日本の総理大臣になるということになります。

 安倍さんといえば、どちらかといえば、外交や憲法改正の話が目立つのですが、経済の方は、どうなのかと検索してみますと、

『一日も早いデフレ脱却と成長力の底上げで所得向上、雇用の創出に全力』とありました。

 まぁ、この辺は、歴代の民主党総理大臣も、『雇用、雇用』と言うことだけはしてましたからね。

 ただ、我々の生活に直結する注目する部分として、消費増税に対して、

『時期を間違えると結果として経済の腰を折ってしまう。デフレがずっと今と同じままなら上げるべきでない。』

と明言されております。

 この発言は注目ですね。財務省は、三党合意までして消費増税を勝ち取ったのに、庶民にとったら僅かですが、希望の光がありますね。

 まぁ、多分、さっさと消費税を上げないと、あっさりつぶされるでしょうけどね。

 というわけで、本日も平常運転なのでした。

 ではでは。

| | コメント (0)

2012年9月25日 (火)

商業地は底入れ

 おはよーでござんす。戦争なんてないほうがいいに決まっているのですが、戦争のなかった時代なんてないように、致し方ないことなんでしょうかね。個人レベルでの喧嘩がなくならないのと一緒なんでしょうね。理性を保持した唯一の生物ですら制御できない闘争の本能ってものが、動物にはあるのでしょうね。逆に言えば、この本能があるからこそ、生物は存続できてきたのかもしれませんしね。

 今日の日経新聞の記事に、ここのところ何度も焼き直しされてきた記事が掲載されてました。

 『商業地の底入れ』とのことなのですが、大手コンビニのファミリーマートが、店舗用地の取得に乗り出すそうです。今までは、地価の下落リスク等で、基本賃貸がメインだったのですが、商業地が底入れということで、賃貸から取得へシフトしていくそうです。

 また、外資も積極的に首都圏を中心に収益モノをあさっていることは、ちょくちょく色々なところで耳にします。

 まぁ、一言でいって、超のつく低金利と、一時期に比べ相当、商業地が下がったことにより、収益の利回りが上昇し、投資魅力が増えたことが要因ですね。リートも絶好調のようで、個人投資家の資金が流入しております。

 物凄い長い目で見た場合の、不動産価格の予想はさておき{暴落するのか、暴騰するのか(ハイパーインフレ??)}あんまり変わらないのか?)自分自身が生きている間での、もしくは、勤めている間でのリスク管理で考えた場合、今が買い時と判断する人が多いのでしょうね。

 この商業地の動きが、住宅用地までに波及するのか?はたまた、首都圏等の一過性で終わるのか?

 消費増税と住宅ローン控除の兼ね合いなどなど、タイミングが難しいところではありますが、一応プロたちは、こう動いていますよとご報告まで。

 ではでは。

| | コメント (0)

2012年9月24日 (月)

先喰い

 こんにちわでござんす。さすがに、9月の最終週ということもあって、メチャクチャ忙しいですね。ほとんどの企業さんは中間決算ですし、僕んとこも決算とあって、銀行に日参の毎日です。もうフラフラ・・・。

 アメリカで、またまたサブプライムが再燃するんじゃないかとの危機感が出てきているのですが、ニュースで有名になった、ファニーメイやフレディマックなどの政府系住宅金融機関における新規則で、政府系住宅金融機関に売却された住宅ローン債権について、3年連続で借り手がきちんと返済していれば、査定に不手際が発覚しても銀行に買い戻しを命じることができなくなるというものです。

 簡単に言うと、ローンを払う人が、3年間さえキチンと支払いさえすれば、ローン受付の銀行が、不正な審査をしていても、ツケは政府系金融機関=税金になりますよってことです。

 サブプライムの時もそうでしたが、数字を追いかける会社は、どうしてもブレーキが利かない時があり、みんなで渡れば怖くない心理からか、オーバーシュートしてしまうことがままあります。

 日本にしたって、アメリカにしたって、ずっと不動産は右肩上がりに地価が上昇し続けるという大前提が崩れたことによるパニックになりました。

 昨今に至っては、収入いわゆる給料さえも、右肩上がりで上昇し続けるという前提が崩れているわけです。

 でも、ローンは、今後数十年の自分の将来の収入を先喰いしているわけで、そりゃ前提が崩れたら皆こけた状態になるのも当たり前の話ですね。

 現在のところ、日本に関しては、まだ何とか、収入面での前提は成立しているように見えますが、ここ最近の、ソニーやパナ、シャープを見ていれば、一寸先が闇なのは痛感するところです。

 でも、住む所はないと困るし、家賃はもったいないし・・・。で、難しい判断を迫られるといった感じですね。

 ではでは。

| | コメント (0)

2012年9月23日 (日)

言葉って大事

 おはよーでござんす。頑張る!頑張る!頑張るぞっーー!!!!

 ふ~、ここ連日、追い込みの作業詰めで疲労困憊なのですが、こんな時こそ、大きな声で口に出して、『頑張るぞー!!』ですね。

 日本では、古来より、言霊という言葉があるように、声に出した言葉が現実の事象に対して何らかの影響を与えると信じられ、良い言葉を発すると良い事が起こり、不吉な言葉を発すると凶事が起こるとされてきました。

 これって、別にオカルト的なことではなく、科学的にも証明されているんですよね。

 『ミラーニューロン』という神経細胞が、霊長類などの高等生物には存在するのですが、その神経細胞の働きは、簡単に言うと、『他の個体の行動を見て、まるで自身が同じ行動をとっているかのように"鏡"のような反応をすることから名付けられ、他人がしていることを見て、我がことのように感じる共感(エンパシー)能力を司っていると考えられている。』というものです。

 例えば、目の前で、レモンを丸かじりしている人を見たとしたら、自分はレモンをかじっていないのにも関わらず、口の中が酸っぱくなったことってありますよね。

 同じ理屈で、脳には真似をする神経細胞があり、言葉による影響も受けます。「これを飲めば良くなります」とか「元気になりますよ」などと言われると、言葉の「ミラーニューロン」が働いて気分が良くなるドーパミンが分泌されます。

 つまり、脳にそのような作用があるということは、自分の周りを、幸せな、プラス的な事象・現象で囲ってしまえば、自分自身も幸せを共有できるということですね。また、逆も真なりです。

 類は友を呼ぶという慣用句も、そういうことですね。

 だから、今日も明るく、元気に、『頑張るぞー!!』『のりぞーって天才!!素敵すぐる!!』って、声を大にして、口に出しましょう!!

 さっ!お昼寝しまっす。

| | コメント (0)

2012年9月22日 (土)

人件費率

 こんにちわでござんす。ルネサスが官民複合体での買収案が出ているのですが、世界と戦う製造業は、まさにギリギリの勝負になっていますね。

 グローバル化が推し進めたものは、一言でいうと、世界的な人件費の平準化です。人件費の安い国で製造し、コストを下げて、全世界に販売する。人件費のコストが上がりだせば、また安い国に工場を移すということの繰り返しですね。

 当然のように、途上国に生産拠点が移るということは、先進国の雇用状況が悪化し、収入も減るということになります。これが、平準化ですね。

 現在、日本の業種別平均人件費率を見てみますと、

(人件費率)=(人件費)÷(売上)

居酒屋 36.2%

レストラン 33.3%

美容室 54.3%

コンビニ 11.1%

アパレル 20.3%

家電小売り 13.9%

製造業 15.0%

などなど、他にも色々あります。

 単純には言えませんが、人件費率が高いほど、経営が不安定になるのは理解できますよね。

 ここで単純に、売り上げが減少すれば、分母の値が小さくなるので、人件費率が上がります。

 業種ごとの適正人件費率というものがあるとは思うのですが、例えば、不景気になったり、今まで売れていたもの(例えば、液晶や家電で考えれば簡単だと思います)が、他国の企業に売り上げシェアを奪われたりすれば、必然的に人件費率が上昇し、適正に合わせるために、分子である人件費の減少に繋がるわけですね。

 今後は、あらゆる業種で、上記の現象がおこるはずで、生活レベルの低下は覚悟しないといけないのかもですね。

 ではでは。

| | コメント (0)

2012年9月21日 (金)

例えば・・・

 こんにちわでござんす。ここ最近の、ニュースを見て、自分ならどうするんだろと思うことを、つらつらと。

 例えば、目的地までも行き方がわからなくて、道を尋ねられることがあります。実際、当社の場合、駅前に立地しているので、よく道を尋ねられることがあります。これは、当然のように親切丁寧に教えますね。

 これは、当然のこと。

 例えば、友達が悩んでいて、相談にのって欲しいと言われた場合。まずは、話は聞きます。出来ることなら、相談にのってあげ、解決できるようサポートします。内容次第ではありますけどね。

 これも、当然のこと。

 例えば、夜中に人が道路で寝ているのか?倒れているのか?の場合。

 この辺から、微妙になってきますね。二人とか、三人とかの複数人でいる時ならば、声掛けもするでしょうが、一人で夜中なら、声を掛けるかどうか・・・。酔っ払いの逆襲とかもありそうですし。

 例えば、小さな子供が、ポツンと一人で、困って佇んでいたら。

 これも、微妙ですね。普通の声掛けが、警察のメールで不審者という扱いで流れる時代ですからね。

 例えば、電車内で、酔っ払いが仕事帰りのOLに絡んでいたのを目撃した場合。

 もうね、このレベルになると、80%近くの人が、かわいそうにとは思うでしょうが、実際、助ける行動に出るのに躊躇うのではないでしょうか。

 もっといけば、例えば、電車内で、集団の不良達が、一人の女の子に絡んでいた場合などになると、頭にはくるでしょうが、実際、一人では太刀打ちできないですし、とばっちりを受けたくないという思いが先にたつので、どうしても下を向いてしまいます。

 これって、自分自身に置き換えた場合、よく身に染みると思うんですよね。正しいことと、頭で考えることと、実際行動に移すことのギャップを。

 今、日本は、複数の隣国から、理の通らないことでガンガン圧力をかけられています。

 話し合いなどで解決できるレベルではない相手に、どうやって付き合っていくのか?

 実際、マンションなんかでも、管理規約を守らない、迷惑で声の大きい住人が残り、周りの人が出ていくという現象をみるにつけ、理ではなく、出来ることなら避けたいという感情の方が先にたつのでしょうね。お金がかかってもね。

 つくづく、難しいなと思う今日この頃なのでした。

 ではでは。

| | コメント (0)

2012年9月20日 (木)

新しいことに挑戦

 こんにちわでござんす。すごく心配なのですが、8月の貿易収支が2カ月連続の7541億円赤字となりました。ここのところ、赤字が定着しているようで、心配ですね。

 取り巻く環境は、あまりいいとは言えないのですが、愚痴ってても仕方がないので、やるっきゃないです。

 というわけで、以前当ブログに書いていた、ネット販売のお仕事が、いよいよ大詰めを迎えています。

 楽天さんの審査も通り、あとは10月1日の開店を待つばかりですね。ここのところ連日のように遅くまで準備活動をしていて、パソコンの前で、ずーーーーっと入力作業をしているので、肩こりが半端ないです。

 まさか、この年でHTMLでタグを組んだりするとは思いませんでしたよ。(笑

 でも、色々と勉強して、新しいことにチャレンジするのは、凄く面白いですね。

 結果は別にして、新しいことに挑戦することの大切さと充実さを感じている毎日でございます。

 オープンした暁には、このブログでも告知しますので、是非、覗いてやってくださいね。

 ではでは。

| | コメント (2)

2012年9月18日 (火)

住の移動

 おはよーでござんす。ついに、中国の漁船団が尖閣諸島を目指して1000隻ほど向かっているみたいですね。いよいよ、一発触発状態に突入しています。中国国内の権力闘争とも言われていますが、いい加減、日本をだしにして暴れまわるのも止めてほしいですね。大人の対応で、沈静化するのを祈るばかりです。

 前門の虎後門の狼よろしく、課題が累積なのですが、外交では中国、韓国との問題があり、内政では党首選一色となってきています。

 でも、忘れちゃいけないのが、原発の問題。最近、文部科学省は、ストロンチウムの分布調査を発表しました。

Photo

 ストロンチウム90は、半減期が約29年で、骨に蓄積されるため人体に対する危険が大きいとされています。

 確か、事故当初は、空気より比重が重いので、原発の敷地内からほとんど広がらないと、有識者の人が言っていたような記憶があるのですが、嘘ばっかりの結果になっていますね。

 文科省の調査では、北関東及び、群馬県にまで広範囲にわたって拡散している様がみてとれます。

 これってどうなんでしょうね。今更、知らされてもと思うのか?より、現実的な被害が表面化してから、慌てだすのか?それとも、たいしたことないのか?

 その後の、福島第一の状況も、最近では、全く聞かなくなりましたし、本当に安定状態になっているのでしょうか?

 一時期言われた、遷都の話や、伊丹空港跡地を筆頭とする副首都構想も聞かれなくなりました。

 ただ、この先、上記のような調査報告が次々に発表されだすと、どういう行動に出るのでしょうね。

 もしかしたら、本当に、『住』の大移動が起こるかもしれないということを、頭に入れておかないとですね。

 ではでは。

| | コメント (0)

2012年9月17日 (月)

基本は教育

 おはよーでござんす。中国各地のデモが、デモというより暴動が手のつけられない状況になっていますね。

 本番は、明日18日の柳条湖事件81周年だそうで、明日がピークとなりそうです。

 官製デモとか色々言われていますが、基本的なところは、貧富の差を不満とする民衆のマグマが爆発したものでしょうね。共産党批判の垂れ幕も見受けられるようですし。

 日本でも、16年前に西成で暴動が起きましたが、やはり根底にあるのは、貧しさだと思われます。当時、テレビで、暴動化した群衆が、自販機とかをぶっ壊して、ヒャッハーしていた映像を、今でも覚えています。

 アフリカの援助関係なども、国連やNGOから援助物資があると、働かなくなり、いつまでたっても農業が根付かないそうです。農業が根付かないから、毎回、援助を要求するという悪循環ですね。

 デモにしろ、暴動にしろ、根付かない農業にしろ、全ての根本原因は、お金(食糧)であり、やはり最低限の幸せのためには、綺麗ごとではなく、絶対に必要な要素なのでしょう。

 そして、そのお金の基になるものが、『教育』だと思います。キチンとした公平な『教育』を受けれる環境にいるということを、我々日本人は感謝しないとダメですね。

 ここ最近の中国の暴動と、落着きはらった日本の対応を見比べた時、つくづく教育の大切さを痛感するのでした。

 ではでは。

| | コメント (0)

2012年9月16日 (日)

いわくつきの物件

 おはよーでござんす。中国のデモというべきか、暴動というべきかが、凄いことになっていますね。人のふり見てわがふり直せじゃないですが、日本では、在日の中国の人たちに暴行等の事件が起こらないことを祈るばかりですね。

 長いこと不動産をやっていますが、のりぞーの場合、あんまり、いわゆるいわくつきの物件というものに出会ったことが少ないです。

 たま~に、買い取りの物件で、いわくつきと言われる物件の査定がくるのですが、非常に悩みます。

 半値八掛けとかよく言いますが、実際、その値段で売却が出来るかどうかなんて確信ひとつもありません。

 でも、冷静に考えてみれば、有史以来、日本中のあちこちで戦争が行われていたわけですし、第二次世界大戦のときは、空襲で多くのエリアで戦死者が出たわけです。

 更には、もしも、霊的なモノが存在するとするのならば、現代の科学で、何等の記録なり根拠なりが提示されるはずですが、企画モノ的な番組はあったとしても、政府なり国が公認したものなんて存在しません。

 ということは、すべからく気分的なものなんでしょうね。

 ならば、完全に気分と割り切ってしまえば、いわくつき物件は、非常にコスパに優れた商品となります。

 事実、地価の高い首都圏では、いわくつき物件ばかりを集めたサイトが人気とも聞き及びます。

 趣味や嗜好が多様化した現代なら、ありなのかもしれませんね。

 ではでは。

| | コメント (0)

2012年9月15日 (土)

消費税の駆け込み

 こんにちわでござんす。昨日は、あるプロジェクトの打ち上げで、久しぶりに西神に転勤した大手の所長さんとお話していたのですが、今、西神では、消費増税に備えたお客様の動きが活発化しているそうです。

 かたや、阪神間で考えてみますと、消費増税に備えた動きが活発化しているようには見えません。

 この動きの差を、どう考えれば良いのか??

 単純にグロス論の差と捉えればいいのか?

 それとも、住宅ローン減税の拡充予想から、その結果を見てからと考えている人が阪神間には多いのかもしれませんね。

 どちらにせよ、政権と予算が確定してこないことには、なかなか動きが取れないのが正直なところなんでしょうね。

 ではでは。

| | コメント (0)

2012年9月14日 (金)

爆釣

 おはよーでござんす。やっぱり、FOMCでQE3を決定しましたね。また、金利の方も2015年半ばまで延長とのことです。雇用改善まで緩和し続けるという強いメッセージを出していることから、当面、世界中でお金が余りまくる現象が続きそうです。

 為替は当然、円高に振れたのですが、これを受けて日銀の金融緩和も市場からの圧力に屈する形で行われるものと考えられ、ただし、その内容がしょぼかった時の為替相場が恐ろしいですね。

 中央防災会議における、首都圏の水害想定がCGでニュースに流れたり、熱海湯らっくすマラソンが来年、「津波襲来時の避難路が十分に確保できない」として、中止されることが決まったりと、引き続き、地震・津波関係のニュースが流されていますね。

 熱海湯らっくすマラソン中止の理由が、本当に津波被害を想定してのものかどうかは、おいといたとして、津波襲来という理由から、今後、イベント等が中止されるたびに、ニュースになるというのは理解できますね。

 今後、震災リスクが高まるにつれて、こういったニュースが流れるということは、海抜の低いエリアの不動産市況に多大な影響を与えるものと思われます。

 更には、原発事故以降、行政の方針として、被害想定を過少評価せず、最大に近い形での被害想定をしているケースが目立っており、この傾向も市況に影響を与えると思います。

 というわけで、話は大幅に変わるのですが、当社の西側の道路、ちょうどクリーニング屋さんとコインパーキングの間の道路は、朝の7時~9時まで、歩行者専用道路になるんですよね。

 というのも、北夙川小学校の生徒さん達の通学路になっているからなのです。

 ところが、この歩行者専用道路、多くの人が違反しております。

 まぁ、標識が気づきにくいというのもあるのでしょうが、実際、生徒さん達が通学しない時間帯ともなると、ビュンビュン車が通ります。

 というわけで、本日も、取締りをやっていたのですが、まぁ~、次から次へと、ドンドン切符を切られていきます。

 もうね、まさに、爆釣状態。

 僕が見ているだけでも、軽く10台は捕まっていましたよ。警察の人も、うんざりしてたんじゃないでしょうか。

 直前で気付いて、バックする車も多数いましたからね。

 池銀まで行って信号待ちの鬱陶しさと比べたら、駅への直通の道なので、非常に便利だとは思うのですが、小学生の登校する列に自動車が突っ込む事件が後を絶たないわけですし、朝の登校時くらいは、守らないとですね。

 以上、苦楽園情報基地局石刎支部からのお知らせでした。

 ではでは。

| | コメント (0)

2012年9月13日 (木)

杜撰・・・

 おはよーでござんす。日本維新の会が旗揚げしましたね。といっても、選挙費用は借金してでもつくってこいという姿勢なのですが、とてもとても・・・。お金を貸してくださる方がいるのかどうか。それに、お金を借りれば、そこに因果が生まれ、金銭的なしがらみのない政党姿勢と相反するような気がするのですが、どうなんでしょう。しかし、選挙にお金がかかりすぎるのも、どうかと思うのですが。

 まさに、杜撰としかいいようのない出来事です。最近、とある物件を建売用で購入したのですが、解体してみてビックリ!!

 四方八方の隣地から上水・下水・雑排水の管が越境されていたんですよね。

 昔の建売なんかで、よく見かけるのですが、敷地の境界を守って、上下水の配管をするよりも、費用を少しでも浮かすために、1本の管を2つや3つに分けて供給するわけです。

 その業者さんにしてみたら、次に解体してめくられるまで約20年~30年くらい経過するわけなので、あとは知ったこっちゃないというパターンですね。

 ほんでもって、次にめくった僕が、隣地さんにいってお願いして、お金も払って、引き直すわけです。

 アホらしいの一言ですね。いかに、昔の建売業者さんが杜撰だったのかが窺いしれる事案なのですが、そういう意味では、現在はキッチリしていますね。

 また、そうやって、配管を引き直すことによって、街の美化に協力していると自分を慰めるしかないですね。

 ではでは。

| | コメント (0)

2012年9月11日 (火)

美味しいラーメン

 おはよーでござんす。しかし、現職の大臣が自殺するって、すごいことですよね。確か、今年の春先に、政府でAKBにちなんでGKB47って名前で、自殺防止のキャンペーンをやっていたような気がするのですが・・・。

 閉塞感が人間を鬱にするという典型例をみているようです。

 そういえば、ある番組で、芸人の一発屋さんの解析をしていたのですが、長州小力さんにしても、レイザーラモンHGさんにしても、同じ芸なのに、全盛期に売れている時と、売れなくなってからでは、動きも勢いも全然違っているというのを見ました。

 売れなくなったから、テンションが落ちたのか、テンションが落ちたから、売れなくなったのかは分かりませんが、閉塞感の原因は、環境ではなく、すべからく自分にあると考えないと、打開はできません。

 ここが非常に難しいところですよね。慣れと惰性が生ずる以上、必ずつきまとう現象です。

 営業なんてもんは、断られて当たり前。100人お客様がいたら、99人に断られるのが当たり前のことなのに、そのことを頭でわかっていても切り替えが出来ない人がほとんどです。だから、マイナスをドンドン蓄積し、『どうせ』という惰性が発生し、たった1の成功すらとり逃してしまうのです。

 出来る営業マンは、出来ないことの言い訳をせずに、出来るまでやる。たったそれだけの意識の差なんですけどね。

 もう一度、『美味しいラーメンを、人に食べさせたい時に、どうする?』ということを考えて、仕事にあたれば、先に明かりが見えてくると思います。

 閉塞感を打破するのは、自分しかいないというお話でした。

 ではでは。

| | コメント (0)

2012年9月10日 (月)

兵庫県津波浸水想定区域図

 おはよーでござんす。今朝のグループ販売会議で、津波被害の影響について話し合いがあったのですが、なるほどなぁと思ったことが、グループ会社の営業さんの一人に、和歌山県の白浜、田辺に住んでいた社員さんがいて、意識の違いについてお話されていました。

 いわく、街全体が、津波は必ずくるものと考えていて、いざ地震があり津波が来た場合、どこに避難するのか?準備するものは?家族間の安否確認の方法などなど、常に意識して過ごしていたそうです。

 のりぞーも、南紀白浜に泳ぎにいったことがあるのですが、確かに、海に面した平野部は、津波がくれば、そうとうの被害が出るだろうなというような地形でした。

 そういった意味では、兵庫県、特に西宮市民にとって、津波と言われてもピンとこないものがありますよね。

 ちなみに、兵庫県では、津波浸水想定区域図というものを作成しており、津波がおきた場合の、被害想定をされています。

http://web.pref.hyogo.lg.jp/pa18/documents/000190487_1.pdf#search='津波%20兵庫県'

 床上浸水の場合、火災保険では、地盤面から45センチ以上の浸水と定義されているのですが、西宮市の場合ですが、43号線から南側で、かつ湾が入り込んだエリアが床上想定されていますね。

 床下浸水の場合でも、床をめくり、泥やごみを除去・清掃し、十分に乾燥させたあと消石灰などの消毒剤を衛生上、散布し床仕上げを復旧しなければなりません。乾燥が十分でないと、土台や根太・柱脚にカビが生えたり、腐ったりしてくる場合もあります。少なくとも、数十万の費用はかかりますね。

 床上浸水の場合は、ケースバイケースでしょうが、数百万円の費用はかかるでしょう。

 これから、地震のリスクが高まるにつれて、この手の被害想定は、更に、報道されることが多くなることが予想され、そういった意味では、43号線南の不動産市況に多大な影響を与えることは必至でしょうね。

 南部の不動産を携わるにあたっては、非常に難しいかじ取りを要求されそうです。

 ではでは。

| | コメント (0)

2012年9月 9日 (日)

QE3

 おはよーでござんす。まだまだ暑い日が続きますね。早く、秋の気配を感じたいものです。

 昨日のNY市場は、8月の米雇用統計が市場予想よりも大幅に下回ったということで、QE3への期待感が急速に高まってきているようです。

 QEとは、量的緩和のことで、FRBが米国債等を購入し、市場に大量にドル資金を供給することなのですが、6日には、ECBが国債買い入れを発表し、またまた『円』だけが取り残される環境が整いました。

 そりゃ、ドルもユーロも、お札を刷りまくれば、相対の『円』が相対的に高くなるのは当たり前ですよね。

Gc

 上記グラフは、ドル円チャートの月足なのですが、前々回のQE1(08年11月~10年6月)の時も、前回のQE2(10年11月~11年6月)の時も、見事に円高に振れております。

 これ以上の円高は、更に産業の空洞化を生みます。アメリカ大統領選の演説を聞いていても、何度も国内の雇用を増大させるという決意を表明されています。

 ユーロもドルも、ジャブジャブにお札を刷る中、円だけがじっとしていたら、国内の雇用は、更にダメージを受けるのは必至です。

 若年層の雇用を創出させるためにも、政治判断が必要な時ですよね。

 ではでは。

| | コメント (0)

2012年9月 8日 (土)

水災

 おはよーでござんす。保険というものは、いざという時の為のものであり、使わないにこしたことがないのですが、では、いざという時に、本当に役にたつのかということを再点検しておいた方がいいですね。

 最近、1時間に50ミリを超えるようなゲリラ豪雨が、あちこちで降るのですが、火災保険における水害の補償の対象となっているのかどうか?

 万が一、床上・下浸水した場合、補償の内容はどこまでの範囲なのか?

 例えば、床上浸水などしてしまうと、床の張り替え、壁の張り替え、泥の撤去、仕上げ等々で、数百万円位かかってしまいます。

 この前のニュースで流れていた、南海トラフ巨大地震の被害想定。地震の津波による水害は、火災保険の補償対象外となります。

 地震関係の災害は、地震保険しか補償されるものはなく、その場合、半壊・全壊の認定度合いと、補償額はどうなるのか?

 使わないにこしたことのない保険なのですが、勝手な思い込みで被害を被ってから後悔しても遅いです。

 今一度、ご自宅の火災保険の補償内容を点検されることをお勧めします。

 ではでは。

| | コメント (0)

2012年9月 7日 (金)

泥臭く

 おはよーでござんす。ん~と、最近思うことを少し。

 確かに、コンプライアンスが厳しくなり、消費者サイドにたった法律も定められ、契約書や重要事項説明にしても、一昔前では考えられないくらいの量が記載され、営業マンにとったら萎縮せざるを得ない環境になっているとは思うのですが、それとスタイルは別問題だと思うんですよね。

 どちらかといえば、現在流行りのスタイルは、ソフト営業で、過失に敏感になり、意思決定も完全にお客様側へバトンを渡し、その繋ぎ役としての存在でしかないと。

 ある人なんかは、その状況をみて、『自動販売機』と表現されていましたが、正鵠を射るということでしょう。

 減点主義を恐れるのは、己の知識不足と努力不足と、準備不足のせいであり、決して、世の中の環境の変化ではありません。

 現に、こんな環境下でも、売り上げを築きまくる営業マンはごまんといます。

 最高の知識武装をして、最高の準備をし、最高のおもてなしをし、提案、意思決定の促しを、当たり前のようにする。

 泥臭く、泥臭く。営業なんて泥臭くやって、なんぼの商売ですよ。

 こんな時代だからこそ、泥臭い営業が必要なんじゃないかと、最近、思うのでした。

 ではでは。

| | コメント (0)

2012年9月 6日 (木)

月一食事会

 こんにちわでござんす。やっぱりというべきか、お寿司屋さんでの貸切食事会は、体に悪いですね。途中から、すっぱりと記憶がなくなっております。

 一応、今回は、前回よりは、おとなしかったそうなのですが、どうなんでしょうね。

 大手の営業さん達にも参加してもらい、大フィーバーです。いつものことながら、千ちゃん、ありがとうございます。

 では、勇姿の数々をご覧ください。

Dsc_0031

Dsc_0038_2

Dsc_0044_3

Dsc_0052_2

Dsc_0059_2

Dsc_0075_3

Dsc_0077_2

Dsc_0083

Dsc_0084

 まぁ~、当分、お酒は見たくないですね・・・。

 来月も、営業さん達に、頑張っていただいて、楽しいお食事会を催したいですね。

 ではでは。








| | コメント (0)

2012年9月 4日 (火)

ただいま、朝の4時です・・・

 おはーよーございます。

 ただいま、朝の4時でございます。

Sh3k01920001

 月一回のお食事会のために、のりぞーは朝の4時に起きだして、向かった先は、

Sh3k01950001

 そうです。苦楽園が誇るお寿司屋さん、『すし千』でございます。

 さっそく、千ちゃんとひろしを車に乗せて、深江にある東部市場へレッツゴーです。

 今回は、月一食事会の為に、仕入れから手掛ける気合の入れよう。そりゃ、眠いです。

Sh3k01970001

 市場に到着!!

Sh3k01990001

Sh3k02030001

 ネタ探しをする、のりぞーと千ちゃん。こうやって見たら、のりぞー、痩せなあかんね・・・。

Sh3k02010001

 桶には、お魚やエビ、貝などが、てんこ盛りで、気分が盛り上がって参ります。

 4時50分に、大きなサイレン音が鳴り、競りが始まりました。

Sh3k02090001

 昔に比べて、大分、競りも縮小されたそうで、東部市場も競りがなくなるんじゃないかと言われているそうです。

 活気のある声で、何を言っているのかわからないのですが、次々と魚が落札されていきます。

 ただ、競りなのに、あちこちでジャンケンしてたのは、何なんやろ・・・。

 というわけで、大量の魚介類をゲットして、帰ってきました。今日は、月一回のお食事会であります。

 当然、のりぞー、腕をふるってのお出迎えでございます。体力温存しておかないとダメなので、一眠りして、福利厚生 頑張ります! 

 ではでは。



















| | コメント (0)

2012年9月 3日 (月)

南海トラフ巨大地震と不動産価値

 おはよーでござんす。東日本大震災の被害の大きさから、地震の被害想定を見直す動きが加速しているのですが、次に来ると言われている『南海トラフ巨大地震』の最大被害想定は凄い数字がでましたね。

 最大、死者32万人 全壊238万棟という、とんでもない数字が出てきたのですが、もっとも、上記数字は最大被害の数字であり、防災対策さえしっかりしておけば、死者数も最大で8割削減できるという数字も出ています。

201208290172111n

 読売オンラインさんから、転載させていただいた、上記グラフをみても、太平洋側の浸水の被害は、かなりの広範囲で想定されており、不動産価格への影響も懸念されます。

 実際、西宮市でも、東日本大震災での津波の影響で、一時的に南部エリア、特に海沿いの物件の売れ行きが、パタッと止まったのですが、最近では、あまり気にされることもなく、通常の売れ行きになってきつつあった中での、南海トラフのニュースは、南部の不動産市場へ多大な影響を与えそうですね。

 現場では、南部のマンションに住んでいるお客様が、津波や浸水被害を考慮し買い替えを考えているような人も出てきており、もしも、この動きが加速するようならば、南部特に海抜の低いエリアでの不動産価格に多大な影響が出そうですね。

 需要と供給で、モノの値段が決まる以上、この動きには注意しておかないとですね。

 ではでは。

 

| | コメント (0)

2012年9月 2日 (日)

更なる単身化

 こんにちわでござんす。政治の世界が、ザワザワし始めましたね。民主党も自民党も、総裁選でゴタゴタの所に、維新の会や石原都知事を巻き込んでの、新党構想と、にぎやかです。でも、いつも思いますが、政治がどんなに混乱しても、官僚がしっかりしているから、日本って、変わんないですね。

 毎日新聞にショッキングな記事が掲載されています。『厚労省調査 非正規労働者の30代男性、未婚75%』という記事なのですが、『30代男性の非正規労働者の75.6%が未婚で、正規労働者(30.7%)と2.5倍もの差のあることが厚生労働省が30日公表した調査結果(10年実施)で分かった』そうです。

 同じように、未婚、晩婚化も進んでおり、少子化問題の深刻さが窺えますね。

 ちなみに、非正規雇用者の比率は、

3250

 全体の20%近くまで上昇してきております。

 子育てや教育費等々を考えると、結婚なんてとてもという感じなのでしょうね。

 これだけ、世帯の構造が変化してくると、産業自体もターゲットも変えていかないとダメでしょうね。

 大きな部屋より、ワンルームの需要が増えることでしょうし、テレビも大きなテレビは不必要になります。ご飯も、お惣菜系の簡単に食べれるもの、ネットの環境と自分の趣味に時間とお金を使うといった生活スタイルでしょうね。

 なんか、大学時代の一人暮らしを思いだす感じなのですが、あの時の生活スタイルを思い出せば、今後のニーズは、確実にとらえることが出来ると思います。

 しかし、そう考えると、戸建需要も、だんだんと減っていくんでしょうね。

 ではでは。

 

| | コメント (0)

2012年9月 1日 (土)

FRBのバランスシート

 こんにちわでござんす。昨日のNYダウは、QE3、更なる量的緩和期待で株価上昇をしているのですが、どうなんでしょうね。

 慢性的に不安定なユーロのお蔭で、全世界的に不安定な状態になり、どうしてもFRBとしては、量的緩和の方向で、ごまかしをしないといけないのですが、

 下の図は、FRBのバランスシートです。

Zu15

 上記図の青色が、リーマンショックによる金融不安で、金融機関に資本注入した部分です。ただ、金融機関への資本注入は、危機の収束に伴い返済されたため、減少しているのがわかります。

 かわって、ここにきて一気に増加しているのが、赤色の部分である、過去2回の量的緩和であるQE1、QE2の米国債や住宅ローン担保証券などの大規模資産購入ですね。

 ここ数年の金融緩和のせいで、FRBのバランスシートが強烈に膨らんでいるのがわかります。

 当然、米国による量的緩和なわけですから、過去2回とも急激な円高に振れ、輸出企業が悲鳴をあげたのも、記憶に新しいところです。

 それでもって、通常ならば、バランスシートを縮小の方向へ持っていきたい所なのでしょうが、市場の催促は、更なる量的緩和ですもんね。

 自分たちのツケを、通貨発行でまかなっていたら、そりゃ~、貨幣価値は下がりますよ。

 というわけで、日銀もQE3には、同じく量的緩和で対抗しないことには、またまた円高にふれ、今度こそ、輸出企業は瀕死の状態を迎えるのではないかと危惧するのでした。

 ではでは。

| | コメント (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »