« 人件費率 | トップページ | 先喰い »

2012年9月23日 (日)

言葉って大事

 おはよーでござんす。頑張る!頑張る!頑張るぞっーー!!!!

 ふ~、ここ連日、追い込みの作業詰めで疲労困憊なのですが、こんな時こそ、大きな声で口に出して、『頑張るぞー!!』ですね。

 日本では、古来より、言霊という言葉があるように、声に出した言葉が現実の事象に対して何らかの影響を与えると信じられ、良い言葉を発すると良い事が起こり、不吉な言葉を発すると凶事が起こるとされてきました。

 これって、別にオカルト的なことではなく、科学的にも証明されているんですよね。

 『ミラーニューロン』という神経細胞が、霊長類などの高等生物には存在するのですが、その神経細胞の働きは、簡単に言うと、『他の個体の行動を見て、まるで自身が同じ行動をとっているかのように"鏡"のような反応をすることから名付けられ、他人がしていることを見て、我がことのように感じる共感(エンパシー)能力を司っていると考えられている。』というものです。

 例えば、目の前で、レモンを丸かじりしている人を見たとしたら、自分はレモンをかじっていないのにも関わらず、口の中が酸っぱくなったことってありますよね。

 同じ理屈で、脳には真似をする神経細胞があり、言葉による影響も受けます。「これを飲めば良くなります」とか「元気になりますよ」などと言われると、言葉の「ミラーニューロン」が働いて気分が良くなるドーパミンが分泌されます。

 つまり、脳にそのような作用があるということは、自分の周りを、幸せな、プラス的な事象・現象で囲ってしまえば、自分自身も幸せを共有できるということですね。また、逆も真なりです。

 類は友を呼ぶという慣用句も、そういうことですね。

 だから、今日も明るく、元気に、『頑張るぞー!!』『のりぞーって天才!!素敵すぐる!!』って、声を大にして、口に出しましょう!!

 さっ!お昼寝しまっす。

|

« 人件費率 | トップページ | 先喰い »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人件費率 | トップページ | 先喰い »